VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

複数のがん拠点病院から専門医がVR空間に集結!医師らがVRカンファレンスを実施

一般社団法人22世紀先端医療情報機構は、インターネット接続されたVR空間上で、大腸癌の専門医による学術会議を2018年12月8日(土)に行ったことを発表しました。


VRカンファレンスの概要

今回のVRカンファレンスは、

「大腸がん治療のトピックスを振り返る in 2018 -Liquid biopsyとMSI-H固形がんを中心に-」

というテーマで、VR空間を会場に実施されました。

参加者は、

・北海道大学病院(北海道 札幌市)より1名

・国立がん研究センター東病院(千葉県 柏市)より1名

・静岡県立 静岡がんセンター(静岡県 駿東郡長泉町)より2名

の合計4名の医師で、それぞれが所属する病院内からVRゴーグルを装着してVR空間に参加しました。

講演会は、VR空間に設けられたスクリーン上の資料を見ながら行われ、質疑応答も各自のアバターを介して行われ、トータルで1時間ほど実施されました。

当日の様子

当日の様子




最先端のがん治療研究とVRカンファレンス

医療現場でのVRの活用は、遠隔医療を中心に導入が進められています。

今回、最先端のがん治療に関わる医師らがVRカンファレンスを行った背景には、非常に早いスピードで進む現在のがん治療開発に対応するためで、今回のテーマ「Liquid biopsy」も患者の血液や尿などをサンプルとする遺伝子検査で、腫瘍組織を用いることなく腫瘍の状態を診断する技術で近年、世界中で研究開発が進められています。

VRカンファレンスは、限られた時間の中で最新の情報交換を可能にし、多忙であり、また開発スピードの速い最先端の研究に携わる医師にとって、有効な手段となりそうです。

なお、22世紀先端医療情報機構は、今回のVRカンファレンスの実施方法などを基本的な仕様として広く提供していくとしています。

準備の様子

準備の様子

まとめ

今回のカンファレンスでは、北海道、千葉、静岡と3箇所の拠点から専門医らがVR空間に集い、移動時間を削減することで多忙な状況でも最先端技術についての情報交換を行うことを可能にしています。

移動時間の削減はこれまでのテレビ会議でも可能ですが、医療分野のカンファレンスなどは次のような点からVRで行うことが有効と考えられます。

・画像や動画データをVR空間内で共有出来る

・対面のコミュニケーションのようなリアルな臨場感

・1つの空間で行うことでブレインストーミングなどの創造的な対話をより活性化

これまでにもテレビ会議よりもVR会議の方がコミュニケーションが活発になることが言われています。

複数の拠点を結んで行うテレビ会議では、相手と視線を合わす・アイコンタクトをとることは困難ですが、VRならアバターを介して相手の目を見て対話ができます。

これがVR会議とテレビ会議の一番の違いであり、有効なコミュニケーションが取れる理由かもしれませんね。

ソース:VRカンファレンスプレスリリース[@Press]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む