VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

シータ、世界初の「180°×STEREO映像」によるVR-Music Videoを配信 - VR Inside

シータ、世界初の「180°×STEREO映像」によるVR-Music Videoを配信

     

株式会社シータ (本社:東京都中野区 代表取締役社長:鈴木 雅彦、以下、シータ)は、JAKOL CORPORATION、Slow Curve と共同で「180°×STEREO 映像」で収録された世界初の「VR-Music Video」を配信しました。

47956_jgqidkehpt

今回のコンテンツは、2016 年12 月9 日に大手レーベルよりメジャーリリースする「VIC:CESS」のVR-Music Video となります。その1st メジャーシングルとなる「Effect(エフェクト)」の通常版Music Video 制作のほか、弊社が独自で開発した編集技術・撮影機材(※特許申請出願中)を用いて「世界初となるVR-Music Video」の企画、撮影、編集を行いました。(https://einy.me/ja/channels/4

今回のVR-Music Video の特徴4点

(1) 特許出願申請中の専用機材によるSTEREO 撮影
高解像・高感度センサー搭載のカメラ2機を使用し、独自で開発した専用機材による撮影を行うことで、VR 酔いや不快感を一切排除した圧倒的クオリティの映像を体験できます。

(2) VFX(ビジュアル・エフェクツ)による編集・合成
視聴するユーザーの体験価値が増幅されることを目的として、必要な箇所にVFX=ビジュアル・エフェクツ(視覚効果)を施しています。収録映像のみならず、楽曲のオーディオレベルを解析し、その音源とリンクするグラフィックアニメーションを取り入れました。ユーザーの"体験"と"テンション"を高める効果を狙い制作しています。

47956_oejgikkfuw

(3)パーソナルスペースを超えたアーティストの近接/近傍
アーティストを、より「リアル」に感じることができるよう、ユーザーのパーソナルスペースに踏む込みアクションやパフォーマンスに重点を置き、撮影時の演出プランを作成しました。これにより視聴するユーザーの興奮を煽るような臨場感ある体験が可能となっています。

47956_dggnksxawk

(4)カットをつなぎ合わせることで新しいライブを演出
楽曲の構成に合わせて、各シーンの移り変わりを調整。それらのカットを自然な形でつなぎ合わせることで、「新しい1つの体験」を構成しました。従来の『Music Video』ではなく、あたかも目の前で繰り広げられる『Live』を体験するような錯覚が生まれます。

47956_xyxlimzclm

これまでの「360°×モノラル映像」のものとは一線を画したものとなっている。

https://www.value-press.com/pressrelease/173961

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

koide yutaro

Writer: これからますます発展すると予想されるVR。コンテンツだけでなくその技術についても非常に気になっている技術系卒です。