VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ビーライズ社が「第26回3D&バーチャル リアリティ展」で最新VR製品を展示!

イメージ
イメージ

第26回3D&バーチャル リアリティ展で最新VR製品を展示

株式会社ビーライズは、6月20日(水)~22日(金)に東京ビッグサイトで開催される、日本最大級の専門イベント「第26回3D&バーチャルリアリティ展」に出展することを発表しました。

ブース番号は東8ホール東5-15になるということです。


日本ものづくりワールド2018内にて開催

2018年6月20日(水)~22日(木)に開催される日本ものづくりワールド2018。

「日本ものづくりワールド2018」内で「第26回3D&バーチャルリアリティ展」は開催されます。

株式会社ビーライズの出展ブースでは、

  • 「フォークリフトVRシミュレーター」
  • 「VRライドマシン」
  • 「VR歩行装置」

といったVR業界初の最新VR製品が展示されます。

HMDは全て台湾のStarVR Corporationが開発した「StarVR」を使用することが予定されており、業界最高の広視野角210°と5Kの解像度で、臨場感あふれるVRシミュレーションが可能です。

ビーライズの展示のVRコンテンツ紹介

フォークリフト事故シミュレーター

ビーライズ社オリジナルコンテンツである労働災害予防用VRコンテンツです。

CGによる表現で様々なシチュエーションにカスタマイズすることが可能で、建設業界の安全訓練や安全教育の向上を目的として開発されました。

最先端のVRシミュレーターで安全教育を座学から体験学へシフトさせる製品です。

イメージ

VR用ライドマシン

株式会社Lumbus製のVR簡易モーションベース・揺動装置です。

従来の複雑な構造ではなくバランスボールと2本の軸を融合させた簡易構造で揺動角度20°を実現しており、VRに体感をプラスすることでリアルでスリリングなVR体験を可能にしています。

今回の展示では「高所コースター」のオリジナルコンテンツを体感できます。

なお、この製品は特許出願中となっています。

イメージ

VR歩行装置

開発は広島市立大学共同研究。VRでの歩行移動を可能にしたシステムで、VR空間内での歩行感覚を実現しています。

従来のコントローラーによるVR空間内移動は実際の感覚と違うためVR酔いの原因となっていましたが、VR歩行装置は重心変化や大腿部の動きを計測しVR内での自然な歩行感覚を提示しています。

そのため酔いが少なく、リアルなVR体験をすることが可能です。

なお、この製品も特許出願中となっています。

イメージ

「StarVR」

台湾のStarVR Corporationが開発。業界最広視野角210°モデルで、人間の視野角に最も近い視野角で今までにない没入感が楽しめます。

StarVRは、世界最高の広視野角・高解像度を特徴とするハイエンドなVR HMDで、現在日本市場で販売されているVR製品の視野角平均100~120°程度に対し、人間の視野角において最も近い広視野角(210°)モデルを実現しています。

さらに5K解像度でスクリーンドア効果の無い、より没入感のあるVR体験を可能にしており、目に映る全てで映像の世界を楽しむ事ができます。

イメージ

イメージ



第26回3D&バーチャルリアリティ展出展情報

日時 6月20日(水)~22日(金)10時~18時 (最終日は10時~17時)
会場 東京ビッグサイト 東ホール
出展 東8ホール 東5-15
サイト 展示会公式サイト
申込みサイト
展示会招待券(無料)を事前にお申込みください
参加費用 招待券持参者は無料 ※一部有料・5,000円

まとめ

第26回3D&バーチャル リアリティ展に、ビーライズ社が最先端のVR製品を展示します。

同社のオリジナル安全教育ソリューションだけでなく、最新技術を駆使したVR機器までもが披露されます。

リリースを見る限り「VR技術もついにここまで来たか!」と言いたくなるほど素晴らしい製品が揃っていますが、今後ももっと驚くような技術・製品が登場しそうですね。

ぜひ1度は体験してみたいものです。

ソース:ビーライズ社出展情報プレスリリース[PRTIMES]










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む