VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRのアバターが現実の行動にも影響する - VR Inside

VRのアバターが現実の行動にも影響する

     

鏡?を見る女性

これまでに行われた研究によれば、バーチャルリアリティの世界で操作するアバターはユーザのリアルでの行動にも影響を与えるという結果が出ている。

ユーザがアバターを操作するのはVRゲームやVRアプリの中だけのことだが、そのアバターが持つ性質はヘッドセットを外してからも残るようだ。この効果を上手く利用すれば、ユーザがより前向きな考え方で生きられるようにしたり、健康的な体重を維持するために行動させたりすることができるかもしれない。

健康的で幸せそうなアバターを操作していれば、ユーザ自身も健康的な考え方を持つようになるのだろうか?

アバターを自分だと感じる

ユーザと二種類のアバター

プロテウス効果

VRを使う場合であってもそうでなくても、ゲームをすることでプレイヤーの感情は動く。積極的に物語に関わっていく主人公の役を演じることで、ユーザ自身の積極性や自己肯定感・自己効力感が増すという研究もある。

これは自分以外のキャラクターを演じることによるものだが、VRの場合はさらにその効果が強くなっていると想像できる。

タイトルによって、VR空間は現実に似ていたり、まったく違う物理法則に基いていたりする。アバターの姿も様々だ。リアルなものからコミカルなもの、人間以外の動物やロボットを操作するものもある。

自分に似せたリアルなアバターの方がその傾向は強まるが、たとえ現実と全く違う世界を舞台に人間以外のキャラクターを操作する場合でも、プレイヤーはキャラクターの性質から影響を受けるようだ。

こうした現象はプロテウス効果と呼ばれている。これは、姿を変える能力を持つギリシア神話の海神プロテウス(プローテウス)に因んだ名だ。

期待に応える

ゲームのキャラクターは、外見によってその個性や役割が表現されることが多い。例えば、威厳のある王のようなキャラクターは大抵身体が大きい。プレイヤーはこうしたイメージから期待される役割を演じる傾向があるのだ。

過去の実験では、身長が高いアバターを操作するユーザはそうでないユーザよりも交渉で強気に出ることが多かった。あるいは、スーパーヒーローを操作するプレイヤーはヒーローらしい振る舞いをすることが多い。これはゲームシステムがそれを求めていない場合でも同じだ。

こうした傾向は、プレイヤーが無意識に、あるいは意識して典型的なキャラクターの性質を演じることで現れるものだと考えられている。

アバターを健康維持に活用する

ゲーム内でヒーローになる

考え方を変える

VRゲーム内でスーパーヒーローを操作したからといって、現実で特別な力が使えるようになるわけではない。しかし、考え方や行動の傾向をVRからリアルの世界に持ち帰ることはできる。この特徴は、VRを使って健康の維持を助けることにも使えるかもしれない。

研究者たちは、現実とは全く異なるVRでの体験でもリアルでの行動に影響を与える可能性があると結論づけている。VRを使ってヒーローになることはできなくても、ヒーローのように強くて優しい心を作ることはできるようだ。

健康的な精神状態を維持することができれば、行動もそれに伴って変化していく。

健康的なイメージを持つ

用意されたキャラクターではなく自分に似たアバターを使う方法では、現実よりも健康な自分のイメージを強く持つことができる。

太ったゲーマーが自分にそっくりの、しかし適正体重のアバターをVR世界で操作したときにはどのように感じるのだろうか。快適な身体でVR空間を体験したプレイヤーは、ダイエットをしてアバターに近づこうと考えるかもしれない。

これと真逆の例として、摂食障害の女性が標準的な体重になった自分のアバターを使うことも考えられる。

健康的になった自分を体験することは、ただ健康的になった自分を想像するよりもはるかに強烈な体験だ。理想に近い自分を体験すれば、現実でより健康になるためのモチベーションになるだろう。

 

VRゲームを利用して体重を落とすことに成功したというエピソードもあるが、VRと運動を直接結びつける以外にも健康のためにVRを活かす方法はあるようだ。理想的な状態を一度体験することで、当然になってしまっている現実の問題に気づくことができるのは大きい。

メンタルヘルスの維持にVRを用いる例も増えているが、理想的なセルフイメージ構築のためにもVRを用いることができるようになるだろう。こちらの分野はまだ研究が不足しているが、肥満や摂食障害といった問題の解決に貢献することになるかもしれない。

 

参照元サイト名:VR Fitness Insider
URL:http://www.vrfitnessinsider.com/study-virtual-avatars-can-change-real-life-behavior/

参照元サイト名:Research Gate
URL:https://www.researchgate.net/publication/290805434_Using_Avatars_and_Agents_to_Promote_Real_World_Health_Behavior_Changes

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。