VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > VRゴーグル > スマホ用VRゴーグルおすすめ5選!スマホVRの楽しみ方を一挙紹介!

スマホ用VRゴーグルおすすめ5選!スマホVRの楽しみ方を一挙紹介!

スマホVRでお手軽・簡単にVR!

VRゴーグルさえあれば手持ちのスマホで気軽にVRを楽しめる!

この記事では、おすすめのスマホ用VRゴーグルはもちろん、スマホVRを楽しむ方法について紹介します。



スマホでVRを楽しむには?

スマホVRを楽しむもの

スマホVRを楽しむには、

  • スマホ
  • VRアプリ
  • VRゴーグル

の3つが最低限必要となります。

スマホ

スマホ

まずはなんといってもスマホが必要不可欠です。

スマホVRはスマホの機能の一つとして位置付けられるため、VR体験のクオリティは使用するスマホのスペックに大きく左右されます。

基本的にAndroidでもiPhoneでも現行のスマホであればVR体験に問題はありません

VR動画も多数配信している動画サイトDMM.comでは最低限必要とされるスペックを以下のように紹介しています。

iPhoneの場合

・iPhone5S以降のiPhone

・OS:iOS8.0以上

Androidの場合

・OS:AndroidOS4.4~6.0

・PU:Snapdragon800 相当以上
(1CPUあたり2GHz以上のクアッドコア)

・メモリ:2GB以上

VRアプリ

スマホVRアプリ

スマホでVRを楽しむには、専用のVRアプリをダウンロードする必要がります。

アプリには

  • VR動画再生アプリ
  • VRゲーム

などの種類があるので、体験したいものに合わせてダウンロードしましょう。

ゲームなどと同じようにアプリストアでダウンロードすることが可能です。

無料のVRアプリも多いので気軽に楽しむことができます。

VRゴーグル

スマホVRのゴーグル

VRゴーグルも必須アイテムです。

VRゴーグルが無いとVRの魅力を1%も体感することが出来ません。

スマホ用VRゴーグルは1,000円程度の低価格なものも多く気軽に購入できます。

数も豊富でAmazonで「スマホ VRゴーグル」と検索するだけで、かなりの数のVRゴーグルが出てきます。

VRゴーグルの選び方

多数あるスマホ用VRゴーグルから、最適なVRゴーグルを選ぶには、

  1. 対応スマホのサイズ
  2. レンズの位置調整ができるか
  3. ヘッドバンド付きか
  4. メガネのままでも使用できるか
  5. 価格

の5ポイントに注目して選ぶと良いでしょう。

1つずつ内容を見ていきましょう。

1.対応スマホのサイズ

スマホのサイズ

まずは自分のスマホの大きさに合うVRのゴーグルを探しましょう。

ほとんどの場合、4.7~6.5インチのサイズのほぼ全てのスマホサイズに対応しています。

いざVRゴーグルにスマホをセットしようとした時に

サイズが合わない!

ということにならないように、あらかじめスマホとサイズが合うかをしっかりチェックしておきましょう。

2.レンズの位置調整ができるか

スマホVRゴーグルのレンズ

スマホ用VRゴーグルでは、スマホ画面をレンズを通して見ることによって立体的な映像体験ができるようになっています。

しかし、目の位置は人によって違っています。

自分の目に合った位置にレンズがないと、

  • ・映像がぼやける
  • ・映像がタブってみえる

などの現象がおこり、VRを快適に楽しむことができません。

なので、レンズの位置を調整できるVRゴーグルを選ぶようにしましょう。

3.ヘッドバンド付きか

ヘッドバンドはあるか

スマホ用VRゴーグルにはヘッドバンドが付いたものと付いていないものの2種類があります。

ヘッドバンド付であればVRゴーグルを手で支える必要がなく、手放しでVRを楽しむことができできます。

自由にのびのびとVRを楽しめるので断然、ヘッドバンド付きがおすすめです。

4.メガネのままでも使用できるか

メガネを普段かけている人は、VRゴーグルがメガネに対応しているかどうかもチェックしておきたいところです。

レンズ調整できるVRゴーグルであっても、人によってはメガネがないとボヤけた視界でしかVRを体験できません。

なので、”裸眼での視力がかなり悪い”というひとは、メガネをかけたまま使用できるスマホ用VRゴーグルかどうかもチェックしておく必要があるでしょう。

5.価格

スマホ用VRゴーグルは百均で購入できるものから1万円を超えるものまで幅広い価格帯となっています。

格安のモデルだとコストを押さえられて作られている分、使い勝手も悪かったりします。

しかしだからといって、高いものが優れているというわけでもありません。

Amazonや楽天などのレビューをチェックしてみると、1,000〜3,000円の幅で評価が高いモデルが集中しています。

こうしたレビューを見ながら、コスパと自分が体験したいVRとのバランスが取れたVRゴーグルを購入するのがおすすめです。

おすすめのスマホ用VRゴーグル5選

おすすめのスマホ用VRゴーグル5選

多数あるVRゴーグルの中から一つを選ぶのは大変!

ということで、おすすめのスマホ用VRゴーグルを5つ厳選しました!

1.Aesval VRゴーグル(令和3年最新版)

Aesval VRゴーグル(令和3年最新版)

Aesvelの最新モデルは120度の視野角とブルーライトをカットする非球面レンズにより、目に優しい自然な見え方が特徴です。

人間工学に基づいた「三軸固定式ヘッドストラップ」を採用してしっかりと装着できるようになっており、長い時間利用しても違和感を感じない作りになっています。

発熱しやすいスマホVRを安定して楽しめるように、排熱性も高くスマホに負荷がかかりにくくなっているのもポイントです。

また、VR体験中に電話がかかってきても応答できるようにゴーグル本体に操作ボタンがついているので、コントローラーを使うことなく簡単に操作することができます。

↓商品ページはこちら↓

2.Samuels VRゴーグル

Samuels VRゴーグル

SamuelsのVRゴーグルはAndroidとiPhoneの 4.7~6.7インチスマホに対応し、幅広い機種でVRを楽しむことが可能です。

長い研究の成果により、しっかりとフィットしながらも蒸れにくく跡が残りにくい構造となっています。

さらに放熱性に優れたマグネット粘着設計を採用することで、視界が曇りにくいだけでなく長時間VRを利用しても効率的に排熱できるのも特徴です。

リアルな仮想現実を楽しめる高音質のヘッドホンも搭載されていますが、取り外して手持ちのヘッドホンを利用することもできます。

↓商品ページはこちら↓

3.Dasimon VRゴーグル

Dasimon VRゴーグル

毎年評価の高いVRゴーグルをリリースしているDasimonの最新モデルです。

高品質の5層構造非球面光学レンズを採用し、VR体験で問題になる眼精疲労を極力軽減するようになっています。

ダイヤル操作でピントを調節することで軽度の近視であればメガネがなくても利用可能です。

それだけでなくメガネをかけたままでのVR体験もできるので、他のスマホ用VRゴーグルは視力の関係で利用できなかったという人も安心して利用できます。

デザイン全体が人間工学に基づいていて重量も282gと軽量であることから、長時間ん利用しても首や肩が疲れにくいのも特徴です。

↓商品ページはこちら↓

4.エレコム VRゴーグル

エレコム VRゴーグル

国産メーカー・エレコムは堅実なVRゴーグルをリリースしています。

これまでは比較的シンプルな作りのゴーグルが中心でしたが、最新モデルはアップグレードした外見となりました。

細かく焦点距離の調節ができるピント調節機構も搭載し、左右の目の幅に合わせて見えやすい位置に調節ができます。

アジャスター付きの調節可能なヘッドバンドを採用してしっかりフィットするので、長時間利用していてもズレにくいのが特徴です。

また、購入特典としてDMM.comで利用できるポイントが1,000円分付与されるので、コスパ良くVR体験をスタートさせることができます。

↓商品ページはこちら↓

5.Dasimon VRゴーグル(高音質ヘッドホン付)

Dasimon VRゴーグル(高音質ヘッドホン付)

DasimonのハイエンドモデルのVRゴーグルです。

90度〜120度の広い視野角に加えて1080PのHD画質で、高い没入感のVR体験をすることができます。

レンズにはブルーライトカット機能と磁放射線防護機能がついているので、目に対する刺激、疲れ、眩しさを有効に軽減してくれます。

そして、最大の特徴が通常モデルとは異なり高音質のヘッドホンが搭載</span>されているという点です。

耳全体を覆う柔らかい作りのイヤーパッドとなっており、VR体験ならではの立体音響をリアルに再現することができます。

↓商品ページはこちら↓




スマホでVRを楽しむ手順

VRゴーグルなど、必要なものが揃ったらいよいよVR体験です。

スマホでVRを体験するまでの手順をざっくりと紹介します。

1.VRアプリをスマホにダウンロード

まずはVRアプリを用意します。

通常のアプリと同様にApp StoreやGoogle Playでダウンロード可能です。

自分がやりたいVRアプリをスマホにダウンロードしましょう。

2.VRアプリを起動

VRスマホアプリを起動する

アプリが正常にダウンロードできたら、アプリをタップして起動させます。

3.ディスプレイをVRモードにする

ディスプレイをVRモードにする

通常のディスプレイの状態ではVR体験はできません。

ディスプレイをVR用の「2眼モード」にする必要があります。

VRアプリの中にはデフォルトで2眼モードのものもありますが、手動で切り替えなけれなならないものがほとんどです。

2眼モードへの切り替え方はアプリによって違うので、チュートリアルやマニュアルを確認しましょう。

4.スマホをVRゴーグルにセットする

スマホをVRゴーグルにセットする

2眼モードでVRコンテンツがスタートしたら、スマホをVRゴーグルにセットします。

このときスマホがズレたり落ちたりしないように、しっかり固定させるのが重要です。

5.VRゴーグルを装着

スマホ用VRゴーグル装着

VRゴーグルにスマホをセットしたらいよいよゴーグルを装着します。

目の前に広がるVR空間で仮想現体験を楽しみましょう。

まとめ

PCVRやスタンドアロン型VRゴーグルが値下がりし手に入れやすくなったとはいえ、スマホVRもまだまだ負けてはいません。

スマホVRはいまだ最も手軽なVR体験といえます。

VRゴーグルも安価に、しかも100均でも購入することができるのでVRの入り口としても最適です。

豊富な種類のスマホ用VRゴーグルが流通していますが、今回ご紹介したポイントを参考にしつつう5つをベースに選ぶのが良いでしょう。

スマホからVR空間に飛び込んでみてください!









元オタクショップの店長。 現在はVR Insideの編集長を務める。 VRにどはまりし、少しでも多くの人にVRの魅力を伝えられるように日々奮闘中。

最新ニュースを読む