VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

COMPUTEX 2017で新たにゲーム&VRエリアを新設!世界初のeSportsトーナメントも開催 - VR Inside

COMPUTEX 2017で新たにゲーム&VRエリアを新設!世界初のeSportsトーナメントも開催

        2017/06/20

COMPUTEX 2017で新たに"ゲーム&VR"エリアを新設

COMPUTEX 2017公式サイトより

あらゆるサプライチェーンやIoT、スタートアップエコシステムを備えた世界でも有数のICTトレードショーの1つであるCOMPUTEX 2017は、(5月30日(火)から6月3日(土))、6月1日(木)まで開催される。

同時開催されるInnoVEXでは、グローバルスタートアップに焦点を当てて展示するとのことだ。

また展示フロアに専用の「ゲーム&VR」エリアが設けられるという。

COMPUTEX 2017とは?

COMPUTEX 2017は、AI&Robotics、IoT Applications、Innovations&Startups、Business Solutions、Gaming&VRの5つを主要テーマに掲げている。

26カ国から1,600社以上の企業が、世界のハイテクノロジーエコシステムを5,010のブースを使用して、最新の製品と技術を展開するという。

また、歴史上初めて、COMPUTEX 2017は、5つのテーマの1つとしてGaming&VRを展示し、展示フロアに専用の「ゲーム&VR」エリアを設け、世界中からAcer、ASUS、Cooler Master、G.SKILL、ギガバイト、IN WIN、MSI、Thermaltake、ZOTACなど約60社のメーカーが集結し、総合的なゲームエコシステムをデモンストレーションするということだ。

先日、アジアオリンピック評議会が、2022年に中国杭州で開催されるアジア競技大会で、eスポーツを公式種目にすると発表されたという。

Newzooの調査によるとeスポーツのオーディエンスは2016年に1億3100万人にまで増え2019年には1億8000万人まで増加すると予測されているということだ。

市場規模をエリア別で見ると、アジアが最大で、そのうち韓国、中国のボリュームが大きくなっている。

日本でもeスポーツの普及・発展を推進すべく2016年に「日本eスポーツリーグ」を立ち上げ、更に今年2月には「第2回 日本eスポーツ選手権」を主催するなど、積極的な活動を展開しているとのことだ。

台湾貿易センター(TAITRA)のプレジデント兼 CEOであるWalter Yeh(葉明水)は次のように述べている。

「eSportsトーナメントの台頭とその注目の増加は、単にレジャー活動以上のゲームになりました。

ゲームはテクノロジー産業の発展に大きな影響を与える重要なエコシステムになっています。

ゲーマーはゲーム体験を最大限に活用しようとしていますが、PC業界全体ではゲーム関連製品の恩恵も受けています。

VRが提供する臨場感あふれる体験の機会を目の当たりにするメーカーが増えており、革新的なアプリケーションの開発に投資しています。

COMPUTEXでは、ゲームサプライチェーンのさらなる変革を促進する包括的なプラットフォームを提供し、ゲーム環境と経験をまったく新しい時代にもたらすことを願っています。」

ZOTACの初のeSportsトーナメント、ZOTAC CUP MASTERSは:5月30日から6月3日までBooth No. N1214, 4F, Taipei Nangang Exhibition Center, Hall 1で開催されるとのことだ。

DOTA 2と世界中のプロのゲームチームで構成されたゲーム大会では、$ 100,000 USD賞金プールのために最高の出会いがあるという。

COMPUTEXは、世界的なeSportsトーナメントと協力して、eSportsの多様な潜在能力と収益モデルを紹介し、PC業界の新たな未来を形作るのに役立つとのことだ。

ゲーム分野の登場により、PCコンポーネントメーカーは、より良い利益率のためにハイエンドの消費者製品に焦点を当て始めた。

より多くのゲーマーがDIYコンポーネントで独自のギアを構築するにつれて、PCコンポーネントメーカーは新しい市場機会を享受するということだ。

ゲーマーが注目する信頼性、スピード、パフォーマンスは出展者の製品がCOMPUTEXで実証しようと追求しているとのことだ。

ゲーマーは、通常のアクセサリに加えて、独自のマザーボード、メモリモジュール、グラフィックスカードを自分好みにカスタマイズしたゲーム機を作っているという。

G.SKILL、Intel、NVIDIA、SUPERMICOなどの出展者は、競争の激しいゲームでのスピードとパフォーマンスの過酷な要求に応えるため、究極の設定で迅速でスムーズで安定したゲームパフォーマンスを提供する製品を提供しているとのことだ。

Nangang Exhibition Centre Hall 1にある "Gaming&VR"展示エリアには、世界中のマザーボード、シャーシ、冷却システムなどのハードウェアメーカーが含まれる。

COMPUTEX Modding Challenge - Nangang Exhibition Centre Hall 1の4階にあるLight Galleryで、グローバルモディフィングコンペティションであるCyber​​Modsが開催されるということだ。

来場登録は日本語公式サイトの「事前お申込み」バナーから、または英語サイト(http://computex.leadexpo.com/)から行うことが可能だ。

COMPUTEX TAIPEIについての詳細

Webサイトはhttp://www.computextaipei.com.tw/を参照。

Twitterは@computex_taipei、ハッシュタグ#COMPUTEXでフォローできる。

Facebookはhttps://www.facebook.com/COMPUTEX.TAITRA/を参照。

TAITRAについて

貿易の促進を目的に1970年に設立された台湾貿易センター(TAITRA)は、台湾最大の非営利貿易振興団体である。

TAITRAは、政府、業界団体、およびいくつかの営利組織の共同出資で運営されており、台湾の企業やメーカーが国際競争力を強化し、海外市場で直面する課題に取り組む手助けをしているという。

TAITRAは、台北本部、4か所の地方支部(新竹、台中、台南、高雄)、および世界各地の60の海外支部に勤務する1,200人以上の訓練された専門家からなる、よく調整された貿易振興および情報ネットワークを誇っているとのことだ。

TAITRAは、姉妹組織である台湾貿易センター(TTC)および台北世界貿易センター(TWTC)とともに、効果的な振興策を通して豊富な貿易の機会を創り出してきたとのことだ。

貿易使節団の組織とカスタマイズされた調達サービスの提供に加えて、TAITRAは台北と高雄で年間35以上の国際見本市を主催しているという。

2016年には11,128社がこれらの展示会に出展し、海外からの来場者は83,807人にのぼっているということだ。

COMPUTEX TAIPEI(通称COMPUTEX)について

1981年に設立されたCOMPUTEX TAIPEIは、サプライ・チェーン全体とエコシステムを網羅した世界有数のICTおよびIoT見本市である。

台湾貿易センター(TAITRA)と台北市電脳商業同業公会(TCA)が共催するCOMPUTEXは、台湾のICTクラスター全体を基盤として、大手ブランドからスタートアップまで、またICTサプライ・チェーンからIoTエコシステムに至るまで、ICT業界のあらゆる領域をカバーしている。

台湾は、強力な研究開発および生産能力とIPR保護を備えており、グローバルな技術エコシステムでパートナーを求める海外企業や投資家にとって、台湾は戦略上欠かせない存在だということである。

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当