VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

360°パノラマ対応建築管理アプリ「EOPAN」が無償化。さらに、新クラウドサービス「EOPAN Cloud」も提供開始 - VR Inside

360°パノラマ対応建築管理アプリ「EOPAN」が無償化。さらに、新クラウドサービス「EOPAN Cloud」も提供開始

     

株式会社イオグランツが企画し、株式会社インフォマティクスと共同開発した360°パノラマ対応建築管理アプリ「EOPAN(イオパン)」を2017年4月1日にAppStore販売価格600円から無償化。さらに、新サービス「EOPAN Cloud(イオパンクラウド)」の提供を開始すると発表した。

カタログ表面

アプリは無償化後、3日間でダウンロード数が2000DLから6000DLと3倍近くまで増えいる。

本記事では、イオグランツ社に取り組みの狙いなどインタビューしてきたので、合わせてご紹介したいと思う。

 

過去⇔未来を行き来できる360°パノラマアプリ「EOPAN(イオパン)」とは?

モバイル端末に搭載されたジャイロセンサ(角速度感知)を利用した、iPad/iPhone専用の住宅・建築分野向け360°パノラマ対応の建築管理アプリ。

特徴的なのは、フリック一つでCGの完成予想図⇒基礎工事時の写真⇒配管工事時の写真⇒完成時など各段階の360°写真に切り替えることができる。これにより、部分的なリフォームや配管工事などの時に内部構造が後からでも簡単にわかるため、工事をスムーズに行うことができるようになる。

<詳細インタビューはコチラから>
CADデータを3DCG化する「GyroEye(ジャイロアイ)」とグッドデザイン賞も獲得した建築管理アプリ「EOPAN(イオパン)」開発者インタビュー

<アプリダウンロードはコチラから>
https://itunes.apple.com/jp/app/eopan/id897880328?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

 

顧客の温度感までわかる「EOPAN Cloud(イオパンクラウド)」とは?

クラウドを利用した360°ビジュアルコミュニケーションツール。

家を建てようとしている施工主の理解度を深め、契約までのフローを短縮することを目的としたソリューションで、今までのようなデータ送信やその場での情報提供ではなく、事前にクラウドへ360°データをアップロードしておけば、時と場所を選ばず、施工主自身がスマートフォンなどを経由し、データを直接閲覧することが可能になる。

その結果、施工主との方向性のすり合わせが簡単にでき、契約までの期間短縮だけでなく、顧客ロイヤリティも高めることが可能だ。

また、アクセス解析が可能で施工主の熱心度を把握できるため、営業効率の改善につなげることもできる。

サービス名 EOPAN Cloud(イオパンクラウド)
対応ファイル JPG、ZIP、EPA(専⽤ファイル)、StereoCubemap、MP4
URL https://eopan.com/info/

 

EOPAN Cloud(イオパンクラウド)の特徴

カタログ中面

アクセスカウンター機能

クラウド上の画像アクセス数をリアルタイム計測。施主様の熱⼼度に合わせたアプローチで、営業効果や業務効率、 顧客満⾜度の向上が期待できる。

オリジナルバナー埋込機能

会社ロゴやサイトURLを埋め込んだオリジナルビューアを作成。画⾯に常に表⽰されるロゴから指定のURLに遷移できるため、広告としての役割を持たせることも可能。

WebGL閲覧機能拡張

Android端末やPCでもEOPANアプリと同様(一部アプリのみの機能あり)に閲覧・操作。

ホットスポット機能

空間を自由に移動するかのように視点の切替えができるデータや、同じ間取りの中でもでインテリアの設え違いを切替えて確認ができるデータなどを作成可能。

VRゴーグルを装着したままでも、目印を 一定時間⾒つめることで視点を移動したり、インテリアコーディネーションを切替えることができる。

料金プラン

「EOPAN Cloud」 ・【フリープラン】価格:無料(アプリ内課⾦あり)
・【ブロンズプラン】価格:無料(株式会社イオグランツ Walk in home ユーザー専⽤プラン)
「EOPAN Cloud Professional」 ・【シルバープラン】価格:48,000円/年
・【ゴールドプラン】価格:198,000円/年
・【プラチナプラン】価格:498,000円/年

その他 マスターオプション(管理者機能提供)、デベロッパプラン(カスタマイズ)

イオグランツ社インタビュー

--- EOPANを無償化した狙いはどこにあるのでしょうか?

今回アプリ自身も新機能を搭載しパワーアップしています。 これにより、住宅・建築業界へのさらなる貢献が可能になったと
確信しています。

『目に見えない未来の成果物』にお金を払う、これから住宅を建てよう、リフォームしようというお施主様のご不安の解消と担当者の『伝えたい』という気持ちの後押しをさせて頂きたく、少しでも広くお役に立てればと今回の無償化を決断いたしました。

 

--- EOPAN Cloudのターゲット層はどこになりますか?

住宅(新築・リフォーム)だけでなく、大型のマンションや施設なども含めた広範囲での住宅・建築業界で働く皆様が主たるターゲット層と
考えています。

その他、今回のクラウド新サービスによるビジュアルコミュニケーションという新しいコミュニケーション手法の確立は、営業・プレゼンのフェーズだけでなく、『建築現場』や『設計内容確認』などのシチュエーションでの職人・監理者・管理責任者・設計担当者など、そこで働くすべての方々の間での情報共有、意思疎通を非常にスムーズに、業務効率化と認識統一にもお役に立てるものと考えています。

英語圏のクライアントのプロジェクト等、この360°ビジュアルコミュニケーションとメモ機能などの各種機能の活用で、言葉の壁を超えることをも可能になると考えています。

なお、StereoCubemapデータとスフィア画像をWebGLとアプリの双方で再生可能なビューアは他になく、建築業界だけに限らず、CG業界でも稀有な存在だと考えています。(当社調べ)

 

--- アクセスカウンター機能はImp数のみでしょうか?他にも顧客の熱心度がわかる指標などはありますか?

現状はImp数のみです。 地域が確認できる、日時などのニーズが予想されますが、現時点での開発は未定です。

 

--- その他、特に押したいポイントなどがあれば教えてください。

今回のEOPANアプリのアップグレードでは、従来の機能に加え、VRゴーグル対応が実現しました。

圧倒的な没入感に加え、VRゴーグルで覗いてる画面をミラーリングする事で、『感動の共有』が可能となり、商談の場が盛り上がります。

また、クラウド新サービスのEOPAN CLOUDでは、PCで作成したデータやスマホで作成したデータを、それぞれシームレスで受け渡しをすることが出来ます。
例1)スマホアプリ内で360°写真とCGを合成作成したZIPファイルをそのままPCにアップロード
例2)3DCADで作成したCGデータをPCクラウド上で編集、URLを発行し、スマホで閲覧&ダウンロード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ryohei Watanabe

Writer: 2012年よりスマホゲーム専門メディア「アプリ★ゲット」で記事執筆・編集・メディア運用・アライアンスなどを担当。