VRで買い物する時代到来!?発表済みのVRショッピングツールをまとめてご紹介 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで買い物する時代到来!?発表済みのVRショッピングツールをまとめてご紹介

ゲームやアトラクションのみならず、福祉やショッピングなど、様々な分野での利用が期待できるVRですが、ショッピングの分野でも利用が広まっているようです。今回はそんなVR技術のショッピング利用の例を紹介し今後おこりそうな未来のショッピングの形について考えていきたいと思います。

ゲームやアトラクションのみならず、福祉や医療など、様々な分野での利用が期待できるVRですが、ショッピングの分野でも広がりを見せています。

今回はそんなVRのショッピング利用に関する事例を紹介し、今後訪れそうな次世代のショッピングの形について考えていきたいと思います。

パルコが「VR PARCO」を期間限定オープン!VRでショッピングが可能に

palco

全国に百貨店を出店する株式会社パルコと株式会社VOYAGE GROUPは、3月22日から4月9日の19日間という期間限定でWEB上のVRでショッピングを楽しめる「VR PARCO(ブイアールパルコ)」をオープンしていました。

期間中、ユーザーは実際にパルコの店内をで見て歩き、購入するように、スマホやPCからVRを閲覧し、バーチャルショッピングを楽しむことが出来たそうです。

VRでお店を再現すれば、実際に買い物を手に取って楽しむ感覚と、ネットショッピングの利便性の両方を楽しめるので、いかにも未来のお買い物って感じがしてイイですね。

期間限定での開催のため、現在はVRの閲覧やショッピングはできませんが、また近い将来、パワーアップして復活しそうなサービスですね。

みずほと富士通がVRを使った未来のショッピングの実証実験を開始

みずほフィナンシャルグループと富士通はVR技術を活用した購買体験の向上と購買行動に付帯する金融サービスの提供を目的として、「zSpace」端末を用いた実証実験を開始しました。

公開されたでもビデオでは、商品の全体像やサイズ感、色の違いまで立体的な映像で確認でき、購買の際の決済の管理などをわかりやすく確認し、購入まで進めることができていました。

現在はVRを活用したショッピングや決済のシステムについて検証段階ではありますが、今後このビデオの様な進んだ未来を体感できる日も遠くないかもしれません。

次世代のオンラインショッピングの形『STYLY』

Psychic VR Lab社が開発を進めるのが、次世代オンラインショッピングプラットフォームの『STYLY』です。

独自の高精細の3D技術を用いて、服やアクセサリーなどのファッションアイテムをスキャンし、VR空間上で再現し、限りなく実物に近い状態でブランドの製品の良さを伝えることが出来るツールです。

[関連記事]://vrinside.jp/interview/styly/

アマゾンがVR開発者の求人を掲載新しいVRショッピングのプラットフォームを開発中?

アマゾンはVR開発者の求人を掲載したそうです。

このタイミングでVR技術者の求人をするということはおそらくアマゾンの新サービスとしてVR空間での買い物が可能なVRショッピングプラットフォームの開発に乗り出していると見て間違いないのではないでしょうか?

すでにGoogleやFacebookなど、大手のインターネット企業が、VRの開発を進めているのでAmazonもその流れに乗ろうとしているのではないでしょうか?

Alibaba、去年9月にVRショッピングサービス「BUY+」をリリース

中国の企業、AlibabaがVRショッピングサービス「BUY+」を去年の9月にリリースし、話題になっています。

「BUY+」は専用のVR機器を持っていなくても利用可能で、GoogleやYouTubeでも扱われている所謂WebフォーマットのVRで買い物ができるということになります。

中国は国土が非常に広いので、お店が遠くにあってなかなかいかれないという人が直感的に買い物を楽しめるツールとして長保しそうですね!

世界初のVR百貨店開店 !eBay、近未来のバーチャル・ショッピングを提供

英語版ヤフオクとしても有名なebuyですが、オーストラリアの大手小売業者のマイヤー社と提携し世界初のVR百貨店をオープンさせました。

リアル店舗の優れている点とインターネットショッピングの便利さを兼ね備えたサービスをユーザーに提供することを目指し、ユーザーはVR百貨店専用に設計されたVRヘッドセット「ショップティカル」を通して、マイヤー社ストア内で、12,500以上にもおよぶ商品を3Dで閲覧できるそうです。

VR百貨店でのショッピングは非常に簡単でVRの直感操作をそのままで買い物ができるそうです。具体的には視線を送ることでVR内を移動でき、ユーザーが気になる商品の情報のアイコンに視点を合わせることでその商品の概要や仕様、価格や在庫情報などを素早く閲覧することが出来ます。

またカートに追加するのも「カートに追加」のアイコンに視点を合わせるだけの簡単操作で、ebuyアプリを通じ、購入を完了することが出来るそうです。

バーチャルなクレジットカードで支払いを行う決済システム

決済サービスを提供するイギリスの会社「Worldpay」もVRに注目していて、VRから現実に戻ることなく、決済を終了できる決済システムを開発中だそうです。

VRショッピングが発達したら出てくるであろう決済の問題も「Worldpay」が開発するVRの決済システムが解決してくれそうですね。

通貨がなくなり、電子通貨になりつつある現在。VR空間にお金をためこむような時代も来るのでしょうか?

1ch


フラッシュ黄金期にゲームや映像に魅せられ、趣味でバンドのミュージックビデオや映像を作成しながら音楽も作っていたりしています。 芸術、文化、社会的な側面からVRという新媒体を見守り、新しい情報やゲームを紹介していきます。

最新ニュースを読む