リコー、24時間連続稼動可能なライブストリーミングカメラ「RICOH R Development Kit」のプレオーダー開始 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

リコー、24時間連続稼動可能なライブストリーミングカメラ「RICOH R Development Kit」のプレオーダー開始

株式会社リコーは、24時間連続で360°の全天球ライブストリーミングが可能となるカメラ「RICOH R Development Kit」のプレオーダーを開始した事を発表した。

株式会社リコーは、24時間連続で360°の全天球ライブストリーミングが可能となるカメラ「RICOH R Development Kit」のプレオーダーを開始した事を発表した。

予約は 「RICOH R Development Kit」はから可能となり、出荷は2017年5月頃を予定されている。

0227_rdevkit

「RICOH R Development Kit」とは

リコー独自の全天球映像技術を活用し、2K解像度で30fpsの全天球ライブストリーミングを可能にした。

映像はHDMIまたはUSBにより出力され、ACアダプターを使用し24時間の連続稼動が可能となっている。

カメラをUSB経由でコントロールするAPIを公開しており、パソコン向けの映像コントロールツール「RICOH Rコンソール」のソースコードはGitHubを通じて公開している。

本製品のプロトタイプは、2017年2月27日よりスペインバルセロナで開催されている、「モバイル・ワールド・コングレス2017」に出展されている、ブースは、『ホール8.0 J3』となっている。

  • フルHD解像度で30fpsの全天球映像を出力
  • 2つの魚眼レンズ映像をカメラ内でリアルタイムスティッチング
  • 全天球映像をHDMIまたはUSBに出力
  • マイクロSDカードに全天球映像の記録可能
  • モノラルマイク内蔵
  • USB経由で映像設定のコントロールが可能
  • PC/Mac用の映像コントロールツールを用意
  • 映像コントロールツールのソースコードを公開予定
  • コンパクトなボディーサイズ
製品名 RICOH R Development Kit
本体色
販売価格 59,800円(税込・送料別)
プレオーダー開始日 2017年2月27日

RICOH R Development Kit公式サイト

     

     

VRInside編集長 村山章


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら