VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

リコー×JR西日本がマーカー不要の「AR中吊り広告」の実証実験を開始

株式会社リコー、リコージャパン株式会社、株式会社JR西日本コミュニケーションズの3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、ARスマホアプリ「RICOH Clickable Paper」を連動させた情報提供サービスの実証実験を6月17日から開始することを発表しました。


「RICOH Clickable Paper」とは?

「RICOH Clickable Paper」は、リコー社独自の画像認識技術を用いて、ポスターや書籍等の紙媒体にスマートフォンをかざすことで、関連する複数のデジタルコンテンツやサービスに誘導できるARサービスです。

従来のARサービスで情報読み込むために必要だった特定のマーカーやQRコードは不要となり、紙面デザインを損なわずに情報を提供できます。

また、印刷済みの媒体でも対応が可能です。

さらに紙面から誘導したサービスやコンテンツへのアクセスログを取得し、マーケティングデータとして活用することができます。

ARを用いた電車内広告の実証実験の目的

本実証実験では、広告のデジタル化が加速する中で、電車内の紙面広告とデジタル広告をシームレスに連動させ、付加価値を向上させることが目的です。

中づり広告から情報量が豊富な商品サイトやイメージ動画に誘導することで商品についてより多くの情報が得られ、購入意欲を促進することができます。

電車内広告であることを活かし、スタンプラリーやクイズなどのデジタルコンテンツやサービスと連動することで、電車に乗ること自体を楽しむことやイベントに利用することができます。

電車内広告実証実験の概要

期間:2019年6月17日~2020年3月31日

対象エリア:JR西日本京阪神エリア

利用方法:

①「RICOH CP Clicker」アプリをスマートフォンにインストールします。

②対象の広告をスマートフォンで読み込みます。

③ユニークなコンテンツや魅力的な企画・プロモーションを体験できます。



今後の展望

3社は、本実証実験を通じて、電車内広告だけでなく交通広告の多様性や今後の可能性を立証し、広告主の収益拡大に貢献したいとしています。

実証事件の第一弾は、6月17日から6月30日にかけて、デジタルコンテンツと連動した360°カメラ「RICOH THETA」の中づり広告が掲載されます。

まとめ

AR広告は、キャンペーンなどで商品パッケージにARマーカーが印刷されたものが普及して利用する機会も増えていますが、ポスターなどではマーカーやQRコードの読み取りが面倒だったりで、あまり利便性を強く感じたことがありませんでした。

今回の取り組みでは、アプリをインストールするという手間はありますが、中吊り広告にかざすだけで、簡単に情報にアクセスできるのが魅力的ですね。

気になった中吊りを見かけてわざわざ検索する必要がなく、欲しい情報に確実にアクセスできるのがありがたいです。

ソース:ARを用いた電車内広告の実証実験に関するプレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む