VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

PSVRにも対応!新型PlayStation新情報!グラフィック描画能力などが大幅に向上!

2019/04/18 18:00

    家庭用ゲーム機のPlayStation(PS)の新機種「PS5」が近々発表されるのでは、と噂になっています。

    そして先日、ソニーより新型PSに関する新情報が発表されました。

    新型PSでは、前世代のPS4に比べてグラフィック描画能力が向上するなどの性能強化が行われ、またPlayStation VR(PSVR)にも引き続き対応します。


    新型プレステに関する新情報が公表!ソニーが公式に発表

    2019年4月16日に公開した米ワイアードの記事によると、同記事内で行われたPSVR開発担当者とのインタビューにおいて、現在開発中の新型PSコンソールに関する新情報が公表されました。

    巷ではもっぱら「PlayStation 5」として話題になっていますが、コンソールの正式名称は明らかになっておらず、発売はおそらく2020年以降になる見通しです。

    PS4より大幅に性能強化

    今回明らかになったのは、おもに新型PSの性能面に関してです。搭載されるGPU・CPUがより高性能なものになります。

    新型PSに搭載するCPUはAMD Ryzenシリーズのもので、またGPUはAMD RadeonのNaviシリーズを採用する予定とのこと。

    また、グラフィック描写を大幅に向上する「レイ・トレーシング」も可能になるとのことです。

    内蔵ドライブはSSDに換装することで処理速度が大幅に向上し、例えばゲームプレイ中のロード時間が大幅に短縮されます。

    実際、新型コンソールのデモを体験したワイアードの記者によると、「スパイダーマン」のプレイ中にかかるファストトラベルの時間が、PS4では15秒かかったのに対して、新型PSではわずか0.8秒だったとのことです。

    PSVRにも対応

    また、PSVRのシステムアーキテクトを務めるMark Cerny氏によると、新型コンソールは従来のPSVRに引き続き対応するとのことで、既に発売中のPSVRタイトルも、基本的に新型コンソールでもプレイ可能とのことです。

    わが社のVR戦略に関して詳細はお伝え出来ませんが、VRは依然として重要度が高く、現行のPSVRヘッドセットは新型コンソールにも対応します。

    と、Cerny氏は述べています。

    気になるのは新型PSの発売時期ですが、2019年中のリリース予定はないことが明らかになっています。おそらく2020年以降に発売されるものとして、今後もソニーの動向に要注目です。



    PSVRはアップグレードなるか?ソニーによる数々の特許

    PSのアップグレードが明らかになった一方で、2016年に発売されて以来大きな改良を施していないPSVRのほうは、これから新機種が登場する可能性はあるのでしょうか。

    現時点では新型PSVRに関する情報は公表されていませんが、ソニーはこれまでにPSVR用と思われる様々なVR関連の技術を特許申請しています。

    次世代PSVRはワイヤレスに?

    例えば、同社が2018年10月に申請した特許では、PSVRをワイヤレス化する技術について記載しています。

    現行のPSVRは、PS4にケーブル接続して使用しますが、両デバイス間を無線化することによって、PSVRをワイヤレスで使用可能にします。

    ゲームの起動自体はPSコンソール側で行いますが、5GHz帯粋の無線通信によってVRヘッドセットと接続し、ユーザーの動きのトラッキングは従来と同じく、PlayStation Cameraを外部設置して行います。

    現時点ではこの技術が新型PSVRに採用されるかは不明ですが、今後PSVRの追加キットとして、VRヘッドセットの無線化キットが発売される可能性もあります。

    VR酔いを回避する技術

    また、次世代のPSVRの姿を垣間見るヒントとして、2017年に公開された特許が参考になりそうです。

    特許に記載しているVRヘッドセットの外観は、従来のPSVRよりもスリム化されており、より軽量で取り回しのしやすいデバイスであることが想像できます。

    デバイスには温度計やアイトラッキング用のカメラ、湿度計や方位センサーなどを内蔵しており、これらのセンサーでユーザーの生体情報をリアルタイムで取得します。

    そして、ユーザーがプレイ中に激しく動いた際、ディスプレイ内に警告メッセージを表示して、VR酔いになる前にプレイを中止するよう促します。また、ヘッドセットの機能の一部を自動的に停止したり、デバイスが警告音を発して周囲の人に知らせる、などのユニークな技術も登場します。

    この他にも、ヘッドセットに内蔵したカメラでトラッキングを行う技術や、グローブ型のコントローラーに関する技術など、同社がVR技術の開発を独自に継続していることが伺え、新型PSに加えて、PSVRの新機種に関しても引き続き注目されます。

    まとめ

    以前から噂になっている、PSの新型コンソールに関する新情報が明らかになりました。

    新型PSでは、搭載するGPU・CPUを刷新することによって、従来よりも高いグラフィック描画能力を実現する他、ゲーム中のロード時間も大幅に短縮可能になるようです。

    また、新型コンソールはPSVRにも引き続き対応するとのことで、既に発売されたPSVRタイトルも新型PSで一通りプレイ可能とのことです。

    発売は2020年以降になる見通しですが、同時にPSVRのアップグレードに関しても引き続き要注目ですね。

    参考サイト:UploadVR









    Daisuke


    フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

     

    最新ニュースを読む