VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRがエンターテインメント業界で成功する6つの理由 - VR Inside

VRがエンターテインメント業界で成功する6つの理由

      2016/08/31

film-in-vr-entertainment

Merchlar Digital Agency CEOのAwane Jones氏がVRがエンターテインメント業界で成功する6つの理由をLinkedInで公開した。

それぞれの成功の要素をかいつまんで説明していきます。

エンターテインメント業界で成功する6つの理由

● IMAXがVR会社をパートナーとして支援する
● VRの方が3Dより満足度が高い!
● 今までにない新体験
● VRアーケードとしての可能性
● 常に進化を続ける新しいテクノロジー
● モバイルVRと360度ビデオの普及

imax-arri

3DシアターのIMAXがVR会社のパートナーとして支援

映画館などで3Dシアターを提供するIMAXは最低でも6個所のVRシアター世界に作るためにGoogleとStarbreezeというスウェーデンVR開発会社とパートナーになることを発表した。

すでに3Dシアターで有名なIMAXがVRを導入するということはエンターテインメント業界としてもまたVR業界としてもプラスとなりそうだ。

IMAXとGoogleパートナー契約についてIMAXのCEO Richard L.Gelfold氏は

「Googleとパートナーになるということは私たちを次のヴァーチャルリアリティのフロンティアへ導いてくれることでしょう。

そして私たちのフィルムメイカーとその他コンテンツクリエーターが彼らとともにいまだ未体験のVRレベルのため働いてくれることが待ち遠しいです。

VRはIMAXにとってとても貴重なチャンスであり、この私たちのVRのイメージキャプチャーとコンテンツ開発へ参加を可能にした契約がVR戦略への新たな一歩になると思います。」

と語っている。

この強力な支援があるかぎり、VRエンターテインメントの失敗はなく、むしろ私たちはVRエンターテインメントをたくさんの場所でしかも思ったより早く見ることができるかもしれません。

statista-3d-films

VRは3Dよりも満足度が高い

3Dは世に出た途端、莫大なヒットとなった。

2013年度のGravityでの週末売り上げ$55600万ドルのうち80%は3Dチケットからである。

だが、初期の成功にもかかわらず、観客の3D映画に対する満足度は低い。

Telegraph reportによれば、「3D映画は観客の感情の変化への影響が少ししかないことが新しい調査でわかった。」

VRはこういった3Dの抱える問題点を改善することができる。

観客が3Dではあまり感情が動かされない、つまらないと感じ入るのに対し、VR映画は違和感がなく、スリルと興奮の感覚がリアルに感じることができる。

観客たちはVRの刺激的な体験、3Dからのアップグレードを存分に楽しんでいる。

さらに、スタンフォードの研究では森林破壊のVR映画を見た人たちは、普通の映画を見た人たちに比べて20%も紙を使う量が減ったということがわかっている。

この研究で人はVRに対してより感情的な反応をすることがわかった。

もしVRエンターテインメントが3Dと同じように最初ほどの人気がなくなってきても、より独創的なコンテンツが現れVR体験をより良いものにしてくれるだろう。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=Cil7OT8bGik&w=560&h=315]

今までにない新体験

世界で初めてVRシアターがアムステルダムにオープンしたことで、VRに素晴らしい可能性があることに気が付いた人もいるだろう。

世界で約100万人の人がもうすでにVRのヘッドセットを試しており、その数はこれからも増えるだろう。その体験は他にないものであり、簡単にアンチVRの人を変えてしまう。

VRの非現実的な体験について、有名ベンチャー企業家のMike Rothenberg氏は「試していない人にヴァーチャルリアリティを買わせることは難しいが、試した人ならそんなに難しいことではない。」とTIMEで述べている。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=sMkGfeWmqNk&w=560&h=315]

たくさんのVR映画がヨーロッパで公開を予定されており、この現象は簡単に世界へと広がるでしょう。

このテクノロジーの持つエンターテインメントとしての価値はこれからもっと人気が出てきて、人々はさらに新しいものを求めるようになるだろうし、VRのポテンシャルはまだまだ表面的でしかない。

多くの人がこの新しい体験を購入するのはそう驚くことではなくなりそうだ。

VRアーケードとしての可能性

エンターテインメントとしてのVRの可能性は尽きることがなく、さらに独像的なものが増えてきている。

VRテーマパークのThe Voidではシューティングゲームなどの楽しくてクレイジーなVR体験が可能であり、その人気はすさまじく、Breaking BadのAaronPaul氏も素晴らしい体験だったと述べている。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=h_Ozf6kkohg&w=560&h=315]

アトラクションはすでにフェイスブックで18000以上のライクを得ており、メディアの関心も高まっている。

エンターテインメントとして普通のアーケードはもう時代遅れとなってしまった。

そのかわり、ヴァーチャルリアリティテーマパークはすぐにトップになりかわるだろう。

テーマパークはタイムズスクエアでのオープンが発表されている。これはすぐに広がりどのメジャーな都市でもVRエンターテインメントセンターが見れることになることも期待できる。

新しいコンテンツへの要望もとても多く、つねにVRコンテンツを発信できるようハリウッドのようなVRコンテンツ開発プロダクションもできることもあるかもしれない。

常に進化を続ける新しいテクノロジー

私たちは新しい発明を見逃してしまうほど頑固かである。

1995年のNewsweek「インターネットだって?フン!」という記事を忘れるのは難しい。

著者のClifford Stoll氏はどうやったらサイバースペースが次の二ルヴァーナになれるのだろうかと話してる。

テクノロジーに対して懐疑的な人がいるのは自然なことだ。

特にそれが急速に広まっているとしたらなおさら。

しかし、VRにはまだ未知数の可能性が秘めているのだとしたら、今はまだ未発展のテクノロジーだとしてそのポテンシャルを理解するのがベストだ。

人々は目の前に突き付けられるまで、変化に対して否定的になる。実際VRの登場はいまだ新しいテクノロジーが苦手な人にとって不審なものと思われている。

しかし、VR体験はその人に直接映画の中にいる感覚をあたえることができる。

この手のアイデアや斬新なコンテンツは見逃がすことができない。この急速なVRテクノロジーの発達によりMashableのヴァーチャルリアリティがまだまだ残念な理由10の記事が笑われる日が2020年には来るだろう。

mobile-hmd-sales

モバイルVRと360度ビデオの普及

VRのもっとも魅力的なところといえば、そのお手頃感だろう。

スマートフォンをプラットフォームとしてつけるヘッドセットが世界中で広まっている。

スマホがより強力になるにつれVRアプリもより使いやすいものとなっていき、スマートフォンがケーブルや巨大なコンピューター処理装置を頭につけるという問題を解消してくれるだろう。

多くの人がヘッドセットの価格の高さを気にしているが、ヘッドセットのプライスも下がっていて、グーグルのカードボードなら20ドルほどだ。

360ビデオの数も着実に増えており、面白そうなコンテンツとともに人々の手にわたっている。この増え続けるコンテンツとともにVRエンターテインメントはさらに成功するだろう。
VRはエンターテインメント業界で生き抜くのに必要なすべての要素を兼ね備えている。

もっとも重要なものはコンテンツの開発だ。

しかし、日々世界中たくさんの人がより良いコンテンツのために頑張っていることから、VRに否定的な人もヘッドセットで映像を楽しくという日もそう遠くはない言える。

この記事はAwane Jones氏によって書かれたものである。

Awane氏はMerchlar Digital AgencyのCEOで、Merchlar氏はデジタルマーケティングの思想リーダーであり、SXSW、C2、G20など数々の世界的カンファレンスでスピーチをしている方でもある。

Awane氏とAskMen.comの創設者でもあるRicardoPoupada氏、そしてMerchlar氏の指揮のもと、同社はUniversal Studio、Ubisoft、University of Marylandなどの幅広い業界でたくさんのハイブランドと素晴らしい体験をうみだしている。

参照元:UploadVR
http://uploadvr.com/6-reasons-vr-will-thrive-film-entertainment-industries/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。

 関連記事