VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR映像による演出の新感覚VR演劇「鈍色とイノセンス」を3/19よりMixalive TOKYO杮落とし上演

Supership株式会社、KDDI株式会社、株式会社テラスサイド、株式会社講談社、株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、VR演劇「鈍色とイノセンス ~ Mixalive殺人事件 45年目の真実 ~」を2020年3月19日からMixalive TOKYO(ミクサライブ東京)のこけら落としとして上演することを発表しました。


VR演劇とは

VR演劇は、上演中の演出として、VRヘッドセットを使用してVR映像を視聴します。

リアルな演劇と、バーチャル空間の映像を行き来することで、次世代の演劇体験を楽しむことができます。

「鈍色とイノセンス ~Mixalive殺人事件 45年目の真実~」では、「VR同時視聴システム」を活用して、観客全員が同時にVR映像を観覧することができます。

本公演のVR映像は、VRの特性を活かして演劇の魅力を引き出す映像演出となっています。

ゴーグルを装着すると、上下左右180度のVR空間を自由に観ることができ、舞台上の演出だけに留まらない観劇を楽しむことができます。

「VR同時視聴システム」を初めて導入し、昨年6月27日から7月1日に東京・中目黒ウッディシアターで上演された日本初の本格派VR演劇「Visual Record ~記憶法廷~」(主催:テラスサイド)では、「VRと演劇が融合した新感覚の体験」と、好評を博しています。

今回の公演は、2020年3月19日に池袋に開業するLIVEエンターテインメントビル「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」内の多目的ホール「Hall Mixa」のこけら落とし公演として上演されます。

製作委員会では、今後も演劇だけに留まらず、ミュージカル、ライブなどの既存エンターテインメントにテクノロジーを組み合わせた新しい体験価値を提供していきたいとしています。

「VR同時視聴システム」の特長について

【1】タブレットによる簡単操作

①タブレット1台で複数台のVRデバイスを集中管理します

②着脱状況、電源残量、音量調整などVRデバイスの細部までコントロールが可能です

【2】複数人・同時体験

最大200人までVRコンテンツを同時に体験することができます

【3】多様なコンテンツ視聴体験

①2D、3Dコンテンツに対応しています

②同時、連続、個別再生が可能です

③コンテンツ保護(DRM)、コンテンツ管理(CMS)機能も有しています

【4】ハンズフリー、コントローラーレス
VRヘッドセットを装着するだけで視聴可能(リモコン・コントローラー不要)で、観覧者は何も操作する必要がありません。

「Mixalive TOKYO」とは?


「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」は、講談社が2020年3月19日に開業を予定しているLIVEエンターテインメントビルで、バラエティ豊かなパートナー企業と連携した、ジャパンPOPカルチャーの聖地として、今最も注目を集めているエンターテインメント都市「池袋」で、これまで長く愛されてきた映画館「シネマサンシャイン池袋」を、まるごとエンターテインメントライブの発信基地としてリノベーションした施設です。

▼Mixalive TOKYO 公式HP




VR演劇「鈍色とイノセンス ~ Mixalive殺人事件 45年目の真実 ~」について

ストーリー

「ヴィジュアル・レコード」、それは世の中のありとあらゆる物が「見た記憶」を記録し再生する事が出来る画期的なシステム。

人々は常に周りの物に記憶・記録される⽣活を送り、おかげで犯罪は激減、警察組織は縮小化されていた。

ある日、一人の男が自首をした。

「私は 45年前、父親を殺しました。私を死刑にしてください」。

男は、父親殺しの罪で陪審員裁判に掛けられたが、当時集められた 十二人の陪審員が長い議論の末「合理的な疑問」を主張し、無罪になっていた。

そう、合理的な疑問はあった、しかし男が「父親を殺していない」という確証はどこにも無かった。

不朽の名作「十二人の怒れる男」をオマージュし、池袋を舞台に「ヴィジュアル・レコード」を駆使して45年前の事件の真相を明らかにしていく参加型エンタメミステリー演劇。

なぜ、男は 45年を経て、裁きを望むのか。

再審の果てにたどり着く「真実」を決めるのは、陪審員である客席の「あなた」だ。

引用元:プレスリリース

本公演のVR映像特長

国内外で開催された数々の映画祭で評価を得ている映像制作チームにより「演劇とVR」の組み合わせという新たな映像表現を実現しています。

(1) VRストーリーテリングの知見を生かしたストーリー性の高い映像演出
(2) 舞台演出と映像演出を緻密に組み合わせたVR映像構成

出演者・スタッフ

【出演者】

中村優一 斉藤秀翼 秋沢健太朗 高本学

足立英昭 新井將 澤田美紀 小泉遥 濱仲太

【スタッフ】

演出・脚本:キムラ真(ナイスコンプレックス)

企画:サトウヒカル

原案:竹田哲士(電動夏子安置システム)

制作:ナイスコンプレックス

キャスティング:松永一樹(アカツキエージェンシー)

VRシステム協力:KDDI

VR映像制作:Supership

統括プロデューサー:玉井雄大(テラスサイド)

主催:「鈍色とイノセンス」製作委員会(テラスサイド / KDDI / 講談社 / 博報堂DYメディアパートナーズ)

公演日程

2020年3月19日~2020年4月12日

会場

名称:Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)B2F「Hall Mixa」

住所:東京都豊島区東池袋1-14-3

チケット料金

チケット料金:S席 8,000円 / A席 6,000円(全席指定・税込) ※ほか、各種割引あり

※2020年1月8日より一部キャストによるファンクラブ先行抽選販売開始予定

※2020年1月23日よりチケット一般先行抽選販売開始予定

詳細:VR演劇公式サイト

チケットプレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン期間中、「auスマートパス」プレゼント応募ページからの応募者に、抽選で「関係者内覧会のご招待チケット」がプレゼントされます。

※「auスマートパス」への会員登録が必要。

応募期間

2020年1月6日から2020年1月14日

応募方法

下記応募ページより、応募できます。

▼プレゼント応募ページ

当選連絡

当選結果は1月中旬、当選者へメールで通知されます。

まとめ

昨年上映された第1弾のVR演劇「Visual Record ~記憶法廷~」に次ぐ第2弾!、楽しみですね。

今回も「Visual Record」に関する演出がVRで表現されそうです。

さらに今回はエンターテインメントライブの発信基地として誕生する「Mixalive TOKYO」の杮落とし公演ということで、さらに期待が高まります。

参考:KDDIによる「VR同時視聴システム」を活用したVR舞台演劇が誕生

ソース:VR演劇に関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む