VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Xbox One後継機の性能はPS4 Proを上回るVR対応機になる予定 - VR Inside

Xbox One後継機の性能はPS4 Proを上回るVR対応機になる予定

     

海外メディアUploadVRは、2017年4月6日の記事において、Xbox One後継機の仕様を報じた。

20170407_scorpio_1

同メディアは、2017年4月6日、海外メディアEurogamerが報じたXbox One後継機(コードネーム「Project Scorpio」)の仕様を掲載した。

同メディアが明らかにしたXbox One後継機の仕様は以下の通り。仕様を比較する目的で、Xbox OneとPS4 Proの仕様も併記する。

Project Scorpio Xbox One PS4 Pro
CPU 2.3GHz・x86のカスタムコア8基 1.75GHZ・Jaguarのカスタムコア8基 2.1GHZ・Jaguarのカスタムコア8基
GPU 1172MHzユニット40基 853Mhz・GCNユニット12基 911MHz・GDCユニット36基
メモリー 12GB GDDR5 8GB DDR3/32MB ESRAM 8GB GDDR5
データ転送速度 326GB/s DDR3: 68GB/s/最大204GB/sのESRAM 218GB/s
ハードディスク 1TB 2.5-inch 500GB/1TB/2TB 2.5-inch 1TB 2.5-inch
光学プレイヤー 4K UHD Blu-ray Blu-ray Blu-ray

上の表からわかるように、Xbox One後継機はXbox Oneはもちろんのこと、PS4 Proをも上回っている。

本メディアで以前に報じたように、Xbox One後継機は「4K対応かつ高い信頼性のあるVR対応」を基本コンセプトとしている。

同ゲーム機に関して仕様にほかにわかっていることとしては、GDC2017の開催に合わせて2017年3月1日に掲載されたWindows公式ブログ記事には、以下のような記述がある。

私たちは、WiondowsのMR(Mixed Reality)体験を、デスクトップPCとHololens以外のデバイスでも共有することに興奮しています。

私たちのプランでは、MR体験をXbox Oneのファミリー・デバイスであるProject Scorpioに2018年には導入します。

同ゲーム機の正確なリリース日はまだ不明だが、上記の発表を考慮すると、リリース当初はVR対応はせず、2018年になってVR(Microsoftの表現だとMR)に対応するかも知れない。

いずれにしろ、世界的に普及しているPSシリーズとXboxシリーズがともにVR対応すること、さらにPSVRが市場的に成功していることを考慮すると、家庭用ゲーム機のメインストリームがVRになることは不可避なことではなかろうか。

Xbox One後継機の仕様を報じたUploadVRの記事
https://uploadvr.com/heres-specs-will-power-microsofts-project-scorpio-vr-experiences/

上記記事のソースとなったEurogamerの記事
http://www.eurogamer.net/articles/digitalfoundry-2017-project-scorpio-tech-revealed

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com