VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

「狼と香辛料」がVRアニメ化!「狼と香辛料VR」が2019年初頭にリリース予定!

TVアニメ化されたライトノベル「狼と香辛料」が、今度はVRアニメとなって登場します。

「狼と香辛料VR」というタイトルで制作がスタートしており、2019年初頭のリリースを予定しています。


ライトノベル「狼と香辛料」がVRアニメ化!

小説作家の支倉凍砂(はせくら いすな)氏が代表を務める同人サークル、SpicyTailsは新作VRアニメ「狼と香辛料VR」の制作を開始したことを発表しました。

原作となる「狼と香辛料」は支倉凍砂氏の代表作であるライトノベルですが、これまでに2度TVアニメ化されており、またゲーム、漫画、ラジオドラマ化もされるなど、反響の多い作品です。

「狼と香辛料VR」とは?

「狼と香辛料VR」の制作を行うSpicyTailsは、これまでにもVRアニメ「Project LUX」を手がけており、VRアニメ制作の実績を持つ同人サークルです。

SpicyTailsの新作VRアニメ「狼と香辛料VR」では、360度映像をただ鑑賞するのではなく、VR空間で登場するキャラクターに触れることができるなど、VRコンテンツならではの楽しみ方ができるようです。

「狼と香辛料」のあらすじ

旅の青年行商人クラフト・ロレンスは、商取引のために訪れたパスロエ村を後にした夜、荷馬車の覆いの下に眠る1人の密行者を見つける。

それは「ヨイツの賢狼」ことホロと名乗る、狼の耳と尻尾を持つ少女であった。

ホロは遥か北の故郷「ヨイツ」を離れての放浪の中、パスロエ村の麦に宿った狼であった。

ホロは神と呼ばれ、長年村の麦の豊作に尽くしていたが、農業技術の進歩によって、自分がないがしろにされるのを感じ、望郷の念を募らせていた。

そしてついに収穫祭の日、通りかかった荷馬車の麦束に乗り移って村を脱出したのであった。

少女が狼の化身であることを知ったロレンスは、彼女を旅の供に迎えた。

2人は行商の途中、様々な騒動に巻き込まれながら、ホロの故郷を目指して旅をすることになる。

引用:「狼と香辛料」Wikipediaより

TVアニメと同じ声優陣、各種VRデバイスに対応

「狼と香辛料VR」の制作にあたって出演する声優はTVアニメの時と同じで、クラフト・ロレンス役を福山潤さん、ホロ役を小清水亜美さんが努めるとのことです。

VRデバイスを着けて鑑賞することが可能で、HTC VIVE、Oculus Riftに対応。また、Oculus Goにも対応するとのことです。

「狼と香辛料VR」は2019年初頭のリリースを予定しています。



VRアニメ「Project LUX」も配信中

また、「狼と香辛料VR」を手がけるSpicyTailsは、これまでにも長編VRアニメーション作品「Project LUX」を制作しており、現在配信中です。

総尺65分以上という長編アニメーション作品である「Project LUX」は、プレイヤーは「エージェント」の視点を通して、ヒロインである「ルクス」と過ごした数日間の記憶を追体験するという内容です。

長編の物語を通して、エージェントとルクスとの間に何があったのかが明らかにされます。

「Project LUX」あらすじ

人類の大半が電脳化している世界。

そこで、一件の裁判が開かれていた。

被告は、人々の感情に作用する電脳用データの作成をアーティストに依頼する「エージェント」。

被害者とされているのは、アーティストの少女である「ルクス」。

陪審員は、エージェントの記憶データを追体験することにより、何が起こったのかを確かめなければならない。

Rift、VIVE、ネットカフェでも視聴可能

「Project LUX」は市販のVRデバイスに対応しており、HTC Vive、Oculus Riftで視聴できます。

SteamとOculus Storeからダウンロード可能で、価格は約2,500円です。

>>Oculus Store配信ページ

>>Steam配信ページ

「VIRTUAL GATE」導入のネットカフェでも視聴可能

また、「Project LUX」は、全国のインターネットカフェで「VIRTUAL GATE」を導入した店舗で視聴できます。

「VIRTUAL GATE」とは、株式会社テクノブラッドが運営する施設設置型のVRコンテンツ配信プラットフォームです。

VRデバイスを持っていない方でもVRを楽しめるように、全国230店舗のインターネットカフェにて展開しています。

「VIRTUAL GATE」導入店舗はコチラから確認できます。

【関連記事】
テクノブラッド、VIRTUAL GATEにて長編VRアニメーション「Project LUX」の販売開始

まとめ

「狼と香辛料VR」の公開が2019年初頭とのことで、リリースが楽しみです。

従来のアニメのように、映像コンテンツをただ視聴するのではなく、作品の世界の中に没入することが可能なので、例えばプレイヤーが物語の進行に干渉できたり、VR内のオブジェクトに触れたり等、VRアニメならではの視聴方法が期待できます。

また、同じ時期にVRノベルゲーム「東京クロノス」も公開予定となっているので、両方とも要チェックの作品になりそうです。










フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む