VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > 知識・情報 > メタバースの始め方!VR初心者から始めるメタバース

メタバースの始め方!VR初心者から始めるメタバース

2021/12/08 15:13

FacebookがMetaに社名を変更したこともあり、「メタバース」にさらなる注目が集まっています。

仮想空間で世界中のユーザーとつながれるのに加えて、お金を稼ぐこともできることから興味を持つ人も増えているようです。

そこで、この記事では

  • ・メタバースの始め方
  • ・メタバースを始めるために必要なもの
  • ・メタバースでの注意点

になどについてまとめました。



メタバースとは?

メタバースとは3DCGで造り上げられたオンライン上の仮想空間のことを指します。

ユーザーはアバターを通じて世界中のユーザーと交流することができます。

メタバースの歴史は意外と古く、2000年代初めには「セカンドライフ」が一世を風靡したことで知られています。

近年でも

  • 「マインクラフト」
  • 「フォートナイト」
  • 「あつまれ どうぶつの森」

などがメタバース要素の強いゲームとして有名です。

また、2020年から続く新型コロナ禍におけるイベント自粛においてはアーティストなどのライブイベントで活用されています。

最新技術による新しいメタバースに熱視線

そして、最近ではVRやブロックチェーンなど新技術と融合した新しいメタバースに注目が集まっています。

VR技術によってユーザーはアバターと一体化してメタバースを体験することができるようになり、まさにメタバースの住人として活動することができるようになりました。

また、ブロックチェーンを活用することにより、メタバース上の土地やアイテムをNFTとして所有したり、仮想通貨によって所有した土地・アイテムの売買ができるようになります。

このようによりリアルなコミュニケーションを取れる、新しい経済活動の場としてメタバースに大きな期待がもたれるようになりました。

メタバースを始めるには?

どのメタバース(サービス)を利用するかによって違いがありますが、必要な機材と専用アプリがあれば誰でもメタバースの世界観を体験することができます。

新たな経済圏として、実際の仮想通貨を利用しているメタバースもありますが、ひとまずメタバースの世界観を知りたいだけであれば無理して仮想通貨を用意する必要もありません。

メタバース体験に必要なもの

メタバースを体験には主に、

  1. VRゴーグル
  2. VR対応デバイス(PC)
  3. メタバースサービス(アプリ)

のが3つが必要です。

1.VRゴーグル

メタバースの仮想世界をしっかり体感するためにまず必要なものはVRゴーグルです。

利用するメタバースの対応機器にもよりますが、メタバースを本格的に体験するならスマホよりも高性能なVRゴーグルがおすすめです。

一番はPC用VRゴーグルですが高額アイテムなので、VR初心者だったり、できるだけ機器に費用をかけたくないのであれば、外部機器が不要なスタンドアロンでかつPCに接続して使うこともできるQuest2がおすすめです。

2.VR対応デバイス(PC)

メタバースをPC用VRゴーグルで体験する場合、VR対応PCも準備する必要があります。

3DCGで構築されたメタバースでは高いグラフィック処理能力が必要となるので、グラボが搭載された高性能なゲーミングPCが必要です。

利用するVRゴーグルがスタンダロンVRのQuest2の場合はPCは必要ありません。

ただ、本格的にメタバース活動をすると決まった場合はやはり、VR対応PCの導入は視野に入れておいたほうが良いでしょう。

3.メタバースサービス(アプリ)

現在様々なメタバースサービスが登場していて、自分のやりたいことに応じて選ぶことが可能です。

上記で挙げたように、VRではないものの

  • 「あつまれ どうぶつの森」
  • 「フォートナイト」

のようなゲーム性の強いメタバースもあります。

また、すでにゲーム内で仮想通貨が流通しているサービスも登場しており、

「Decentraland」

「THE Sandbox」

といったメタバースゲームでは、独自の仮想通貨を使ってゲーム内でアイテムや土地の所有、売買を通じて収益を上げているユーザーも登場するようになりました。

これまでSNS、コミュニケーションツールとして利用されてきた

Meta社の「Horizon Workspaces」

「cluster」

などもメタバースとしてポジションを強く押し出すようになっています。

初心者ならまずはVRchatから始めるのがおすすめ

初心者ならまずはVRchatから始めるのがおすすめ

以上のようにメタバースはすでに数多くありますが、初心者であれば「VRchat」から始めるのがおすすめです。

VRchatは世界最大のVR SNSでVRアバターを通して世界中のユーザーと

  • ・身振り手振りまじりのおしゃべり
  • ・ゲーム
  • ・ワールド探検

を楽しむことができます。

現在のところVRchatは仮想通貨やNFTを使ったビジネスは行われていません。

そのかわり、完全無料で楽しめるのでVRメタバースの空気感を試してみるのに最適です。

最初からガチガチのメタバース世界に飛び出すよりも、ライトに楽しめるVRchatでまずはメタバースとはどんなものかを感じてみるのが良いでしょう。



メタバースを始める上での注意点

いよいよメタバースの世界に足を踏み入れるときに気をつけなければならないのが、お金の管理です。

メタバースでは仮想通貨を使った経済活動が行われますが、仮想通貨とはいえお金であることには変わりません。

メタバースでがっつり活動をしていくつもりであれば、事前に仮想通貨のメリットだけでなく危険性もある程度知っておく必要があります。

メタバースでの活動に慣れていない初心者のうちは

  • ・暗号資産ウォレットの秘密鍵の紛失
  • ・送金先アドレスの間違い

といった財産を失ったり大きな損をするミスが多いので気を付けましょう。

また、仮想空間では詐欺も多いので

  • ・公式サイト以外は利用しない
  • ・届いたメールを無闇に開かない

など自分でできる防衛策をしっかり行うことが重要です。

もう1点注意なのは、メタバースでの経済活動も収益が軌道に乗るまでに時間がかかるという点です。

なかなか収益が上がらないからといってあっさりと活動を放棄してかけたお金を無駄にしないようにしましょう。

まとめ

これまでメタバースというと「アバターを使ったSNS」「MMORPGのようなもの」というイメージが強くありました。

しかし、近年ではブロックチェーン技術により、メタバースの中で商売をし財産を築くことができるようになっています。

近い将来、現実世界での収入をメタバースでの収益が上回るという人がどんどん登場するかもしれません。

”現実に影響しないゲーム内の通貨”がもほや現実と同じ価値を持つようになってきています。

ぜひとも体験してみたいところですが、よくわからないまま仮想通貨などに手を出すと損をしてしまいかねないので、最初のうちはVRchatでメタバースでのユーザー同士の交流に慣れながら、仮想通貨に関するリテラシーを身に付けていくのが良いでしょう。









筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む