VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

3Dキャラメーカー「VRoid Studio」先行提供開始!8/3に一般公開予定!

ピクシブ株式会社は、3DCGアニメーションやゲーム、VR/ARプラットフォーム上などで利用可能なキャラクターの3Dモデルを簡単に作成できるキャラクターメイカー「VRoid Studio(ブイロイド・スタジオ)」のベータ版を、先行利用の応募者約45,000人すべての人へ2018年7月31日(火)より提供を開始しました。

2018年8月3日(金)には一般向けにリリース予定とのことです。


3Dキャラメーカー「VRoid Studio」とは

VRoid Studioは、人型アバター(キャラクター)の3Dモデルが作成できるアプリケーションです。

Windows・Macで利用ができ、誰でも無償で使用できます。

VRoid Studioで作成した3Dモデルは、各種3Dアプリケーションで利用可能なファイルにエクスポートすることが可能です。

今回提供が開始されたベータ版ではVRM形式でのエクスポートに対応されていて、今後は他のファイル形式でのエクスポートもサポートされる予定になっています。

VRoid Studioでキャラクターを1人作成すれば、VRMに対応したさまざまなVR/ARプラットフォーム上でアバターとして利用することができ、そのキャラクターをバーチャルアイドルや3Dゲーム内のキャラクターとして登場させることも可能です。

また作成した3Dモデルは商用利用も可能なので、さまざまな用途に活用できます。

今回公開される「VRoid Studio Version 0.1」は、基本的な機能のみを備えたベータ版となり、今後ユーザーからのフィードバックを元に、随時機能強化されるとのことです。

VRM形式とは

オープンソースで提供されている3Dアバター向け汎用ファイルフォーマットです。

「VRoid Studio」の対応OS

VRoid Studioは

  • ・Windows 10 / 8 / 7
  • ・macOS 10.13 High Sierra / 10.12 Sierra

のOSに対応しています。



VRoid Studio ベータ版(Version 0.1)の主な機能

VRoid Studioベータ版で公開された機能としては、

  • ・髪型のモデリング
  • ・目・顔のカスタマイズ
  • ・髪・顔・服・身体のテクスチャペイント
  • ・VRM形式に対応したボーンの生成
  • ・VRM形式でのエクスポート

の5つが主に搭載されています。

絵を描くように髪型をモデリングできるプロシージャルヘアデザイン機能

VRoid Studioのヘアデザイン機能では、キャラクターの髪型をペンツールとパラメーターの調節だけでモデリングすることができます。

ペンツールを動かすと、ペンのストロークに追従して毛束の3Dオブジェクトが生成されます。

描いた毛束には、太さや向き、毛先のカールといった特徴をパラメーターで指定することができ、パラメーターの値はスライダーを左右に動かして簡単に調整可能です。

3Dモデリングの知識がなくても、直感的な操作で理想通りの髪型を表現することができます。

また、髪型の編集はガイドに沿って行うこともでき、ガイドは自由に変形可能です。

ストロークで毛束を追加し、各毛束をパラメータで調整できる

髪型編集用のガイドを表示した状態

髪型は全身とのバランスを見ながら調整可能

筆圧感知・レイヤーに対応したペンツールを備えたテクスチャ編集機能

VRoid Studioでは、髪・顔・身体・服の各3Dモデルのテクスチャを、ペイントソフトでのお絵かきと同じ感覚で作成することができます。

テクスチャは3Dオブジェクト上で直接絵を描くように編集でき、展開されたUVにもリアルタイムに反映されます。

展開された状態のテクスチャを編集することもできるので、テクスチャが適用された3Dオブジェクトの見た目を確認しながら、細部まで描き込むことができます。

さらに、VRoid Studioのペンツールは筆圧に対応しており、濃淡の描き分けなど豊かな表現が可能で、レイヤーも利用することができます。

3DオブジェクトとUV展開両方を確認しながら、どちらにもテクスチャを描き込める

絵を描くのと同じ感覚で濃淡や光を表現可能

まつげやアイラインのテクスチャも編集可能。レイヤーも利用できる

キャラの顔や目をベースモデルを元にカスタマイズ可能で、VRMで定義されたボーンも自動生成

キャラクターの顔は、予め用意された各パーツの3Dモデルを変形して作成することができます。

ベースとなる3Dモデルを元に、目や口の位置といった各パーツをスライダーで調節して、好みの見た目になるようカスタマイズすることが可能です。

目の大きさや鼻の位置を変えることで、理想の顔立ちに調整できる

まとめ

先行利用の事前登録が発表された時には、3Dキャラが作成できるソフトが「無料」で「商用利用も可」という情報に大変驚いた人も多く、期待する声が上がっていました。

慣れていない人でも簡単に作成できるのはもちろんのこと、VRM形式に対応されていてさまざまなプラットフォームで活用できることもうれしいポイントです。

今回は基本的な機能のみを備えたベータ版のリリースとのことですが、これからもユーザーの声をもとに機能強化が図られて更にグレードアップしていくとのこと、今後も引き続き注目必須ですね!

ソース:VRoid Studio(ブイロイド・スタジオ)」ベータ版 プレスリリース[PRTimes]

VR店長
↓↓もおすすめです!










VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む