VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

国際映像スタジオNOMA(ノマ)世界初VR連載!12作品を一挙配信!

国際映像スタジオNOMAによる世界初のVR動画連載作品【太一「諦めるほど大人じゃない」360°VR動画】12作品が一挙配信されました。

VR動画連載作品【太一「諦めるほど大人じゃない」360°VR動画】は産経新聞の写真でニュースを伝えるコンテンツ「産経フォト」にて公開されています。



VR動画連載【太一「諦めるほど大人じゃない」360°VR動画】とは?

NOMAの360°VR動画

【太一「諦めるほど大人じゃない」360°VR動画】は、太一監督が「RICOH THETA」を用いて撮影した、産経新聞の写真でニュースを伝えるコンテンツ「産経フォト」で連載している360°VR動画です。

国や業界も越えた様々な側面から、NOMAが 準備中の国際映画、その企画開発現場が全天球で切り出された作品となっています。

VR動画連載の出演者はJAXAをはじめ、

  • AR
  • 電子通貨
  • 国際ジャーナリズム
  • AI
  • ブロックチェーン

といった著名な関係者など多岐にわたります。

プロデューサー・コンポーザーなど、映画を製作している側、いわゆる「中の人」に焦点を当てて作られています。

【太一「諦めるほど大人じゃない」360°VR動画】は2017年9月から開始された世界初のVR連載で、VRにおけるプロモーションの新たな試みとなっています。

>>【太一「諦めるほど大人じゃない」360°VR動画】公式ページ



【太一「諦めるほど大人じゃない」360°VR動画】連載作品一覧

■Vol.1 創る生きかた
■Vol.2 巡りめぐる
■Vol.3 パズルピース
■Vol.4 企画が創る
■Vol.5 捨てるために
■Vol.6 進化する表現者
■Vol.7 バタフライ・エフェクト
■Vol.8 デザインする
■Vol.9 可能性と現実性
■Vol.10 サイレンを鳴らす時
■Vol.11 意義アる闘い

スマホからの場合はYoutubeアプリでの視聴をおすすめします。

太一(たいち)監督について

映画監督/脚本家
昭和46年生まれ、東京都出身。1984年、 SFXアーティストとして映画業界デビュー。

VFXスタジオA.T-ILLUSION株式会社、映画プロダクションEDLEAD inc.(Los Angeles, HOLLYWOOD)のCEOを務め、60本の劇場映画、500作品の地上波メジャーCMに参画。

映画プロデューサーの恵水 流生と共に2016年4月、実写VR.映画等の国際映像スタジオ「NOMA」を創設。

映画、CM、MV.、PVに監督作多数。

近作ではニコラス・ケイジ主演映画のプロデュースのほか、ファッション誌 GQ のVR.、ホログラムを駆使した上戸彩主演 VOGUE、宇宙航空研究開発機構JAXAのインフルエンサーとしてブランディング監督作品など。
引用元:THE RHETORIC STAR【太一「諦めるほど大人じゃない」360°VR動画】[産経フォト]

国際映像製作スタジオNOMAとは

国際映像製作スタジオNOMA

国際映像製作スタジオNOMAは150名超にも及ぶ国や企業の垣根を越えて集まった映画クリエイター、アーティスト、研究者らの制作スタジオです。

企画開発から運営管理まで、映像製作の全てをチーム内で完結させることができることを特長としています。

公式サイト:国際映像製作スタジオNOMA





元オタクショップの店長。 現在はVR Insideの編集長を務める。 VRにどはまりし、少しでも多くの人にVRの魅力を伝えられるように日々奮闘中。

最新ニュースを読む