VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

NVIDIA、最上位GPUモデル「TITIAN Xp」13万円でリリース - VR Inside

NVIDIA、最上位GPUモデル「TITIAN Xp」13万円でリリース

        2017/04/26

GPUメーカーNVIDIAは、同社から発売しているGPUの最上位モデル「TITAN Xp」をリリースした。

20170407_titanxp_1

このほどリリースされた「TITAN Xp」は、前世代のGPU「TITIN X」と同様の「Pascal」アーキテクチャを採用しつつ、さらに機能強化を実現した。無論、VR Readyだ。

同GPUの主要仕様を、「TITIN X」と比較すると以下の表のようになる。

TITIN Xp TITIN X
フレームバッファ 12GB G5X 12GB G5X
メモリ速度 11.4 Gbps 10 Gbps
ブースト・クロック 1582 MHz 1531 MHz
計算速度 12TFLOPs 11TFLOPs

文字通り最上位に君臨する同GPUは、価格もまた最上級で$1,200(約¥130,000)となっている。

なお、同GPUの購入は本記事下部に示す販売ページから可能だ。

TITAN Xp販売ページ
http://www.geforce.co.uk/hardware/10series/titan-xp/#buy-now

NVIDIAその他モデルに関連情報

GeForce GTX 1080Ti JetStream

製品名 GeForce GTX 1080 Ti
チップ Palit NEB108T015LC-1020J
接続 PCI Express ×16 (3.0対応)
メモリ容量 11GB
メモリバス幅 352bit
メモリ種類 GDDR5X
ベースクロック 1480 MHz
ブーストクロック 1582 MHz
メモリクロック 11000 MHz
モニタ出力 DisplayPort×3 / HDMI / Dual-link DVI-D
ボードサイズ 285×133mm 2.5スロット
補助電源 8ピン×2
販売価格 税込 93,960円

ドスパラがPalit製グラフィックカード『JetStream風シリーズ』に 最新『NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti』搭載の新モデルの販売を開始!

GeForce GTX 1080Ti Super JetStream

製品名 GeForce GTX 1080 Ti
チップ GeForce GTX 1080 Ti
接続 PCI Express ×16 (3.0対応)
メモリ容量 11GB
メモリバス幅 352bit
メモリ種類 GDDR5X
ベースクロック 1556 MHz
ブーストクロック 1670 MHz
メモリクロック 11000 MHz
モニタ出力 DisplayPort×3 / HDMI / Dual-link DVI-D
ボードサイズ 285×133mm 2.5スロット
補助電源 8ピン×2
販売価格 税込 99,900円

ドスパラがPalit製グラフィックカード『JetStream風シリーズ』に 最新『NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti』搭載の新モデルの販売を開始!

NVIDIA GTX 1050 Ti

グラフィックカード NVIDIA GTX 1050 Ti / AMD Radeon RX 470以上
代替可能なグラフィックカード NVIDIA GTX 960 / AMD Radeon R9 290以上
CPU Intel i3-6100 / AMD FX4350以上
メモリ 8GB以上のRAM
ビデオ出力 HDMI 1.3互換ビデオ出力
USBポート USB 3.0ポートx1、USB 2.0ポートx2
OS Windows 8.1以降

NVIDIAエントリーモデルGPU「GTX 1050 Ti」、Oculus Riftの最小スペック要件として正式承認

『FCAT VR』

FCAT VR』は、NVIDIAが提供する新らたな、ベンチマーク分析ツールである。

この分析ツールは、単なるPCのパーツ処理性能などの比較を行っていくものではないのである、実際の利用を想定しイメージされ、特定の状況においての、フレームレートやコマ落ちの程度を測定する機能を持っているのである。

VR非対応の、通常PCでも利用されている、ごく一般的なベンチマークツールとコレは異なり、グラフィックカードのドライバやヘッドセットに対応するAPIのデータなどを元にして、PCのパフォーマンスの計測を行っていくため、より正確な結果が得られる分析ツールになっているという。

『FCAT VR』は一般公開されており、利用料金は、無料で既に配布されております。

『FCAT VR』の改変や再配布に関しても、許可されている。 ダウンロードはNVIDIAのサイトから行える。

NVIDIAの新たな分析ツール『FCAT VR』がVR対応PCのリアルな性能を明らかにする

一緒に読みたい関連記事

VR ReadyゲーミングPCに関する情報まとめ

10万円から買える!予算別VR ReadyなおすすめゲーミングPC

VR ReadyゲーミングPCに関する情報まとめ

VR readyなオススメのゲーミングノートPCを各社まとめてみました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com