VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「映像制作」に関するアンケートを実施!ドローンでのVR映像空撮サービスを展開するFlying Starが公開

「映像制作」に関するアンケートを実施!ドローンでのVR映像空撮サービスを展開するFlying Starが公開

高画質(8K)360度全天球カメラを搭載した大型ドローンによるVR映像の空撮サービスを展開しているFlying Starは2019年12月11日(水)、映像制作会社に勤める人を対象に、「映像制作」に関するアンケート調査をインターネット上で実施し、その結果を公開しました。


調査概要

撮影技術の向上や新しい技術の発展など、映像に関する世界が近年急速に変化していることを受けて、映像制作会社に勤める人を対象に「映像制作」に関するアンケート調査が実施されました。

■調査期間:2019年11月26日(火)~ 2019年11月27日(水)

■調査方法:インターネット調査

■調査人数:1,034人

■調査対象:映像制作会社に勤める方

■モニター提供元:ゼネラルリサーチ

調査内容と結果

映像制作時に意識していることと課題について

「映像制作で特に意識していることを教えてください」との質問では

・「目的をぶらさない」(34.0%)

・「企画の背景を明確にする」(33.8%)

・「動画の用途に沿った作品にする」(22.7%)

・「動画の雰囲気を目的や用途に合わせる」(8.6%)

との結果が出ました。

映像撮影時に意識すべきことは、映像関係に限らず全ての制作関係者にも同じことが言えます。

また、「映像制作で困ったことを教えてください」との質問では、

・「編集に時間がかかりすぎた」(41.0%)

・「撮影許可が下りなかった」(27.7%)

・「タイミングを逃して撮り直しがきかない」(22.1 %)

・「機材トラブル」(8.1%)

という結果でした。

近年の撮影技術は変化が著しく、ドローンによる空撮もその一つですが、空撮に関する規制が進み、免許や許可を必要とすることが多くあります。

映像制作時の課題と解決策について

「映像制作において困ったことの具体的なエピソードを教えてください」との質問では、

・制作の意図に沿った映像が撮れないこと(千葉県/40代/男性)

・現場でいい画が撮れない(滋賀県/40代/女性)

・撮れ高が思ったようにうまくいかない(埼玉県/30代/男性)

・一発撮りしか出来ない場面でアクシデントが起きた(和歌山県/30代/男性)

などの回答が挙げられました。

「“困ったこと”を解消するための改善策はありますか?」との質問では、

・半数近くの人が「いいえ」(46.4%)

と回答しました。

困ったことはありながらも、具体的な解決策を見つけることができないという人は多いようです。

VRとドローン空撮について

映像制作会社の悩みや課題を解決するためには、様々なシチュエーションで撮影が可能なドローンと、360度カメラで映像を撮影することで表現の幅が広がるVR映像が有効です。

そこで、「VR映像について、取り扱いの意思や将来性に関して思うことを教えてください」と質問したところ、

・とても楽しみな分野だが、社内ではなかなかな技術力が追い付かない(東京都/40代/男性)

・観光客の呼び込みと興味付けに一躍買うと思う(奈良県/30代/男性)

・これからは確実に必要なことだから勉強している(福岡県/30代/男性)

・アミューズメント分野でも広がりがあって動画制作の活気に繋がりそう(奈良県/30代/女性)

などの回答が挙げられました。

多くの人がVRについて肯定的な意見を述べる一方、技術力の向上や操作方法などに不安を抱えていることがわかります。

次に、「ドローンによる撮影を実施したことはありますか?」と質問したところ、

・4割近くの方が「はい」(37.7%)

と回答し

・「検討中」(17.4%)

・「いいえ」(44.9%)

と続きました。

また、実際にドローンを使って撮影した人に「ドローンによる撮影のメリットを教えてください」と質問したところ、

・人件費の削減ができる(愛知県/20代/女性)

・ヘリで飛ばす空撮よりも低額で実施できる(埼玉県/30代/女性)

・俯瞰で見せることで、空間の広がりを簡単に伝えることができる(埼玉県/40代/男性)

・危険を伴う場所での撮影に使える(東京都/50代/男性)

のような回答が挙がりました。

これまでの撮影方法では難しかった映像を撮ることが可能になるということや、コスト面でのメリットを感じている人が目立つ結果となりました。

ドローンやVRを使用するためには

今回の調査で様々なメリットが挙げられましたが、ドローンやVRを使用したことが無い人は、どのような課題が解決されたら使用するようになるのでしょうか。

そこで、「どのような課題を解決できればドローンによる撮影を実施してみたいですか?」と質問したところ、

・鮮明な画質(福島県/40代/女性)

・規制の緩和(埼玉県/30代/女性)

・安全性の確保(静岡県/40代/男性)

・撮影技術の取得(静岡県/40代/男性)

上記の回答などが挙げられました。




ドローンによるVR映像空撮サービスについて

来たる5G環境が、新たな映像表現や高画質化をさらに深化させていくことを踏まえ、Flying Star社では、プロ仕様の高画質(8K)360度全天球カメラを搭載した大型ドローンによるVR映像空撮サービスの展開を発表しました。

VR映像では、これまでの映像にはない迫力と没入感を味わうことができますが、さらに空撮のダイナミック感を付加されることで、まるで「鳥のように飛んでいる」臨場感あふれる映像になります。

SNSでのVR対応や、スマホでVRを手軽に楽しめる環境も整ってきており、ドローンによるVR映像空撮サービスは今後の広がりが大いに期待できます。

また、360度で撮影した映像を一般映像として切り出して使用すれば、これまでの撮影では追いきれなかったものや、撮り忘れたものでもスムーズにつなげて映像化することも可能です。

映像サンプル

地上撮影の360度映像と、ドローンによる360度空撮映像が公開されています。

■航空機ランディングシーン〈地上撮影〉


■鳥取砂丘〈360度空撮映像〉

まとめ

今回の調査から、「映像制作」分野においてドローンやVRを活用することがポイントとなることが見てとれました。

しかし、ドローンでの空撮では規制が進み、免許や許可が必要とされていることなど、映像撮影における困りごとが時代によって変化していることや、また、困りごとが具体的な解決策を見つけることができないという人が多くいることもわかりました。

そのような課題を解決するべく、大型ドローンによるVR映像の空撮サービスが開始されました。

人間では撮ることのできない場所や角度での撮影が可能で、観光地、テーマパーク、ホテル会館などの広い敷地をVR映像に収めたいといった要望や、ライブパフォーマンス、イベント、不動産の部屋紹介など地上からのVR撮影の要望にも対応しているとのことです。

ソース:「映像制作に関するアンケート調査」に関するプレスリリース[atPress]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む