VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「攻殻」エリアを追加!イリヤ・クブシノブ氏のVR展示会が6/30まで会期延長!

「攻殻」エリアを追加!イリヤ・クブシノブ氏のVR展示会が6/30まで会期延長!

大日本印刷株式会社(DNP)は、4月28日よりVR空間上で開催されている人気イラストレーターのイリヤ・クブシノブ氏の個展「『Virtual VIVID』 Ilya Kuvshinov Works Exhibition」を好評につき、「攻殻機動隊SAC_2045」のイラストを配置したエリアを追加して、6月30日(火)まで延長して開催することを発表しました。


『Virtual VIVID』について


『Virtual VIVID』は、2019年11月にアートセンター「3331 Arts Chiyoda」で実施され大きな反響を得た企画展「『VIVID』 Ilya Kuvshinov Works Exhibition」の一部をVRコンテンツとして、VR空間上に再現された「バーチャル展示会」です。

イリヤ氏は、SNSを中心に自作のイラストを発信し、Instagramのフォロワーが世界で175万人を超える人気のイラストレーター。

今回の「バーチャル展示会」は、利用者のスマートフォンやパソコンから無料で閲覧可能です。

VR展示会では、時間や場所を気にせずに、イリヤ氏の生み出す「VIVID」で色彩あふれるイラストの魅力を思う存分に味わうことができます。

今回のVRコンテンツ化は、XR(AR・VR・MR)の領域で数多くの実績を持つ株式会社GugenkaとDNP社のパートナーシップによって実現しています。

また、展示会に合わせて、オンデマンド通販サイト「FUN’S PROJECT MARKET」にて『VIVID』オリジナルグッズも販売されています。

DNP社は、「バーチャル展示会を通して、リアルな会場での展示会とは一味違う、新たなコンテンツ鑑賞体験」を世界の人々に提供していくとしています。

展示会概要

展示会名 : 『Virtual VIVID』 Ilya Kuvshinov Works Exhibition

実施期間 : 2020年4月28日(火) ~6月30日(火)

主催   : 大日本印刷株式会社

共催/制作: 株式会社Gugenka

協力/監修: ザ・ギャミン・スタジオズ株式会社

アクセス方法:バーチャルSNS「Cluster」、VRプラットフォーム「VRChat」、VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」からアクセス可能です。

詳細:公式サイト

来場について注意事項

・「Cluster」「VRChat」「STYLY」のいずれかを操作可能な環境で上記公式サイトにアクセスすることで入場できます。
※いずれもVRデバイスがなくても入場可能です

・「Cluster」は、スマートフォン、パソコンからの入場ができます。

・「VRChat」及び「STYLY」はパソコンからの入場ができます。

・事前に「Cluster」「VRChat」「STYLY」のいずれかのアカウント登録とソフトウェアのインストールが必要となります。



VR空間におけるDNP社の事業展開について

5G(第5世代移動通信システム)など通信環境の向上、映像表現技術とデバイスの進化や普及にともない、デジタルコンテンツ体験の需要が増えています。

さらに、リモート対応の必要性が高まるなか、直接会場に足を運ばなくても体験できるサービスが拡がっています。

DNP社はこのようなニーズに対して、VR事業を展開しています。

またDNP社は、独自の「P&I」(印刷と情報)の強みを活用した多様なコミュニケーション手法を開発し、出版社やアニメ制作会社等のコンテンツホルダーとともに、アニメやマンガ等の『クールジャパンコンテンツ』をリアルとバーチャルの双方から世界中に発信するコンテンツコミュニケーション事業を推進しています。

リアルな展開として、「東京アニメセンター in DNPプラザ」(東京・市谷)等での各種コンテンツを活用した企画展を開催しています。

DNP社では、今後もこれらの事業や展示会等で培ったコンテンツ表現や空間演出等の技術・ノウハウと、最新のVR技術等を融合させ、VR空間上での新たなコミュニケーションを実現する「バーチャル展示会」を広く開催していく予定です。

イリヤ・クブシノブ(ILYA KUVSHINOV)氏について

ロシア出身、日本在住のイラストレーター。

モスクワの美術学院でデッサンなどを学ぶ。ゲーム会社でデジタルイラストを修得し、その後モーションコミックの監督として働く。

2014年に活動拠点を日本に移し、フリーランスで活動を開始。

2016年に初画集『MOMENTARY』(パイ インターナショナル)を発売。

2017年から日本のアニメ業界に参加し、映画『バースデー・ワンダーランド』や、2020年にNetflixにて全世界独占配信される新作アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』のキャラクターデザインなどを担当。

引用元:『Virtual VIVID』プレスリリース

まとめ

当初5月末までの会期だった『Virtual VIVID』ですが、好評につき6月末まで会期が延長されました。

さらに新作の『攻殻機動隊 SAC_2045』のイラストエリアも追加されています。

会期途中で、期間を延長したり、エリアを拡張できるのは、VRならではと言えます。

DNP社とGugenkaがタッグを組んでの開催ということで、クオリティの高いVR展示会となっています。

「ほんとにタダで見ていいの?」と言いたくなる行かなきゃ損な展示会ですので、ぜひどうぞ。

ソース:「Virtual VIVID」に関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む