VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

最高賞金1千万円!ARスポーツHADOの番組「HADO BEAST COLOSSEUM」が大会挑戦者を募集!

株式会社meleapはARスポーツHADOの番組「HADO BEAST COLOSSEUM(ハドービーストコロシアム)」第2回大会挑戦者の募集を開始しました。

第2回大会では大会までの約2ヶ月間、HADOのトッププレイヤーがコーチとなり、挑戦者を徹底的に育成します。


「HADO BEAST COLOSSEUM」とはどんな番組なのか?

「HADO BEAST COLOSSEUM」は、HADO強豪プレーヤー「ビースト」と一般参加者「チャレンジャー」が対戦するバトル番組です。

チャレンジャーは懸賞金をかけられたビースト7人の中から対戦相手を選び、番組特別ルールのHADOでビーストと戦います。

ビーストに勝利すると懸賞金を獲得でき、5試合勝てば総額1000万円を手に入れることができるのです。

HADO(ハドー)とは?

HADO(ハドー)とは、AR技術を使ってコミックのヒーローのように、自らの腕でエナジーボールを放ち合い対戦する日本発のスポーツです。

プレイヤーは頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着してエナジーボールやシールドなどの技を使って、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦します。

現在、HADOシリーズはアジア、北米、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界23ヶ国52箇所で展開されており、延べ130万人以上がプレイしています。

第1回大会の模様はYouTubeにて配信中!

「HADO BEAST COLOSSEUM」第1回大会でも様々なジャンルから挑戦者が集まりました。

・アスリートタレントのケイン・コスギさんや森渉さん

・eスポーツチームの「父ノ背中」

・人気アイドルグループの「バンドじゃないもん!MAXXNAKAYOSHI」

といった顔ぶれが大会を大きく盛り上げました。

そんな第1回大会の模様は「TechnoSportsTV」のYouTubeアカウントで配信されています。

→「TechnoSportsTV」Youtubeチャンネル

 

「HADO BEAST COLOSSEUM」第2回大会の開催が決定!参加者を募集中!

そして、「HADO BEAST COLOSSEUM」第2回大会の開催が決定し、今回も多方面から参加者を募集しています。

しかも、HADO未経験の挑戦者でもビーストと戦えるように、大会までの約2ヶ月間HADOのトッププレイヤーがコーチとなって徹底的に育成してくれるのです。

参加理由は一切問わず、賞金で夢を叶えたい方、人生を逆転したい方など、多くのプレイヤーを募集しています。

大会公式ページから応募することができます。

→HADO BEAST COLOSSEUM

「HADO BEAST COLOSSEUM」大会挑戦者募集の概要

大会名称:「HADO BEAST COLOSSEUM」第2回大会

開催時期:6月ごろ

募集期間:2月19日~3月18日

オーディション日:3月21日(祝日)

トレーニング期間:参加決定から大会開催までの2ヶ月間

まとめ

「HADO BEAST COLOSSEUM」第2回大会の開催が決定したことに合わせて大会挑戦者が募集されました。

幅広い分野の人に参加を呼び掛けていて、最高賞金が1千万円であることから、今回も大きく盛り上がりそうです。

普通なら

「未経験者じゃムリでしょ」

と考えるところですが、HADOのトッププレイヤーが2ヶ月間みっちりコーチしてくれるので

「ワンチャンあるかも・・・」

なんて思ってしまいます。

そんな妄想ができるようなハードルの低さもARスポーツの魅力の一つなのかもしれませんね。

ソース:「HADO BEAST COLOSSEUM」第2回大会プレスリリース[PRTIMES]









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

 

最新ニュースを読む