VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRニュースイッキ見!【後編】「3Dで解析するAI骨格検出システム 『VisionPose Single3D』リリース」など注目記事を振り返り!!

2019/09/15 13:00

週末恒例!

VRニュースイッキ見【後編】!

昨日の前編に引き続き、今週(9月6日〜9月12日) 注目を集めた10記事のうち、後半5記事を一気に紹介します!

VRニュースイッキ見【前編】はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167711/


①スマホで全身をモーションキャプチャ!人工知能エンジンを利用した「ミチコンPlus」登場

VRニュースイッキ見_人工知能エンジンを利用した「ミチコンPlus」登場

モーションキャプチャアプリ「ミチコン」で知られるネクストシステムは、9月5日、ユーザーからのフィードバックをもとに「ミチコン」をバージョンアップした「ミチコンPlus」を公開しました。

スマートフォンのカメラに写した人物の動きを、人工知能エンジンで捉えて3DCGキャラクターに反映する「ミチコン」に、ユーザーからの要望が多かった「キャラクター変更機能」と「モーションデータ書き出し機能」が追加されました。

スマホ1台でより高度で自由なモーションキャプチャができるようになったため、VTuber分野などさらなる活用も大いに期待されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167449/

②VR空間に宇田川姉妹も登場!劇場版「BanG Dream! FILM LIVE」 in イオンシネマVRが開催

VRニュースイッキ見_劇場版「BanG Dream! FILM LIVE」 in イオンシネマVRが開催

人気アニメ「BanG Dream!」の映画上映会「劇場版 BanG Dream! FILM LIVE in イオンシネマVR」がクラスターで開催されることが明らかになりました。

「クラスター」を運営するcluster社が発表したもので、今年9月13日(金)に全国の映画館で公開される、劇場版「BanG Dream! FILM LIVE」の舞台挨拶と上映会がVR空間内で行われ、VRデバイスでなくてもスマホでも視聴可能です。

VR空間に開設された劇場で上映するのは、今回が史上初の試みとなるため、「BanG Dream!」ファンのみならず多くのVRユーザーの注目を集めています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167529/

③パズルが動く3D図鑑に!遊びながら英語も学べるAR知育パズル「Are」販売開始

VRニュースイッキ見_遊びながら英語も学べるAR知育パズル「Are」販売開始

完成したパズルの絵が3D映像として動きだすAR知育パズル「Are」の販売が開始されました。

「Are」には動物と乗り物、それぞれ48種類のパズルが用意されており、動物が鳴いたり、汽車から煙が出たりと年齢を問わず楽しめる演出が特徴です。

パズル上の動物や乗り物の名前が、英語、ドイツ語など8か国語の音声で流れるという機能も搭載されており、楽しみながら創造性や多言語に触れることができます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167653/



④VR鑑賞の有効性を検証!凸版印刷と早稲田大学が文化財の新たな鑑賞方法を共同研究

VRニュースイッキ見_凸版印刷と早稲田大学が文化財の新たな鑑賞方法を共同研究

長年にわたり文化財のデジタル化およびVR化に取り組んでいる凸版印刷社は、早稲田大学理工学術院河合隆史教授の研究室と共同で行われた、立体視映像(3D)化技術を用いた文化財の新たな鑑賞方法についての研究の成果を発表しました。

東京国立博物館に併設されている「TNM & TOPPAN ミュージアムシアター」を360°撮影してVR空間内にVRシアターを構築し、日本文化の特徴を含む静止画像や国宝を対象にしたVR作品の鑑賞がどのような影響を与えるかについての実験です。

実験の結果、VR表現が文化財の「見方」を変化させ、「興味や関心」を増進させる影響源になり得るもので、文化財とのコミュニケーションにおけるVR表現の有効性が示されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167619/

⑤カメラ1つで骨格を検出!3Dで解析するAI骨格検出システム 「VisionPose Single3D」リリース

VRニュースイッキ見_3Dで解析するAI骨格検出システム 「VisionPose Single3D」リリース

モーションキャプチャアプリを開発する株式会社ネクストシステムは、カメラ1つで人間の骨格を検出する「VisionPose Single3D」を9月9日より販売開始しました。

通常カメラ2つを利用して3D骨格検出をするのに対し、「VisionPose Single3D」ではカメラ一つで間の骨格を3D骨格検出することができ、さらに2Dでの骨格座標の取得にも対応しているのが特徴です。

そのため、エンタメ分野での活用の他に、スポーツの動作解析や消費者行動解析、保育園や介護施設での見守りシステムなど様々な分野での活用が期待されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-167575/

まとめ

今週後半は新しいアプリ関連のニュースが多いような印象を持ちました。

特にモーションキャプチャアプリなどを開発しているネクストシステム社の動きが活発です。

かつては、モーションキャプチャというと大掛かりな設備と資金がかかりましたが、これからはスマホ1台あれば高精度で骨格座標を検出でき、手軽にアニメーションに反映することができます。

限られた人のものだったバーチャルの世界が、どんどん身近なものになっていくのを感じるニュースでした。

これからもバーチャルの壁を壊していくような人たちの登場に期待したいですね。

来週はどんなVRニュースがあるのでしょうか?

お楽しみに!









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む