VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

「Rock Band VR」のファーストDLCは「Aerosmith(エアロスミス)」の曲に決定 - VR Inside

「Rock Band VR」のファーストDLCは「Aerosmith(エアロスミス)」の曲に決定

        2017/04/07

Rock Band VR

数週間前、HarmonixがリリースしたOculus Rift、Touch対応のVRタイトル「Rock Band VR」のファーストDLC(ダウンロードコンテンツ)が、Aerosmith(エアロスミス)に曲に決定したことを、4月4日に発表された。

Rock Band VRについて

「Rock Band VR」は、Oculus Rift、Touch対応の、仮想現実でギターライブを体験出来るゲームある。

プレイヤーはギター型コントローラーとOculus Rift、Touchを使うことで、自分が本当にライブパフォーマンスをしているかのような体験をすることができるのだ。

ライブで演奏できる曲は現在、60曲が内蔵されており、その曲の中には、Avenged Sevenfoldやblink-182、David Bowie、The Foo Fighters、Maroon 5、Rage Against the Machineなどと言った、有名なバンドの曲が入っている。

曲を選択することで、自分のパート(ギター)以外のパートはメンバー(仮想)が演奏し、自分がギターを弾くのである。

そして今回のニュースは、この演奏できる曲が60曲に加え、さらにDLCを購入することで最高六曲増やすことができるというもの。

DLCについて

Rock Band VR

DLC(ダウンロードコンテンツ)は、4月12日に、有名なロッカーであるAerosmithの曲六曲が導入される。

これはOculus Storeで一曲につき、2.99ドルで購入することができる。

その六曲とは、以下の曲である。

・Aerosmith – “Angel”
・Aerosmith – “Crazy”
・Aerosmith – “I Don’t Want to Miss a Thing”
・Aerosmith – “Janie’s Got A Gun”
・Aerosmith – “Livin’ On The Edge”
・Aerosmith – “Rag Doll”

今後も他のDLCの登場に目が離せない。

参照:VRfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2017/04/rock-band-vrs-first-dlc-will-feature-six-aerosmith-tunes/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kawasaki

Writer: 1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。