VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Snapchat改めSnap Inc、ARカメラカンパニーとしてカメラグラス「Spectacles」を発表! - VR Inside

Snapchat改めSnap Inc、ARカメラカンパニーとしてカメラグラス「Spectacles」を発表!

     

Snapchatが社名をSnap Incに変えカメラカンパニーとして、Spectaclesというファッショナブルなカメラグラスを発表した。

Spectacles-image

なかなかハイテクグラスの成功例がない中、Snapにとって大きな一歩となる。

そしてこれは彼らにとって有益なビジネスでもある。

Spectaclesの登場はもっと大きなビジョンを示唆している。

Snapchatは写真と動画に特化したソーシャルネットワーキングアプリSnapchatを何百万の人が使うプラットフォームとしてたちまち起動にのせた。

このグラスはこの革新的なソーシャルネットワーキングの前進ともいえる。

Spectaclesはグラスを軸とするハードウェアイノベーションで、サングラスのような形をしたグラスにはカメラが搭載されており、LEOライトがついたリングが撮影時に光るようになっている。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=XqkOFLBSJR8&w=560&h=315]

彼らのこのグラスと同時にサーキュラービデオと呼ばれる新たな機能を発表している。

SpectaclesはBluetoothやWi-Fiを通して直接Snapchatにつなげることができ、写真や動画をこの新しいサーキュラービデオフォーマットでアプリに投稿することができる。

サーキュラービデオはどのデバイスでもフルスクリーンで、縦横どちらでも再生できる。

そして115°の視点をとらえることが可能。

circular video

Snapchatソフトウェアと彼らのユニークなスタイルをかんがみても、アップデートバージョンにはARスペックとなるポテンシャルがある。

Spectaclesのカラーバリエーションは3種類、デザインはポップでファッショナブル。

Googleが似たような商品をだして失敗したように、デザインはマーケットにおいても重要である。

価格も手ごろで$129だ。

Google CardboardがCoachella、Sundance Music Festivalなどのイベントで配られた時のように、サーキュラービデオを使い多くの人がイメージや動画をシェアすれば、それがスタンダードとなるかもしれない。

Spectaclesの登場はサーキュラービデオを業界最前線のゲームチェンジャー、テクノロジーへと押し上げた。

これは360°カメラも同様で、SamsungやGoProなどのメジャーカンパニーがスマホなどと一緒に使える関連機器を作ることにより、360°コンテンツをプッシュしてきた。

こうして、携帯はVRとARにとってのベースを作り出してくれた。

gear-360

Snapchatの上昇はほとんど携帯で制作できるオリジナルビデオコンテンツによるもので、すでにSnapchatのユーザーは最低でも1000億の動画を一日で見ている。

Snapchatの縦の動画スタンスは大衆の注目を集め、動画シェアのスタンダードを作った。

サーキュラービデオとともに、Snapchatは携帯で使えるものからグラスと統合して使えるものになった。

そして、携帯に置き換わろうとしている。

会社名の変更とともに彼らは自身をARカメラカンパニーと改めた。

snapchat-lense-and-filter

SnapchatはAR機能をRGBカメラとしてスマホで使えるようにもしており、レンズとフィルターという人の顔にアニメーションか重なるようになる機能がある。

カスタムアルゴリズムを使い、Snapchatエンジニアはアドバタイザー達に新しいマーケットの仕方を提供してきた。

この顔を認証するソフトウェアはSnapchatがLookseryを買収した際にできたもので、Lookseryは似たような機能が使えるアプリをリリースしている。

この機能はSnapchatにとってARへのラフな土台作りとなった。

Spectacles and Smartphone

Snapchatは他にもVergence labsというアイウェアカンパニーを買収している。

Snapchatが動画シェアを通じてウェアラブルテクノロジー産業に参入しようていたのは、Vergence labsを買収した時点で明らかだったが、今回のSpectaclesの発表で完全なものとなった。

SnapchatエンジニアチームはAR機能をスマホと統合し、今度は携帯からアイウェアへと移行しようとしている。

SpectaclesはARが今後どんなものになるかを要約しているとも言える。
A woman wearing Spectacles

毎日の瞬間を最先端のビジュアルで映し出せるこのグラスは、縦と横の動画をサーキュラービデオを使いつなげ、視点をシフトさせることもできる。

VRヘッドセットでは動画を360°で携帯に映し出せるが、Snapchatはこのアイデアを独自のユーザー制作コンテンツとしてより簡単でスマホでも使いやすいものに変えた。

リーズナブルな価格で使えるこのグラスはシンプルだが効果的なユーザーコンテンツの方法となる。

さらにこれがSnapchatのARソフトウェアとつなげれば、より可能性が広がるだろう。

サーキュラービデオの360°カメラを買うより安く、より使いやすくというアプローチはAR地盤の最初のステップとなる。

縦横角度を気にせず写真や動画をシェアできることにより、Snapchatのサーキュラービデオはウェアラブルテクノロジーの新たな可能性を開拓した。

SnapchatはSpectaclesとサーキュラービデオを使い、他の企業がやらなかった方法でARへのアプローチをしている。

このアイウェアが成功すればこのテクノロジーも勢いがついてくるだろう。

これはソフトウェアではなくハードウェアにフォーカスし複雑なARのビジョンを作っている他の企業との差でもある。

Spectacles in case

Spectaclesはプロセッサー、バッテリー、ネットワークコネクティビティ、そしてレンズが小さいハードウェアにつめこまれている。

このデバイスはSnapにとって、ハイテクARグラスへのネクストステップとなる。

参照元サイト名:uploadvr
URL: http://uploadvr.com/snapchats-toy-glasses-dominance/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。