VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

住宅リノベ事例を360度VRで体験!ライフスタイル提案事業「レノバライフFUKUOKA」にスペースリー導入

株式会社九州TSUTAYA、株式会社三好不動産、株式会社シェルフアソシエイツの3社は、共同で企画運営するライフスタイル提案事業「レノバライフFUKUOKA」にて、360度VRコンテンツのクラウドソフト「スペースリー」を採用することを発表しました。


「レノバライフFUKUOKA」について

「レノバライフFUKUOKA」とは、

・九州TSUTAYA

・三好不動産

・シェルフアソシエイツ

の3社が共同で企画運営する、マンションや戸建てなどの住宅リノベーションに関する総合的なライフスタイル提案事業です。

『新築より夢がある中古住宅』

を掲げ、住宅リノベーションを通じて、自分らしい個性あふれるライフスタイルの提案を目的にスタートしたプロジェクトで、2019年2月9日(土)から14日間、六本松蔦屋書店(福岡県福岡市)にてキックオフイベント「レノバライフウィーク in 六本松 蔦屋書店」が開催されます。

このイベントで来場者は、住宅リノベーション事例を360度VRコンテンツで体験することができます。

公式サイトレノバライフ

「レノバライフウィーク in 六本松 蔦屋書店」概要

開催期間:2019年2月9日(土)~2月22日(金)

会場:六本松 蔦屋書店

所在地:〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4-2-1 六本松421 2F

イベント内容:トップリノベーターによりトークショー、リノベーターによる個別セミナー、各分野のプロフェッショナルによるセミナー、三好不動産のVRリノベーション体験、山田佳代氏の「運気アップ!!リノベーション」など。セミナーは事前予約制です。



「スペースリー」とは

「スペースリー」とは、リーズナブルな価格、直感的な操作で、ウェブブラウザの再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツを制作、編集、管理できるクラウドソフトです。

360度VRコンテンツは、

・コメントや画像キャプションの埋め込み

・画像処理による画質の良さ

・CGで制作された家具や小物を使ったバーチャルホームステージング

により、物件の魅力をわかりやすく伝えることができるところが特長で、これまでに多くの不動産事業者に利用されています。

まとめ

2016年11月のサービス開始以来、ユーザー数を順調に伸ばし不動産業界から好評の「スペースリー」が、今回住宅リノベーション事業に採用されることになりました。

特別な機材やアプリを使うことな手軽にVRを接客に活用できる「瞬間接客VR」機能も、採用の決め手となったようです。

開催されるイベントでは、昨年発売されたOculus Goが使用され、同伴者も別端末を通して一緒に楽しむことができるので、来場者の満足度はきっと高いものになるでしょう。

ソース:「レノバライフFUKUOKA スペースリー採用」に関するプレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む