VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

iPhoneを使って360°コンテンツが撮影できるカメラ「NoMatterWhat」が発表! - VR Inside

iPhoneを使って360°コンテンツが撮影できるカメラ「NoMatterWhat」が発表!

     

NoMatterWhat-image1

世界初の3Dプリンターを使って作られたiPhone用360°カメラ「NoMatterWhat」が発表された。

セットのカメラアプリと使えばiPhoneで360°写真と動画が撮影できる。

バッテリーやカメラなどiPhoneにすでに搭載されているものを代わりに使うことで、極力不必要なものを取り除き、軽量で低価格、使いやすい360°カメラを実現した。

自撮り棒などを取り付ける感覚で360°カメラを取り付け、ハイクオリティなコンテンツを手軽に撮影できる。

カメラについて

NoMatterWhat-image2

NoMatterWhatはハイクオリティレンズと3Dプリンターで作られたケースで構成された、iPhone用のエレクトロニックフリー360°カメラだ。

重さは30グラムで、キーホルダーのように軽く、ほとんど気にならない状態でiPhoneを操作し、360°コンテンツを撮影できる。

バッテリーチャージの必要もなく、wifiやBlue-toothにつなぐ必要もなく、iPhoneにプラグインするだけで使用することができる。

ワイドアングルレンズがiPhoneのフロントとリアーカメラと同期し、カメラそれぞれに180°のフィールド・オブ・ビュー(視覚)が可能になり、その両方を使うことで360°撮影ができる。

NoMatterWhatのアプリではカメラを両方を使い、リアルタイムでイメージをつなぎあわせ、スムーズな360°コンテンツを、360°写真は6K、動画は4Kの高画質で作成できる。

バッテリー、コネクションすべてiPhoneのものを使っているため、追加で必要なものがなにもない。

バッテリーの交換やチャージャーなど付属なデバイスを購入、または持ち歩く必要もなく、30グラムという軽量を可能した。

さらに3Dプリンターでケースを作ることで軽量化しただけではなく、360°カメラをより低価格なものにすることに成功している。

撮影したものはもちろんFacebookやInstagramソーシャルメディアにもアップロードでき、今後はライブブロードキャスティングサービスが利用できるようにもなる予定だ。

コメント

NoMatterWhat-image3

NoMatterWhatのCEO、Tim Lo氏 コメント:

「360°カメラのマーケットは早期参入企業の独占状態で、私たちはその状況に不満をいだいていました。

多くのコンシューマーにとって、360°コンテンツを制作するのは、まだ簡単なことではありません。

360°カメラを所有するには専門的なスキルや高額なデバイスへの投資が必要になります。

さらに毎回外に出るたびにデバイスをチャージしなければならず、あまり機能的とは言えません。

私たちは余分なデバイスを増やす必要はないと考え、不必要なものをとりのぞき、すでにあるスマートフォンのカメラを使用することを、より簡単で手軽に360°撮影する方法として思いつき、このNoMatterWhatが生まれました。」

限定予約開始

NoMatterWhat-image4

この世界初3Dプリンターで作られた360°カメラのファーストエディションが期間限定としてアメリカで予約受付が開始された。

このリミテッドエディションは8月末に最初の200人グループに発送、9月に第二弾が同じく200人に発送される。

360°写真と動画に加えて、チームは360°ライブブロードキャスティングサービスも9月には始める予定だ。

この200人はフォトグラフィーに経験がある、または興味がある、ソーシャルメディアで影響力があるユーザーがNoMatterWhatの宣伝に協力する形で優先的に選ばれる。

Instagramのアカウントを持っていることが条件となる。

一般的なユーザーが購入できるまでにはおそらくこのあとでまだ少し時間がかかりそうだ。

予約受付は8月18日までオープンする。

価格とデザイン

NoMatterWhat-image5

価格は$35.99(約4030円)と360°カメラにしては他と比べてもかなり低い。

デザインは昔のカメラのパーツを思わせるレトロなクラシックと、直線的でクールな印象のポリゴンの2種類、カラーはクラシックがライトブラウンとグレー、ポリゴンがチャコールブラックと計3種類用意されている。

上の画像がクラシック/ライトブラウンで、下がポリゴン/チャコールブラックの画像だ。

NoMatterWhat-image6

他の360°カメラと違い、カラーだけでなく、デザインを選べるのもこのカメラの特徴だ。

同社は今後デザインを増やすようなことは特に言及していないが、3Dプリンターを使ってケースを作っている特性上、簡単にデザインを増やすことも可能かもしれない。

3Dプリンターを使った、低価格でデザインとカラーも豊富な360°カメラとなれば、一般ユーザー向けの360°カメラとして最適だ。

参照元URL: http://www.businesswire.com/news/home/20170719005699/en/NoMatterWhat---Turn-iPhone-360-Camera, https://nomatterwh.at/products/nomatterwhat

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。