VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Hololensで設計図面を実寸で現実世界に投影する「GyroEye Holo」が2017年夏頃、販売開始 - VR Inside

Hololensで設計図面を実寸で現実世界に投影する「GyroEye Holo」が2017年夏頃、販売開始

     

株式会社インフォマティクスは、同社が開発・販売する建築分野向けAR/VRシステム「GyroEye」シリーズの新製品ラインナップとして、Microsoft HoloLens対応アプリ「GyroEye Holo(仮称)」と、インターネット経由でHoloLensと連携し、社内外での情報共有を可能にするクラウド型コンテンツ管理アプリケーション「GyroEye CMS」の販売を開始すると発表した

GyroEyeHolo2 (1)

CADデータを3DCG化する「GyroEye(ジャイロアイ)」に関する詳細はこちらのインタビューからご覧ください。

CADデータを3DCG化する「GyroEye(ジャイロアイ)」とグッドデザイン賞も獲得した建築管理アプリ「EOPAN(イオパン)」開発者インタビュー

 

GyroEye Holo・CMSとは?

GyroEye Holoは、建築現場等で設計図面をホログラムとして実寸で現実世界に投影し、様々な検証を視覚的に支援するツール。

利用の流れとしては、2次元図面(DXFデータ)をGyroEyeコンバータを経由してCMSへアップロードし、アプリ経由でHololensにダウンロードする。

GyroEye Holo (2)

完成後のチェックや墨出し(工事中に必要な線や位置などを壁などに表示する作業)作業の省略など、建築現場の作業工数削減に役立つ。

また事務所で作成したデータを現場担当にクラウド経由で送り、双方で情報共有しながら作業ことが可能なので、様々な作業の手戻りを省くことが可能となる。

販売は2017年夏頃を予定しており、まずは直販のみで開始する。

今後は幅広く使えるよう対応フォーマットを増やすだけでなく、3次元データへの対応も予定している。

製品の特長

GyroEye Holo(仮称)

概要 ・Microsoft HoloLens に対応したアプリケーション
・1分の1スケールの図面をホログラムとして実寸で現実世界に投影
・PCやスマートフォン、タブレット端末との接続は不要
対応データ ・2 次元図面(DXF データ)のインポートを予定
・今後、3 次元データのインポートも予定
リリース時期 ・2017 年初夏頃を予定(GyroEye データコンバータのオプションとして)
・Windows ストア にて近日リリース予定
用途 ・建築墨出し、完成チェック、保守メンテナンス など

GyroEye CMS

リリース時期 ・近日、リリース予定
概要 ・インターネット経由で Microsoft HoloLens と連携し、社内外での情報共有を可能にするクラウド型コンテンツ管理アプリケーション
・データへのアクセスは、ID/パスワード/専用ログインによるセキュアな環境を確保
・GyroEye Holo(仮称)のほか、GyroEye ビューワへの対応も予定
用途 ・事務所内で作成したデータを、現場担当にクラウド経由で送り、双方で情報共有しながら作業 を進める など

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Ryohei Watanabe

Writer: 2012年よりスマホゲーム専門メディア「アプリ★ゲット」で記事執筆・編集・メディア運用・アライアンスなどを担当。