VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Virtuixが、歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」を利用したeスポーツ『Omni Arena』を公開。HTC社のVIVEに対応 - VR Inside

Virtuixが、歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」を利用したeスポーツ『Omni Arena』を公開。HTC社のVIVEに対応

     

Omni-Arena

Virtuixが、歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」を利用したeスポーツ『Omni Arena』を公開した。

Virtuixについて

Virtuixは、歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」で有名なスタジオである。

「Virtuix Omni」についての記事。
http://vrinside.jp/news/20160628nomni/

『Omni Arena』とは

『Omni Arena』とは、Virtuix Studiosが開発したeスポーツで、上記で紹介した「Virtuix Omni」を利用するゲームである。

ゲーム内容は、襲い掛かるロボットの攻撃からパワーコアを守るというもの。

用意されているステージは、スケートパークやサッカーコート、そしてバスケットコートを組み合わせたような場所で、各所にパワーコアが設置されている。

下記の動画を見れば、ゲームのイメージがつかめるだろう。

現在確認されているマップは二つで、シングルプレイとマルチプレイ、どちらもあるようだ。

Virtuix、CEOのコメント

Virtuixの創設者でCEOのJan Goetgeluk氏は以下のように語る。

「Omni Arenaは、身体的運動と、eスポーツのスリル、そしてVRの没入感を合わせた作品です。

プレイヤーは自身のアドレナリンを感じることができるでしょう。

2017年末には。ワールド・オムニアリーナ・トーナメントの開催も考えています。」

参照:VRfocus
URL:https://www.youtube.com/watch?v=5JEa-7I5HIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kawasaki

Writer: 1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。