VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

日本出版販売がARアプリ「COCOAR2」を採用、書店の販促にAR活用

VR

「B+LIBRARY vol.3」配布店舗に設置されるパネル

スターティアラボ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:北村健一)は、自社開発のARアプリ「COCOAR2」(ココアル)が、書店の販売促進を目的として、出版取次大手の日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林彰)が実施するコミック販促企画に採用されたことを発表した。

12月上旬より順次全国約450店舗の書店でARが仕込まれた無料冊子の取り扱いが開始される。

また、ARアプリ「COCOAR2」の使い方は、「B+LIBRARY vol.3」配布店舗に設置されるパネルでも紹介される。

活用内容

本取り組みは、対象書店に来店された方のみが体験・閲覧できる仕組みで、来店客数を増やし、購入を促すことを狙いとしてスマホを用いたスターティアラボ社のARアプリ「COCOAR2」が採用された。

仕組みは、書店への来店者が無料で持ち帰ることができるコミックガイドブック「B+LIBRARY vol.3」(制作・運営:日本出版販売株式会社 協力:株式会社サンディアス)の表紙に、ARアプリ「COCOAR2」を起動してかざすと、指定のコミックの一部を試し読みできるというものだ。

書店に来店してガイドブックを手に取らないと限定ARコンテンツを閲覧することができないという特別感で書店への来店を促すことを目指している。

ARアプリ「COCOAR2」について

COCOAR2は、スターティアラボ社が開発したスマホ向けAR(拡張現実)アプリで、アプリ経由で任意のマーカーを読み込むと、設定されている動画・音楽・URL・3Dといった様々なオリジナルコンテンツが表示可能で、主に集客・広告ツールとして活用されている。

また、AR マーカーとGPS(全世界測位システム)機能を連携させたことで、位置情報でARコンテンツの閲覧領域を設定できるため、観光地や商業施設といった実地におけるイベントへの誘致などO2O施策でも活用されている。

現在、アプリダウンロード数は、「COCOAR」「COCOAR2」合わせて150万以上ということだ。

AR制作ソフト「COCOAR」とは

COCOARロゴ

「COCOAR」は企業向けのAR制作ソフトとなっている。

本サービスを導入した企業は、AR 制作を自社サービスとして顧客に提供することができる。

紙媒体や商品パッケージに任意の画像をマーカーとして設定し、スマートフォンアプリである「COCOAR2」経由でマーカーをかざすと、画像、動画や3Dコンテンツを表示・閲覧することができる。

大手飲料・お菓子メーカーにも販売促進ツールとして採用されており、印刷会社やWEB 制作会社を中心に、1,339社(2017年6月末時点)に導入されている。

▼COCOARのページ
 http://www.coco-ar.jp/

関連URL

・日本出版販売株式会社 http://www.nippan.co.jp/

・株式会社サンディアス http://sandias.jp/

・ガイドブック 「B+LIBRARY」 https://www.honyaclub.com/shop/pages/bplus-library.aspx

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む