VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > VTuber > VTuber活動におすすめのネット回線3選!ラグのない快適なネット回線とは?

VTuber活動におすすめのネット回線3選!ラグのない快適なネット回線とは?

VTuber活動においてネット回線は重要!

遅延無く、スムーズで快適なVTuber配信をするためにもネット回線

そこで、今回はVTuber活動で使うネット回線選びのポイントやおすすめのネット回線についてまとめました。



VTuber活動にはネット回線も重要!

何度も言いますが、VTuber活動においてネット回線は重要です!

VTuber活動というと配信メインとなると思いますが、3DCGアバターは非常にデータ量が多いのでそれなりに強いネット回線でないとラグが激しかったり、止まったりと非常に見苦しい配信になってしまします。

さらにそこに、ゲームプレイも重なってくると配信にかかるデータ量は莫大なものになります。

下手をしたら配信どころでは無くなってしまう可能性があります。

なので、VTuber活動においては大きなデータ量でも安定して利用できるネット回線である必要があります。

ネット回線の種類

ネット回線には

  • ・光回線
  • ・アナログ(ADSLなど)
  • ・モバイル系(ポケットWi-Fiなど)
  • ・スマホ(テザリング)

といった種類があります。

それぞれのネット回線の特徴は以下の通りです。

種類 メリット デメリット
光回線 ・大容量、高速通信ができる
・通信が安定している
・開通工事が必要なため、契約から利用開始まで時間がかかる
アナログ(ADSLなど) ・電話回線を利用するので工事が不要 ・電話回線で通信を共有するので混み合いやすく、通信が不安定になりやすい
・自宅と基地局の距離が離れると通信が遅くなりがち
モバイル系 ・開通工事が不要
・利用料金が比較的安い
・外出先でも利用できる(ポケットWi-Fi)
・通信制限が設けられており、大容量のデータを扱いにくい
・時間によって通信の安定性にばらつきがある
スマホ(テザリング) ・スマホさえあればネットを利用できる ・スマホの通信量が膨大になる

VTuber活動なら光回線一択!

VTuber活動をしたいなら光回線が一番おすすめです。

光回線は現状で最も大容量で高速なネット回線です。

光回線以上の回線は無いので、安定したVTuber活動を最も安定して行うことができます。

最適な光回線を選ぶには?

光回線というものの、提供している業者などによって光回線でも品質に差があります。

VTuber活動に最適な光回線を選ぶポイントとしては、

  • ・回線速度
  • ・Ping値
  • ・対応エリア
  • ・住居の種類

の4つに注目して選ぶと良いでしょう。

①回線速度

VTuberとして動画配信を行う場合に最も重要なのが、『bps』という単位で表される「回線速度」です。

回線速度には

  • ・上り:データの送信速度
  • ・下り:データの受信速度

の2種類があります。

VTuber活動に直接影響があるのは”上り”の速度です。

上りの速度が遅いと映像がストップしたりブツ切りになったりと、まともに配信できません。

高画質の動画をアップロードするのもめちゃくちゃ時間がかかってしまいがちです。

なので上りの速度が速い回線を選ぶのが重要です。

また、ダウンロードに関係する下りの速度も、オンラインゲームをプレイする実況動画の配信を考えているなら注目する必要があります。

できれば上りも下りも通信速度が高い回線を選ぶようにしましょう。

②Ping値

Ping値」とは、ゲームの操作などユーザーが送信した信号に対するサーバーの応答速度、「ラグの程度」を意味する指標です。

Ping値は数字が小さいほどラグが少なく、逆に数字が大きければラグが多くなります。

ゲーム実況配信で特に重要視されがちですが、VTuber配信であっても視聴者のストレスのない動画配信を目指すためには重要です。

オンラインゲームでも十分なスコアとされている50ms(ミリセカンド)あれば、VTuber配信でも問題ないと思われます。

他のVTuberとのコラボ配信なども考えているなら、Ping値が30ms程度の回線を選ぶのがおすすめです。

③対応エリア

いくらスペックの高いネット回線を選ぼうとしても、住んでいる場所が対応エリア外だと意味がありません。

気になるネット回線があるのであれば、あらかじめ住所が対応エリア内にあるかをチェックしておきましょう。

対応エリアはネット回線のサービス提供元や契約プランによって異なります。

ネット回線サービスの公式サイトに対応エリアが掲載されているので、エリアのチェックは簡単です。

④住居の種類

見落としがちなポイントが「住居の種類」です。

一戸建てに住んでいる場合は住居が対応エリアにある限り問題ありません。

マンションのような集合住宅に住んでいる人は注意が必要です。

集合住宅では光回線がすでに導入済みである場合が多く、

  • ・光回線方式(光ファイバーのみ)
  • ・VDSL方式(光ファイバーケーブル + 電話回線)

の2種類に大きく分かれます。

多くのマンションはVDSL方式です。

VDSL方式の場合は、マンションの共用スペースまでは光回線が通っていますが、マンション内の各部屋へは電話回線を利用しています。

電話回線を挟むことから、最大1Gbpsのプランであっても、最大100Mbpsまでしか回線速度はでません。

なので、マンションの場合はVDSL方式かどうかを確認した上でプランを選ばないと逆に損をしてしまう可能性があります。



VTuber活動におすすめの光回線3選

VTuber活動で実際に使うのにおすすめの光回線を3つご紹介します。

1.auひかり

auひかり

月額料金 戸建て:5,600円
マンション:4,300円
※料金は目安です。
最大速度 1Gbps
(5Gbps、10Gbpsのプランあり)
使用回線 独自回線
対応エリア 戸建て:関西・東海エリアを除いたエリア
マンション:全国

携帯大手のauが提供している「auひかり」は、VTuber活動でも安心して利用できる光回線の一つです。

独自回線を利用していることから、「上り」「下り」の両方の回線速度が業界トップクラスといわれており、安定して快適な配信が期待できます。

携帯キャリアのサービスだけに、他社回線からの乗り換えによるキャッシュバックや料金割引が多く、コスパよく利用できるのもメリットです。

また、利用できるエリアは限定されているものの(関東エリアの一部のみ)、最大10Gbpsの超高速通信というVTuberに最適なプランも用意されています。

↓詳細ページはこちら↓

2.フレッツ光

フレッツ光

月額料金 戸建て:5,400円
マンション:3,700円
※料金は目安です。
最大速度 1Gbps
使用回線 フレッツ光回線
対応エリア 全国

NTT東日本、西日本の光回線である「フレッツ光」はシェア国内最大クラスの光回線です。

対応エリアが日本全国に広がっていて、引っ越しするときでもよほど山奥でない限りそのまま引き続き利用することができます。

通信大手が提供している安心感があるほか、契約から開通するまでがスピーディーというのがメリットです。

他方、ユーザーが多いため混雑しやすいのか、「回線速度が安定しない」と指摘されることもあることに留意する必要があります。

↓詳細ページはこちら↓

3.NURO光

NURO光

月額料金 戸建て(マンションでも利用可): 4,743円
マンション:1,900円〜
最大速度 2Gbps
(6Gbps、10Gbpsのプランあり)
使用回線 独自回線
対応エリア 北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、福岡、佐賀

「NURO光」はソニーグループが提供する光回線です。

最大で上り10Gbps、下り10Gbpsと通信の速さに定評があり、利用しているゲーマーや配信者が多いことで知られています。

ただし、コロナ禍をきっかけにユーザーが一気に増えたことにより、最近では以前ほどの通信速度が出ないとする声もあがるようになりました。

とはいえ、ユーザーの声を受けて設備増強工事が速やかに行われたことで、通信の速さと安定性が戻っているようです。

↓詳細ページはこちら↓

可能なら接続は有線で

PCをインターネットに接続するときは、有線での接続をおすすめします。

Wifiなどでの無線接続でもVTuber配信には問題はありませんが、無線は有線よりも外部の影響を受けやすく通信が不安定になる場合があります。

そのため、安定した配信環境を確保するのであれば有線LANを利用するのがおすすめです。

まとめ

VTuber活動の環境整備の中で、視聴者と直接関係するという意味ではネット回線もしっかりと選ばなければなりません。

どの種類のネット回線を選ぶのかという点では、

・通信速度

・データ容量

・安定性

の3点で優れている光回線を利用するのがマストとなっています。

その中でも「auひかり」が特におすすめです。

ただ、対応エリアなどの要素もあるので、自宅の環境や配信スタイルなどを考慮してピッタリなネット回線を選ぶようにしましょう。

↓一番おすすめ↓









筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む