VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

演奏者とVtuberの指がリンク!新技術「運指再現技術 」をドワンゴが開発!

イメージ

株式会社ドワンゴと株式会社バーチャルキャストは9月14日(金)、独自開発した新技術「運指再現技術」を公式生放送での運用したことを発表しました。

この技術は、電子楽器用の信号を判別してバーチャルキャラクターの手先の動きに反映するもので、キャラが鍵盤を叩いているようなシーンを高度に再現できます。


「運指再現技術」とは?

今回開発された「運指再現技術」は、現実世界で叩かれた鍵盤から出たMIDI(電子楽器用信号)データを認識し、その音の対象となるバーチャルキャラクターの指の動きをほぼリアルタイムで反映させるものです。

「運指再現技術」を活用すればVR空間で楽器演奏をする際に指の動きをリアルに再現することができるようになります。

イメージ

また運指再現技術を使用した番組として、バーチャルアイドル・ときのそらのニコニコ生放送デビュー1周年記念番組が9月8日(土)に放送されました。

番組ではときのそらがバーチャル空間に設置されたキーボードを演奏しており、手元を見ると鍵盤を叩く指の動きが忠実に再現されています。

イメージ

ときのそら 生放送概要

番組名 『ときのそら』デビュー1周年 超おめでとう記念公式生放送 ~えーちゃんもいるしリサイタルもあるよ~
放送日時 2018年9月8日(土)
サイト 公式サイト




「運指再現技術」開発の背景

ドワンゴは、“ネットとリアルの融合”をコンセプトとしてバーチャルキャラクターを現実空間に出現・出演させる技術の開発に取り組んでおり、AR技術でバーチャルキャラクターを屋外などに出演させての生放送を可能にしたAR撮影システムを開発しています。

そのシステムを使って、米・ロサンゼルスで開催されたE3会場から「電脳少女シロ」による現地レポートを生放送するなどの新たなシステム・取り組みをしています。

そして今回はバーチャルキャストと共同で「運指再現技術」を開発し、よりリアルなバーチャルキャラクターの動きを実現させています。

まとめ

今回ドワンゴとバーチャルキャストから、キーボードの動きに合わせてバーチャルキャラクターの指が動く新技術「運指再現技術」が発表されました。

この技術によって、楽器の演奏などのバーチャルキャラクターのより高度な表現が可能になります。

日々進化するバーチャルの世界。よりリアルな表現・演出が求められていく中でこうした技術の進歩には目を見張るものがありますね。

ソース:ドワンゴプレスリリース

〜関連記事〜
■ドワンゴがVR専門の新会社「株式会社バーチャルキャスト」を設立!
■Vtuberと握手できる!双方向通信AR撮影システムが「第8回おおた研究・開発フェア」にて展示!










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む