VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

製造工場のオペレーター向け教育VR「FAO VR」を開発!「2019国際ロボット展」で体験展示も

株式会社ジョリーグッドは、国内・国外のファクトリーオートメーションを多々手がける株式会社オフィスエフエイ・コムと共同で、製造工場のオペレーター向け教育VR「FAO VR」(ファオ・ブイアール)を開発し、12月18日(水)から東京ビッグサイトで開催される「2019国際ロボット展」にて、体験展示を行うことを発表しました。


FAO VRとは?

「FAO VR(Factory Automation Operator VR)」は、製造工場内でのロボットトラブルや重篤事故などを、現場作業員目線で体験学習することができるコンテンツです。

実写VRによるリアルな体験学習は、実際の工場の作業を止めることなく、現場研修と同様の効果が期待されます。

また、現場では体験することが難しい重篤事故などもリアルに体験することができます。

「FAO VR」サービスプラン

・月額サブスクリプションサービス

・工場ごとのオーダーメイド制作プラン

産業用ロボットの人身事故はオペレーター育成が大きな課題!

国内の人手不足が深刻化する中で、産業用ロボットの活用領域が広がっています。

それにあわせて、ロボットオペレーターの育成についても需要が高まっています。

厚生労働省が発表した平成30年の業種、事故の型別死傷災害発生状況では、製造業は

「はさまれ・巻き込まれ」

による事故が、平成30年は7,044名、平成29年は7,159名と全産業中で圧倒的に多いと報告されています。

人手不足に伴い自動化装置やロボット設備で起こる人身事故は製造業全体で増加傾向にあり、ファクトリーオートメーション化が進む製造業界では、ロボットオペレーターの育成が近々の課題となっています。

作業者目線でリアルな現場を再現!担当者変更時の作業引き継ぎにも

「FAO VR」は、実写VRによるリアルなロボット操作の現場で、安全教育やロボットトラブル遭遇時のチェックポイントの体験学習が可能です。

作業する際、手順やチェック項目が極めて重要な工場ロボットの操作を、工場内の作業を止めることなく、いつでもどこでも何度でも作業員目線でトレーニングすることができます。

工場運営によくある管理監督者や担当者変更の際にある業務の引き継ぎも、メーカーにいちいち問い合わせることなく、「FAO VR」を体験するだけでポイントを正確に引き継ぐことが可能になります。

今後、「FAO VR」は多言語切り替え機能を搭載し、外国人労働者はもちろん、海外に工場を持つ企業向けの教育ツールとしても提供されます。

「FAO VR」サービス概要

提供プラン

FAO VRベーシック:月額15万円~(税別)

FAO VRオーダーメイド:ワンオーダーあたり300万円~(税別)

※両プランとも初期費用として別途ゴーグル等のVR体験機材費が必要

詳細・問合せ:FAO VR公式サイト

コンテンツ

1.重篤事故

操作手順を知らない・守らないことが重篤事故につながる危険性を体験します

2.運転前点検

ロボット作業における運転前の点検を作業員目線で手順に沿って体験します

3.ロボットトラブル

ロボットにトラブルが発生した場合の復旧までの手順、チェックポイントを現場に近い環境下で体験します

VRによる体験研修・教育によりロボット設備をより身近なものに

「FAO VR」を開発に携わったオフィスエフエイ・コム社は、創業22年で国内外約3,000の工場へFA(ファクトリー・オートメーション)化を実現している『AI・IoT・ロボティクスのリーディングカンパニー』です。

FA化、ロボティクス化に貢献する企業により開発された「FAO VR」は、教育を標準化し、ロボット設備を身近なものにするものとして、以下のコメントを発表しています。

オフィスエフエイ・コム 営業本部 本部長 青木伸輔氏のコメント

近年の人手不足に伴い、モノづくり工場ではFA化が加速し、ロボットを活用した自動化設備が急増しています。

ロボットを扱う作業は、説明書通りの操作方法の理解だけではなく、安全に関わる正しい知識やトラブル時の速やかな復旧方法などを理解していることが重要になります。

しかし、「せっかく時間をかけて教えたのにオペレーターが辞めてしまった」「生産が止まってしまったがオペレーターの○○さん以外対応がわからない」といったシーンも多いのではないでしょうか。

「FAO VR」は、何度でも繰り返し見られ、人によって異なる教え方や作業の曖昧さも無くし教育の標準化が可能です。

初めてロボット設備を操作するオペレーターもVRで楽しみながら学習できると思います。
また、ゆくゆくは装置納入後の受渡しオペレーター教育にも採用していきたいと考えております。

「FAO VR」がロボット設備を得体のしれないものから、身近なものにし、ますますロボット設備の導入加速に繋がり、豊かな社会を実現していけると考えております。

引用元:プレスリリース




国際ロボット展へ体験出展

「FAO VR」は、12月18日から開催されている『2019国際ロボット展』に出展されており、実際に体験することができます。

2019国際ロボット展 イベント概要

開催日時:2019年12月18日(水)~21日(土)10時~17時

開催場所:東京ビッグサイト青海・西・南ホール(出展ブース番号:A7)

料金:事前登録者、中学生以下は無料(基本入場料1,000円)

詳細:公式サイト

事前登録:申し込みページ

まとめ

製造業に限らず、AIが導入されロボティクス化は今後益々促進されると考えていますが、産業ロボットを安全に、そしてその機能を最大限活用するためには、オペレーターの知識・技量も必要となってきます。

「FAO VR」は、青木氏のコメントにあるようにオペレーター教育の標準化を可能にするものです。

VRを活用することでこれまでのように、導入時に直接指導を受けた人やトラブル対応経験者しか対処できない、ということはなくなるでしょう。

将来的にはVRのマニュアル(操作・研修用コンテンツ)が標準装備されるようになるかもしれませんね。

ソース:製造工場のオペレーター向け教育VR「FAO VR」に関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む