VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Maker Faire Tokyo 2017

2017/07/31 19:27


    イベント詳細

    このイベントは06 8月 2017に終了しました


    VRイベント,Maker Faire Tokyo 2017 ,イメージ
    Maker Faire TokyoはMakerムーブメントのお祭りです。ユニークな発想と誰でも使えるようになった新しいテクノロジーの力で、皆があっと驚くようなものや、これまでになかった便利なもの、ユニークなものを作り出す「Maker」が集い、展示とデモンストレーションを行います。多くのブースでは、実際に作品に触れたり、ものを作る体験を行うことも可能です。

    日時:2017年8月5日(土)12:00〜19:00(予定)
    2017年8月6日(日)10:00〜18:00(予定)

    会場:東京ビッグサイト(東7・8ホール)

    入場料:前売 大人 1,000円  18歳以下 500円
    当日 大人 1,500円  18歳以下 700円

    ※期間中1日限り有効
    入場された日であれば、一度退場されても再入場は可能です。
    2日間有効のチケットではありませんのでご注意ください。
    ※未就学児は無料
    ※障がい者手帳所持者は本人及び付き添いの方お一人まで無料
    ※教育機関の方向けに来場プログラムをご用意する予定です。ご興味がある方は、
    info@makejapan.orgまでご連絡ください

    VRを活用した展示作品

    Assistech Design Lab(ADL)
    -「筋電VR」車いすユーザーもVRゲームを楽しもう-
    VRイベント,Maker Faire Tokyo 2017 ,イメージ2
    両手がふさがっていても、車いすに乗っていてもAR(だんグラ)やVRゲームを楽しめるVR用筋電インターフェイスシステム「筋電VR」を中心に展示デモします。筋電位で射撃を、ジャイロや加速度センサーで移動操作を行います。それにより健常者も車いすユーザーも楽しめるようになっていると思います。手を使わずコメカミの筋電位で操縦する、テンプラー筋電車いすとともに試乗デモを行います。

    Make道場
    -VRウインドウ-
    VRイベント,Maker Faire Tokyo 2017 ,イメージ3
    昨年展示した段ボール製ドームに全周投影する「ぼっちドーム」の進化版を展示します。新システムは、鑑賞者が中に入る必要がない上に、防犯用ミラーとプロジェクタ1台という手に入れやすい機材で構築。誰でも自分の部屋で、プラネタリウム鑑賞やゴーグルなしのVR体験、ドーム映像や360度動画などを、手軽に楽しめる可能性があるセルフプロジェクトです。

    VIVE JAPAN
    -VIVEを使用した創作用コンテンツ-
    VRイベント,Maker Faire Tokyo 2017 ,イメージ4
    VIVEを使用した創作用コンテンツ(Make VR,Tilt Brush)にて新しい創作の世界をご紹介、ご体感いただけます。3次元空間での新しい体験にどうぞご期待ください。

    その他多数有り。

    公式サイト:http://makezine.jp/event/makercat2017/04_vr/

    anthony10000000


    VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。

    最新ニュースを読む