VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで熟練者の動作・思考をコピー学習!VR研修支援サービス「HEKIRA」リリース

株式会社蒼は11月13日(火)、

「VRを使ってハイパフォーマンス人材の動作・思考をコピーする」

というコンセプトで開発されたVR研修支援サービス「HEKIRA」の提供を開始しました。


VR研修支援サービス「HEKIRA」とは

「HEKIRA」は

「VRを使って熟練者の動作・思考をコピーする」

というコンセプトで開発されたVR研修支援サービスです。

「HEKIRA」はハイパフォーマンス人材の動作や思考をVRで再現する教育サービスであり、日本初の試みです。

業務の中には宿泊施設・小売店の接客業務や飲食店の調理、営業活動のマナーなど、講義やマニュアル書で教えることが困難なものが数多く存在します。

そうした業務の研修を対面実習で実践するには大きなコストや時間がかかるのが現状で、こうした課題を解決するために開発されたのが「HEKIRA」です。

VRは空間的な作業が求められる業務や、複雑な工程を含む業務を体験・再現するのに優れており、重要なポイントをVR上にコメント表示する動画を作成することが可能です。

また、ベテランの技術者や高い実績を持つ営業マンなど、「このスキルを他の社員にも伝達したい」というや若い世代に継承したい技術など、その熟練者の視界や思考をVR上で追体験することもできます。

経営者を悩ます「スキル不足」「教育コスト増加」に対応

日本では社会の複雑化が進み、仕事に高度なスキルが求められるようになっている中で企業は労働者のスキル不足と教育コストの増大に間やまされているのが現状です。

ManpowerGroupが、2016年7月に43か国を対象に調査した結果によると、世界平均では経営者の約40%が労働者の技術不足を認識している中、日本は86%もの経営者が労働者の技術不足を認識していました。

ManpowerGroup"2016/ 2017 TALENT SHORTAGE SURVEY"より作成

さらに、社員の教育研修費用についても増大傾向にあります。

産労総合研究所が1976年より実施している「教育研修費用の実態調査」の2018年10月の調査結果では、教育予算や実績額は前回調査と比較すると3年連続で増加しています。

また、少子化に伴う後継者不足や、外国人労働者の受け入れが進む現状では、企業の教育研修費用は今後も増加していくと考えられており、こうした現状を背景からVR研修支援サービス「HEKIRA」は開発されました。



注目を集めるVR教育研修

さまざまな分野で普及が進むVRですが、教育分野への活用は世界中で注目を集めています。

座学では体験することのできない臨場感・没入感をVRでは得られるため、学習の効率・定着率が高まることが報告されており、一部の企業では教育研修へのVR活用が進んでいます。

小売大手の米ウォルマート社は、2018年9月よりスタンドアロン型VRヘッドセット「Oculus Go」17,000台を店舗に配布し、VRトレーニングを進めるプランを発表しています。

VRトレーニングの事前検証によると、従来のトレーニングよりも満足度が30%向上し、トレーニングを受けた70%以上の従業員が他のトレーニングを行った従業員よりも高いパフォーマンスを発揮したと発表しています。

またファストフード企業であるケンタッキー・フライド・チキンでは、チキンの揚げ方などの体験に、貨物運送会社ユナイテッド・パーセル・サービスでは、ドライバーの安全運転研修にVRを活用するなど、様々な企業でVRの導入が進んでいます。

「HEKIRA」はオーダーメイドの研修用教材

「HEKIRA」は、導入を希望する企業に対してオーダーメイドで研修用教材を作成・提供します。

納品の目安は3ヶ月で次の3ステップを経て導入されます。

①要件定義

②撮影&編集

③セットアップ&納品

要件定義

業務担当者へヒアリングを行い、撮影が必要な業務を洗い出し、撮影工程を調整します。

撮影&編集

撮影チームが現地へ赴き、業務を撮影します。

その後、撮影した業務の中で特に重要な箇所についてコメントを挿入し、視認性能向上・VR酔いの低減を実現する加工等の編集を行います。

セットアップ&納品

ヘッドマウントディスプレイへコンテンツを導入して納品します。

「基礎研修」にも「職人技の継承」にも

「HEKIRA」は企業の要望により、次の2パターンのVR研修用教材を提供しています。

基本的な手順・知識を教える、汎用的な技術に関するVR研修

飲食業界における調理手順や、宿泊施設・小売店の接客方法、工場における作業手順、営業におけるマナーなど、VRでの仮想体験が有効な業務を学ぶ研修用教材を作成・提供します。

また、外国人の多い職場には英語・中国語・韓国語など多言語対応も可能で、日本人による指導によって発生していた認識の齟齬を抑えることができます。

ハイパフォーマンス人材独自のノウハウを伝える、属人的な技術に関するVR研修

日本初となる「ハイパフォーマンス人材のスキルコピー」を実現する研修用教材の作成も行います。

ベテランの技術者や、高い実績を出している営業マンなどは、伝達の難しい独自のノウハウを持っています。

そうした人材の視線や行動を再現する動画を撮影するとともに、インタビューによってその知見を言語化し、VR上でその動作・思考を追体験できるような教材を作成・提供します。

これにより、離職とともに失われていた属人的な高度なスキルを、資産として社内に蓄積していくことが可能になります。

HEKIRA導入事例

2018年10月、ハンバーガーショップ「バシバーガーチャンス」にHEKIRAが導入されました。

ハンバーガーの調理方法を教える汎用的な技術に関するVR研修用教材を作成・提供しました。

バシバーガーチャンス代表取締役社長の橋谷氏のコメント

作業のポイントを説明してくれて指導のコストがほぼゼロになりました。
うちのハンバーガー屋は複雑な作業がなく、とても相性良くバイトの学習に使わせてもらっています。
引用元:HEKIRA公式サイト

まとめ

VRによる教育研修は日本においても普及が進んできています。

属人的な技術の継承を意識してVRを導入する企業も多いと思いますが、「HEKIRA」はその技術をVRコンテンツ化することで、企業の資産とするという考えがユニークで、コンテンツのクオリティにも期待が持てそうですね。

ソース:VR研修支援サービス「HEKIRA」プレスリリース[PR TIMES]










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む