VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > VRゴーグル > 【2022最新】VRゴーグルおすすめ6選!最適なVRゴーグルの選び方とは?

【2022最新】VRゴーグルおすすめ6選!最適なVRゴーグルの選び方とは?

VRゴーグル

「VRゴーグルが欲しい!」

でも種類が多すぎて、

「どれを選べば良いのかわからない!」

この記事では、おすすめのVRゴーグルはもちろん、最適なVRゴーグルの選び方までまるっと紹介します。

▼画像クリックでショートカット!▼

VRゴーグルの選び方 VRゴーグルランキング

最適なVRゴーグルの選び方!

おすすめのVRゴーグルの選び方

多数あるVRゴーグルの中から自分に最適なVRゴーグルを選ぶには、

  1. やりたいVRに対応か?
  2. トラッキング方法
  3. レンズ調整機能の有無
  4. 金額(予算)

の4ポイントに注目して選ぶと良いでしょう

1.やりたいVR作品に対応しているか?

おすすめVRゲーム

VRコンテンツによって、対応しているVRゴーグルは決まっています。

  • ・PSVR対応→PSVR
  • ・PC対応→OculusRift S
  • ・スタンドアロンVR→Quest2
  • ・スマホ→スマホ用VRゴーグル

といったように、簡単にVRゴーグルを絞り込むことができます。

自分がやりたいVRゲームが、どのVRゴーグルに対応しているかしっかりと確認しましょう。

2.トラッキング方法

VRゴーグルには、現実世界でのユーザーの動きを捉え、VR空間へ反映させるポジショントラッキング機能があります。

(スマホVRの場合はスマホがトラッキングを行っています。)

ポジショントラッキングには

  • ・6Dof
  • ・3Dof

の2種類のトラッキング方式があり、どちらの方式を採用しているかで楽しめるVR体験が大きく変わってきます。

6Dof方式

6Dofは頭の動きに加え、体験者の前後左右上下の動きが全て、VR空間に反映されます。

全身の動作が反映されるVRゴーグル

なので、VR内で歩いたり、しゃがんだりといった動作的なプレイを楽しむことができます。

VRゲームやVR SNSなど、”身体を動かして体感する”コンテンツに向いています。

6Dof方式を搭載している主なVRゴーグルは

  • ・PC用VRゴーグル
  • ・PSVR
  • ・OculusQuest(スタンドアロンVR)

などです。

3Dof方式

3DofのVRゴーグル

3DoF方式は上を向いたり下を向いたりといった頭の動きだけがVR世界に反映される方式です。

前後左右上下の体の動きは反映されません。

頭の動きが反映されるVRゴーグル

なので、周囲を見渡すことができても、歩く、しゃがむといった動作的な動きをVR空間内で行うことができなくなっています。

VR動画など、”見て楽しむ”VRコンテンツに向いています。

3Dof方式を採用しているVRゴーグルは

  • ・スマホ用VRゴーグル
  • ・OculusGo(スタンドアロンVR)

などです。

リアルなVR体験なら6DoF方式!

リアルなVR体験をしたいなら、6DoF方式のVRゴーグルを選びましょう。

6Dof方式なら、歩いたり、しゃがんだり、走ったりと、全身の動きがVR空間内に反映されるので、現実感の高いVR体験を体感できます。

リアルでハイクオリティなVR体験には6Dof方式のトラッキング機能は欠かせません。

3.レンズ調整機能の有無

奥行ある立体的な映像を実現するために、VRゴーグルには右左それぞれレンズが搭載されています。

この2つのレンズを通してVR映像を見ることによって、奥行きのあるリアルな映像体験ができます。

VRゴーグルにおいてレンズ調節機能は重要!

VRゴーグルにおいて、レンズの位置調整機能は重要です。

人によって目の

  • ・視力(焦点距離)
  • ・目の位置(瞳孔距離)

は異なります。

左右のレンズが自分の目から最適な位置にないと、

  • ・ピンボケする
  • ・映像がダブってみえる

などの問題がおこり、快適にVRを楽しむことができません。

なので、VRゴーグルを選ぶ際は、VRゴーグルのレンズ調整ができるものを選ぶと良いでしょう。

4.金額(予算)

VRゴーグルは性能の高さに比例して金額も大きくなります。

PC用のVRゴーグル等であればクオリティも楽しめる幅もかなり広がります。

しかしVRゴーグル本体の価格はもちろん、周辺機器の価格も高額なものとなります。

VR初心者で

「ひとまずなにかしらVRをやってみたい!」

という人は無理せず、人まずはスマホVRやスタンドアロンVRなど自分の環境や予算に合ったVRゴーグルを選ぶと良いでしょう。

VRゴーグルごとの比較グラフ

4種のVRゴーグルを、”クオリティ”と”お手軽度”の2つで比較すると以下の通り。

高くクオリティのハイレベルなVR体験を実現するには、PCなどの機材やセッティングなどが必要になるので、どうしても手軽さは低くなってしまいます。

逆に手軽さを重視すると、その分機器が簡素化されるので、VR体験のクオリティは低くなります。

種類別!おすすめVRゴーグル!【2022年最新】

  • PC用VRゴーグル
  • スマホ用VRゴーグル
  • スタンドアロンVRゴーグル

の種類別でおすすめのVRゴーグルをそれぞれ紹介します!

1.Meta Quest2(スタンドアロン)

 

OculusQuest2は2020年10月13日発売予定の最新スタンドアロンVRゴーグルです。

スタンドアロン型なので、PCなどの外部機器を必要とせず、VRゴーグル本体のみでVR体験が楽しめます。

前機種のQuestよりも性能格段にアップし、高画質・高品質のVRコンテンツを楽しめます。

また性能が上がったのにも関わらず、販売価格が従来よりも安くなっています。

発売は10月13日とまだ先ですが、これからVRを買うなら最もおすすめのVRゴーグルです。

↓商品ページはこちら↓

2.VALVE INDEX(PC用)

VALVE INDEXはSteamを運営しているVALVE社が開発したPC専用のVRゴーグルです。

Steamの運営会社が開発したとうだっけあって、ゲーム特化した高性能VRゴーグルとなっています。

もちろんSteamで配信されているほぼ全てのVRコンテンツに対応しています。

また、指先まで細かくトラッキングしてくれるので、掴む、投げるといった動作的なVR体験もリアルに楽しめるようになっています。

↓商品ページはこちら↓

3.エレコムVRゴーグル(スマホ用)

エレコムVRゴーグルはエレコムからリリースされているスマホ用VRゴーグルです。

スマホ用VRゴーグルとしてはレンズ位置の調整など必要最低限な機能は揃っています。

またこちらのエレコムVRゴーグルには、DMMで使えるポイントが1000P(1000円)分付属しています。

なので、VRゴーグルを購入するのに併せて、DMMのコンテンツも1000円分楽しめるので、これからVR動画を楽しみたい人にはお得なVRゴーグルとなっています。

↓商品ページはこちら↓

4.Teptts VRゴーグル(スマホ用)

「Teptts VRゴーグル」はもAmazonでも人気の高いスマホ用VRゴーグルです。

  • 4.7~6.5インチのスマホに対応
  • 瞳孔/焦点距離の調節可能
  • 非鏡面レンズでブルーライトカット搭載

と必要最低限な機能は全て備わっています。

また、フロントパネルを外すことで通気性が高くなり、スマホの放熱性も良く、快適なVR体験を楽しむことができます。

↓商品ページはこちら↓

5.PSVR(PS4/PS5用)

PSVRはPS4/PS5用のVRゴーグルです。

PS4もしくはPS5に接続することで利用できます。

PSストアなどで配信されているPSVRゲームを始め、DMMやYoutubeなどの動画コンテンツも楽しむことができます。

ゲーム主体でかつ、PS4を持っているという人におすすめです。

↓商品ページはこちら↓

6.VIVE PRO2(PC用)

VIVE PRO2はHTC社からリリースされているPC用VRゴーグルです。

非常に高い性能を誇り、超美麗な高品質な映像でVRを楽しむことができます。

高性能な分、価格が高めですが値段に見合った性能を発揮するでしょう

↓商品ページはこちら↓

 

一番のおすすめは「OculusQuest2」

タイプ別におすすめVRゴーグルを紹介しましたが、総合的に一番おすすめなのは「OculusQuest2」です。

スタンドアロンVRなので、煩わしい設定がない上に、ワイヤレスで快適なVR体験を楽します。

体験できるVRのクオリティもPCやPSVRに負けないレベルです。

豊富な数のVRコンテンツに対応しているので、OculusQuest2ならまず間違いありません。

▼商品ページ▼

まとめ

VRゴーグルといっても、様々な種類のものがあります。

VRゴーグルの種類によってVRで体験できる内容は大きく変わってきます。

まずは自分がVRでどんなことをしたいのかを、見極めてから選んでいきましょう!

きっと自分に合ったVRゴーグルを見つけられるはずです。

↓一番おすすめのVRゴーグル↓








元オタクショップの店長。 現在はVR Insideの編集長を務める。 VRにどはまりし、少しでも多くの人にVRの魅力を伝えられるように日々奮闘中。

最新ニュースを読む