VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

スタンドアロンVRヘッドセットの解説と情報まとめ!あらゆる一体型VRを一挙紹介!

OculusGoやMirage Soloの発売を皮切りに一気に注目を集めたスタンドアロン型VRヘッドセット。

PCやスマホなどの外部デバイスを必要とせず、手軽に快適にVR体験が楽しめることから着実に人気を集めています。

各種メーカーからも続々とスタンドアロン型VRヘッドセットが登場しており、

「VRヘッドセットは今後スタンドアロン型が主流になるのでは?」

と言われるほどです。

そこで今回は現在リリースされているスタンドアロンVRヘッドセットを一挙紹介します。


スタンドアロンVRヘッドセットとは?

スタンドアロンVRヘッドセット

冒頭でも軽く触れましたが、改めて「スタンドアロンVRヘッドセット」について解説します。

「スタンアロンVRヘッドセット」とは、スマホやPCなどの機器に接続する必要なく、独立して動作するVRヘッドセットです。

現在主流となっている

などのヘッドセットはあくまでディスプレイであり、PS4やPCという演算処理を担う機器があって初めて動作します。

対してスタンドアロンVRヘッドセットはその他の機器にで接続する必要がなく、VRヘッドセットだけで動作します。

他の機器に接続する必要がなくなったことで、ケーブルレスも実現し、今まで以上に自由度の高いVR体験を楽しめるようになりました。

各種スタンドアロンVRヘッドセット紹介!

現在までに登場しているスタンドアロンVRヘッドセット製品を一挙紹介します。

Lenovo Mirage Solo

スタンドアロンVRゴーグル「mirage solo」

Lenovo Mirage SoloはLenovoが開発したスタンドアロン型VRヘッドセットです。

専用のVRコントローラーが付属している他、ポジショントラッキングも搭載しているので体感的なVR体験を楽しむことができます。

プラットフォームはDaydreamに対応しており、Daydreamに配信されているVRコンテンツを楽しむことができます。

Oculus GO

スタンドアロンVRゴーグル「OculusGo」

Oculus GoはOculus社からリリースされたスタンダロンVRヘッドセットです。

価格が3万円以内と、今までの高性能VRヘッドセットと比べて非常にお手軽価格となっています。

そのコストパフォーマンスの良さから発売直後、大きな注目を集めました。

操作も非常に手軽で、その使いやすさから

「VR初心者にうってつけ」

と言われています。

Oculus Quest(Santa Cruz)

スタンドアロンVRゴーグル「オキュラスクエスト」

Oculus QuestはOculusGoの上位機種としてリリース予定のスタンドアロンVRヘッドセットです。

元々は「Santa Cruz」という名称で開発が進められていましたが、2018年9月に開発された「Oculus Connect5」にて名を改め、「Oculus Quest」として発表されました。

Oculus Goでは搭載されていなかった、ポジショントラッキング機能を搭載するなど性能はかなり向上しています。

IDEALENS K2

スタンドアロンVRゴーグル「アイディアレンズ」

株式会社VR JAPANからリリースされるスタンドアロン型ヘッドセットです。

ハイスペックながら軽量化も実現しており、重さは300g以下しかありません。

PC用のハイエンドモデルには敵わないものの、スタンドアロンVRヘッドセットとしての性能は十分に兼ね備えています。

AndroidベースのIDEAL OSを搭載しているので、Google Play StoreのVRアプリを利用できます。

VIVE Focus

スタンドアロンVRゴーグル「ViveFocus」

Vive FocusはHTC Viveでお馴染みのHTC社が開発したスタンドアロン型のVRヘッドセットです。

Vive FocusはスタンドアロンVRヘッドセットでありながら、Vive Proと同等の画質を実現しています。

日本でも開発キットが技適取得後に発送予定となっています。





Pico Neo

スタンドアロンVRゴーグル「Pico NEO」

Pico NeoはVRヘッドセットメーカー「Pico」からリリースされているスタンドアロンVRヘッドセットです。

ポジショントラッキング機能を搭載しているので、プレイヤーはVRないを自由自在に動いたりして楽しむことができます。

Pico NeoはVive Focusと互換性があるので、Vive Focus対応で配信されているアプリも利用することができるようです。

現在は中国にて発売されており日本での発売は未定となっています。

>>PicoNeo公式ページ

Pico Goblin

スタンドアロンVRゴーグル「Pico Goblin」

Pico GoblinもPicoからリリースされているスタンドアロンVRヘッドセットです。

3G高速ストレージと大容量フラッシュメモリーが搭載されています。

ポジショントラッキングには対応していないようです。

現時点で一般向けの販売は行われていないようです。

>>Pico Goblin公式ページ

Pico G2

スタンドアロンVRゴーグル「Pico G2」

Pico G2はPicoシリーズ最新型のスタンダロンVRヘッドセットです。

従来のVRヘッドセットと比較して、40%も軽量化されています。

また装着感も向上しており、長時間利用でも快適な操作性を実現しています。

Pico G2もPico Goblinと同様にポジショントラッキングは搭載されていないようです。

2018年9月発売予定となっていますが、現状では一般販売は行われてはいないようです。

Microsoft HoloLens

スタンドアロンVRゴーグル「Hololens」

Microsoft HoloLensはマイクロソフト社からリリースされているスタンドアロンヘッドセットです。

HoloLensは正確にはVRではなく、MRヘッドセットとなっています。

外部センサーによって自分の位置を認識し、現実世界にCGを重ね合せて表示します。

Sulon Q

スタンドアロンVRゴーグル「sulonq」

AMDとカナダのスタートアップ企業SulonがリリースするスタンドアロンVRヘッドセットです。

Windouws 10を搭載し、CPUとGPUを統合したプロセッサー「FX-8800P」を採用しています。

GPUはRadeon R7で、Sulon Q採用のものは最大35Wで動作するとのこと。

2560×1440ドットの有機ELディスプレーで、視野角は110度、3Dオーディオ技術「AstoundSound」に対応しています。

2016年の発表以降、新情報などはなく未だ発売日等は不明となっています。

Project Alloy

スタンドアロンVRゴーグル「Intel」

開発中止が発表されたIntelのスタンドアロンVRヘッドセットです。

計画が中止されたのは開発パートナーの関心が得られなかったためとのことで、具体的に何が問題だったのかは公表されていません。

Intelはヘッドセットの開発は断念しますが、VR関連技術への投資は継続するとのことです。

まとめ

まだまだ一般販売や日本での発売が未定のものも多いですが、有名メーカーがこぞってスタンドアロンVRヘッドセットの開発を進めていることはわかったかと思います。

現状ではOculusGoもしくはMirageSoloあたりが人気ですが、ViveProやOculusQuestが手に入るようになればまた、ガラッと状況が変わってくるかもしれませんね。

今後の情報に期待です。









       

最新ニュースを読む