VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

スマートフォンでHoloLensをコントロールするコンセプト動画が公開! - VR Inside

スマートフォンでHoloLensをコントロールするコンセプト動画が公開!

     

DisneyやWarner Brothers、Qualcommなどをクライアントに持つ、デベロップメントエージェンシー、AfterNowがスマートフォンを使ってMicrosoft HoloLensをコントロールしているコンセプト動画を公開した。

AfterNow-logo

HoloLensには声、視線、ジェスチャーの三つのメインインプット方法がある。

この動画はViveのコントローラーのような6DoFを3Dインターアクションに使用するというアイデアをもとに制作されている。

Viveのコントローラーはユーザーインターフェースと直感的に物体を3D空間で操れることが特徴だ。

このコンセプト動画ではスマートフォンを6DoFコントローラーとして使い、物体を3D空間に出現させ、編集する様子を映している。

動画ではスマホの端を使って新しい物体を作り、スマホのスクリーンをスワイプすることで作ったキューブを3D空間に登場させている。

キューブを登場させる前にスマホを移動させたり、傾けたりすることでキューブを持っていきたい位置を決め、スライドさせ、そこにキューブを出している。

また、反対側のスマホの端を使ってカラーホイールを出現させ、それを回したりすることで色を変更している。

キーアイデア

● スマホで線を引き、それをスクリーンをスワイプすることで3D空間に押し出す。

● ゴーストバスターズスタイルで出した物体をスマホに引きずり戻す。

● 3Dオブジェクトの形をスマホの上でレンダリング。

参照元URL: https://www.afternow.io/2017/03/01/hololens-phone-controller/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。