VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > スマホ向けにARコンテンツ制作・配信が可能に!「STYLY」がアップデート

スマホ向けにARコンテンツ制作・配信が可能に!「STYLY」がアップデート

イメージ

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供する株式会社Psychic VR Labは、、STYLYがARコンテンツの制作に対応できるようにシステムアップデートしたことを発表しました。

これによりスマホやタブレット向けに、ARコンテンツを配信することが可能になっています。


STYLYがシステムアップデートへ

「STYLY」はPsychic VR Labが提供する、アーティストに空間表現の場を提供するVR/AR/MRクリエイティブプラットフォームです。

コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなどクリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築することが可能で、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることもできます。

その同プラットフォームが今回システムアップデートされ、ARコンテンツの制作に対応できるようになりました。

今回のアップデートにより、iOSとAndroidを搭載したスマホやタブレット向けにARコンテンツを配信することができるようになっています。

イメージ

作ったARコンテンツはアプリ向けに配信

Psychic VR Labは昨年11月にスマホ・タブレット向けアプリ「STYLY Mobile」をリリースしており、アート作品やショッピング体験の新しい形を提供しています。

イメージ

例:渋谷PARCO・XR SHOWCASEでのインスタレーション作品
「World's end supernova : Discont」

今回のアップデートでは「STYLY Mobile」アプリ向けにARコンテンツの制作・配信が、誰でもできるようになっています。

制作に使用する「STYLY Studio」は"STYLY Gallery"ページ右上の「STUDIO」ボタンからアクセスでき、制作したARコンテンツは最新版の「STYLY Mobile」アプリで体験することが可能です。

STYLY Gallery公式サイト

STYLY Mobileアプリ(App Store)

STYLY Mobileアプリ(Google Play)

STYLY Studioでコンテンツを作成し、アプリで体験

Webブラウザ上でノンプログラミングでxRコンテンツを構築できるツール「STYLY Studio」は、作成したコンテンツを

VR HMD

Webプレイヤー(PCのWebブラウザ上で3D空間を体験できるもの)

で閲覧・体験することができます。

同ツールの特徴は主に、

「プログラミングが必要なく、Webブラウザ上でxRコンテンツを構築可能」

「ワンクリックでxRコンテンツの公開・配信が可能」

「多種多様なファイル形式のサポートで、2Dの画像や映像もかんたんにxR空間に配置可能。」

「Unityで作ったコンテンツはそのままアップロードしてxR空間に配置可能」

の4点があります。

今回のアップデートで、作成したARコンテンツをスマホ・タブレット向けに配信が可能になり、「STYLY Mobile」アプリがインストールされている端末であれば、即座にARコンテンツが体験できます。

これに伴い、新たに追加された機能や改善点が、いくつか存在します。

AR/VRシーン作成用のテンプレートが追加へ

「STYLY Studio」でシーン新規作成する時に、ARかVRのテンプレートを選択するだけで、それぞれに対応したコンテンツが作成可能です。

イメージ

ARVRテンプレート選択画面

体験時に必要なマーカーを自動で発行・表示

この機能は、ARコンテンツ公開時にSTYLYマーカーを自動で発行するものです。

「STYLY Gallery」にアクセスした際にARコンテンツのマーカーを表示・ダウンロードすることが可能で、これをアプリで読み込むとARコンテンツを体験することができます。

イメージ

ARコンテンツの場合の STYLY Gallery 作品ページ(STYLY マーカー表示時)




アクセスしやすさの改善も

またアップデートでは、シーン一覧やシーン情報設定画面へのアクセスがしやすいように、非WebGL画面が追加されています。

従来は起動に時間のかかるWebGLの画面の起動を待ってから、シーン一覧表示やタイトルなどシーン情報の設定をすることが可能でしたが、新たに非WebGLの画面を使用することで、時間をかけずに表示・設定することが可能になっています。

イメージ

シーン一覧画面

イメージ

シーン情報設定画面

WebGLとは

Webブラウザで3DCGを表示するための技術仕様。

まとめ

クリエイティブプラットフォーム「STYLY Studio」がアップデートされました。

今回のアップデートで「STYLY Mobile」アプリ向けにARコンテンツを作成・配信できるようになっており、同アプリをインストールしたスマホやタブレットでAR体験ができるようになっています。

これによって、表現の幅がグッと広がりますね。

クリエイターにとっては活動の領域が拡大、ユーザーにとっては新たな体験が可能になることで、XRの楽しみ方がますます拡大しそうです。

ソース:「STYLY Studio」プレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む