VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

長時間の移動を快適に!英国の航空会社がVR機内サービスを試験導入

飛行機での移動は長時間になりがちなので、途中で退屈したり手持無沙汰になりがちですが、この間にVRで様々なエンターテイメントを楽しむことで、移動中に感じるストレスを軽減できます。

英国の航空会社では機内サービスにVRゴーグルを導入し、おもに映画や360度コンテンツなどを楽しめるプログラムを試験的に運用しています。


長時間の移動を快適に、英国の航空会社が機内サービスにVR導入

英国のブリティッシュ・エアウェイズは2019年8月より、同社のファーストクラス乗客向けの機内サービスとして、簡易VRゴーグルを用いた動画鑑賞サービスを導入しました。

この取り組みは英国の航空会社では初とのことで、ロンドンのヒースロー空港~ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港間を運行するBA117便にて、2019年末まで運用するとのことです。

軽量薄型の簡易VRゴーグルを使用

同社が機内サービスで活用しているのは、SkyLights社製のVRゴーグル「AlloSky」です。

このデバイスは主に機内などの移動中での使用を想定したVRゴーグルで、映画などの動画コンテンツの視聴のみに対応しています。

Oculus Goのように、ゲームやその他アプリには対応していませんが、その代わりにデバイスはかなり軽量で、重量は250グラム(Oculus Goは468グラム)です。

また、解像度は片目1,080ピクセルでの映像表示が可能で、光屈折を矯正するシステムやBluetooth、Wi-Fi接続に対応しています。

各種VR映画コンテンツなどを鑑賞可能

この機内向けVRサービスでは、おもに映画やドキュメンタリー、旅行動画などが鑑賞可能とのことで、2D、3D、360度コンテンツまで揃えているとのことです。

ラインナップには、VRアニメーションとして有名な「ASTEROIDS!」や「Melita」、「Aquaman」や「Crazy Rich Asians」などの、受賞歴のある作品を鑑賞できます。

VRで進化する機内サービス

飛行機での移動は数時間~数十時間もの間、狭い機内の中にいる必要があるため、この移動時間を手持無沙汰に感じる方は多いと思います。

このため、現在では座席に備え付けのスクリーンなどで映画を見れるサービスなども普及していますが、やはり狭い機内で過ごす時間は長く感じがちです。

この点、VRでは視界全体を覆うため機内にいるという感覚が減り、異なる空間にいるかのような感覚になります。こうしたVRの特徴は機内サービスにおいても役立ちそうです。

ブリティッシュ・エアウェイズの機内サービス向け製品担当であるSajida Ismali氏は、

我々は地上、飛行中を問わず、顧客体験をより拡張することを目的に、最新テクノロジーの活用を進めています。(中略)VRには機内向けのエンターテイメントを大きく変えるパワーがあり、VRゴーグルの試験導入には大きな可能性を感じています。ファーストクラスの乗客にとって、よりユニークで、思い出深い旅となるでしょう。

と述べています。今回のVRサービス導入はあくまで試験的なもので、導入する航路や客層なども限定していますが、今後VRゴーグルの低価格化が進むにつれて、エコノミークラスや複数の航路での導入が進みそうです。



国内の航空会社でも活用進むVR/AR

今回ご紹介した事例は海外のものですが、現在では国内の航空会社でのVR/ARの導入が進んでおり、機内向けVRサービスや、手荷物チェックをARで手軽に行えるアプリなどが登場しています。

日本航空のVR機内サービス実証実験

日本航空は2017年に、同社の機内向けサービスにVRを導入する取り組みを行っています。

同社はVRコンテンツ企業VRize社と共同して、おもにラウンジ利用者にVRサービスを体験してもらう実証実験を行い、利用者にはスマートフォンVRゴーグル「Gear VR」と対応スマートフォン「Galaxy S8」が貸し出されました。

利用者は、KDDIの提供による5種類の360度動画コンテンツから好みのものを選んで楽しむことが可能で、この実証実験を通して得られた結果を活かして、今後より顧客が楽しめる旅行スタイルの提供に努めるとのことです。

手荷物のチェックをモバイルARで

また、旅行関連サービスを提供するKAYAKは2018年10月より、飛行機に搭乗する際にスマートフォンで手荷物をチェックできる「荷物のサイズ測定ツール」をリリースしています。

同ツールは、自宅でスマートフォンを用いて手荷物が機内の荷物棚に収納可能かどうかを知ることが出来ます。

航空会社によって手荷物のサイズ規制は異なりますが、同ツールでは航空会社を問わず、空港到着前に手荷物が座席頭上の荷物棚に収納可能かを確認することが出来ます。

まとめ

英国の航空会社が、機内サービスにVRを試験的に導入しました。

今回の導入は限定的なものですが、機内でVRコンテンツを鑑賞することによって、長時間の搭乗時に感じるストレスが和らいだり、顧客の満足度の向上などが見込まれます。

機内サービスとしてのVR導入は国内でも取り組みが進んでおり、VRは今後機内での利用も目的として活用が進みそうです。

参考サイト:VRScout









Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む