VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

客室内情報配信サービス『ee-TaB』が、「VRコンテンツ」を個人スマホで購入できるサービスを提供 - VR Inside

客室内情報配信サービス『ee-TaB』が、「VRコンテンツ」を個人スマホで購入できるサービスを提供

     

『ee-TaB*(イータブ・プラス)』 「VRコンテンツ」や「地域の特産品」などを個人のスマホで購入できるサービスを提供開始

テックファームグループのテックファーム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:千原信悟、以下:テックファーム)と株式会社ミライト(本社:東京都江東区、代表取締役社長:鈴木正俊)が業務提携し、提供しているホテルや旅館の客室設置型タブレット『ee-TaB*(イータブ・プラス)』(以下、イータブ・プラス)にて、コンテンツや地域の特産品などをスマートフォンで決済・購入できるサービスを5月1日より提供開始すると発表された。

2017年5月1日現在、イータブ・プラスを設置している全2,768室への導入を促し、2018年3月には倍増を目指すとのことだ。

客室内課金サービス拡充により、ホテル利用者の満足度向上に加え、導入ホテルや旅館の売上増加も期待できるという。

第1弾は「VR(バーチャルリアリティー)コンテンツ視聴体験サービス」を販売

第1弾として、映画の撮影地巡礼や漫画のキャラクターとの冒険など、さまざまなコンテンツを体感できる「VRコンテンツ視聴体験サービス」を提供するとのことだ。

本視聴体験サービスでは、客室用にレンタルされるゴーグルを装着し閲覧することで、現実さながらにその場所や空間を体感できるという。

今回提供するコンテンツは、インターピア社が運営する「VRTHEATERサービス」から厳選した作品をはじめ、その他1本あたり7分から15分の有料のコンテンツ(300円~)を16本、無料のコンテンツを12本用意し、順次追加すということだ。

5月1日 よりベストウェスタン東京西葛西グランデにて提供を開始するとのことだ。

宿泊者個人のスマートフォンで簡単決済

ビジネスモデルイメージ

これらのコンテンツや商品は、従来のプリペイドカード販売等と異なり、部屋から出ることなくホテル利用者個人のスマートフォンで購入できるという。

まずはAmazon PayとLINE Payを導入、今後はインバウンドの利用を鑑み、アジア(主に中国や台湾)のユーザーに利用されているAlipay(アリペイ)やWeChat Payment(ウィーチャット・ペイメント)、ビットコインなどの決済手段にも対応していく予定とのことだ。

今後の展開

今回提供を開始するVRコンテンツだけではなく、化粧品などのアメニティサンプルを客室内に設置し、気に入ったものをイータブ・プラスで閲覧、個人のスマホで購入、免税品の場合は空港で受け渡しできるサービスなども展開予定とのことだ。

また、観光案内サービスや地酒・伝統工芸品などの地域に根ざしたサービスや特産品なども提供・販売し、インバウンドニーズへも対応するという。

『イータブ・プラス』について

ホテルや旅館の客室にタブレットを設置し、多言語コンテンツを配信するサービス。

主なコンテンツは館内案内、天気、専用グルメ検索アプリ、観光スポット案内や、動画、電子書籍・地域コンテンツなど。施設毎にカスタマイズが可能なため、立地環境やメインターゲットにあわせ、ホテル近辺で催されるコンサートやイベントと連動した内容を表示するなど、最適なメニューをそろえられる。

ホテル運営をする上での新たな広告メディア・商品やブランドの訴求としても活用が可能だ。

Wi-Fiを利用することで、フロントでの一括管理が可能なため、ホテルスタッフの手を煩わすことなく運用ができるということだ。

『イータブ・プラス』紹介ページ

http://sls.mrt.mirait.co.jp/specialcontents/eetabplus/

テックファーム株式会社について

<所在地>

東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティタワー23F

<代表者>

代表取締役社長 千原 信悟

<創立>

1991年8月30日

<設立>

2015年7月1日

<資本金>

100,000,000円(2016年12月末)

<事業内容>

システム・サービスコンサルティング、業務支援向けシステムソリューションの開発・運用・ 保守、モバイル広告からサーバ・ネットワークインテグレーションまで、ワンストップで ITソリューションを提供

<URL>

http://www.techfirm.co.jp/

(※1) 基本機能以外のコンテンツサービスを要望する場合には別途費用が発生。

※Amazon、[Amazon.co.jp、Amazon Payおよび Amazon.co.jp ロゴ]は Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標。

※ 記載の商品名、サービス名及び会社名は、各社の商標または登録商標。

参照元:ニュースリリース

過去の「VRコンテンツ」に関する記事

Sci-fiスリラーシリーズ、エイリアンのVRコンテンツ「Alien: Covenant In Utero」がリリース!

リドリー・スコット監督の人気Sci-fiスリラーシリーズ「Alien」のVRコンテンツ「Alien: Covenant In Utero」がリリースされたという記事。

VR専門エンタテインメント施設「VR Center」に3つの最新VRコンテンツ導入決定!

イオンレイクタウン VR Center」では、2017年4月28日(金)~2017年5月7日(日)までの期間中、ゴールデンウィーク限定企画として、親子でVRが楽しめる期間限定コンテンツ2機種の展開と、カップルに人気のVRホラー体験新コンテンツ「オバケリアVRクリーピングテラー」を正式導入を決定したという記事。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当