VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

2017年版!VR技術を駆使したミュージックビデオや音楽プロモーションの例まとめ!

Googleがcardboardをリリースし、VRを安く簡単に楽しめる様になり、徐々に一般的にもVRという媒体が広がり、VRに合わせたプロモーションも増え始めています。

特に、音楽はその音楽が実際になっているライブ感を感じやすいとしてVRと親和性が高く、今までに多くの音楽ミュージックビデオやライブ映像などがVRで撮影されyoutubeにて投稿されています。

今回はそんなVR技術を用いた360°動画の中でも最近アップロードされたものを中心に紹介していきたいと思います。

youtubeで見られるVR動画「360°動画」についておさらい!

「360°動画」とは、VR技術を駆使した自分の周囲360°を見渡せる動画のことで、パノラマ動画やVR動画とも呼ばれることもあります。

自分の周囲360°が撮影されているが、あるタイミングで見ることができる方向は前方の視界に限られているため、何らかの操作によって動画内で見ている方向がコントロールできるようになっています。

例えば、ヘッドマウントディスプレイなどのVRデバイスに対応している場合、VRデバイスを使用して鑑賞することで、頭の動きと動画内で見ている方向とが連動したVR動画として楽しめ、スマートフォンでも同様にVRゴーグルを用いたり、スマートフォンのジャイロセンサーで動画の見ている向きと実際の向きを連動させることが出来ます。

VRデバイスを用いずに鑑賞することも可能で、その場合、マウスやタッチ操作などによって視界を回転し、動画内で見ている方向をコントロールします。

「ハコスコ」や「360channel」など360°動画専用の配信サービスで鑑賞できるほか、「Youtube」も360°動画のアップロード・再生に対応しています。撮影するためには「360°動画」の撮影に対応した360°カメラが必要です。

「360°動画」はどうやって作られる?360°動画の撮影・編集方法を紹介!

360°動画はどのようにとられているのでしょうか?答えは簡単です。

昔は業務用で一部の人だけが持っていた専用のカメラも最近では簡単に手ごろな価格で手に入るようになり、誰でも360°動画を撮影できるようになりました。

中でも、スマートフォンと連携して使える「Insta360」シリーズや、ワンタッチで簡単に撮影できるRICOHの「 THETA 」シリーズなど、誰でも簡単に360°動画を撮影できる機種が増えてきました。

そして、気になる編集方法も、final cut pro やadobeなど主要な動画編集ソフトが360°動画の編集に対応しはじめています。

2017年おススメの360°ミュージックビデオ動画

ココからは最近アップロードされた360°動画のミュージックビデオを紹介していきたいと思います。

Gorillaz - Saturnz Barz (Spirit House) 360

ゴリラズ(Gorillaz)は、1998年に結成された、楽曲面を担当するイギリスのロックバンド「Blur」のデーモン・アルバーンと、ヴィジュアル面を担当する「タンク・ガール」などの作者であるコミック・アーティストのジェイミー・ヒューレットによるバーチャル覆面音楽プロジェクトです。

非常に人気がある音楽グループで、毎年行われる日本最大級の音楽ロックフェスのフジロックでは今年のヘッドライナーを務めたことでも話題になりました。

バーチャル覆面バンドという、メディア発信で進むバンドらしいVRでのミュージックビデオのリリースはもはや必然的ともいえ、まさにマッチしないわけがないといった高い完成度を誇っています。

Boiler Room & Google Pixel - VR Dancefloors: Techno in Berlin 360 Film

ボイラールームとは、2010年から始まった配信メインのDJのプレイをリアルタイム配信の場で、一部の限られたファンが招待制でその配信の会場で実際に客として見ているというのも特徴。

招待されたお客さんがいる中で生のDJプレイをyoutubeの公式チャンネルで配信しています。BOILER ROOMの本拠地はイギリス ロンドンにあり、ドイツのベルリン、アメリカのロサンゼルス、ニューヨークにも存在しているとのことです。

招待制ということもあり、その会場はクラブやライブを行うための場所に限らず、喫茶店のような場所から個人スタジオなどで、DJプレイを全世界に向けてストリーミング配信されることもあります。

そんなボイラールームとyoutubeやcardboardなどでVRに力を入れているGoogleとのコラボ映像がこちらになります。

ボイラールームのリアル感とVR映像ということで360°見渡せる高い臨場感で楽しめる映像はまさに、実際のDJプレイを見ているかのような体験をすることが出来ます。

ボイラールームには筆者も大好きなDJやトラックメイカーが出ることがあるのでこのコラボレーションは今後も続けてほしいですね。

HUMANS - The Feels (360 VR)

カナダの音楽ユニットHUMANSの360°動画の音楽ミュージックビデオです。

音楽もカッコいいですが、一人称視点で一人の主役を追い続けるような感覚に没入できる映像が音楽も相まって世界に入り込めるような感覚にさせてくれます。

GORILLAZ "Humanz" live in Cologne 360° (2017)

先ほど紹介したGORILLAZの今度はライブ映像です。

バーチャル覆面ユニットですが、ライブは意外と素顔でやってるのがGORILLAZの面白いところ。

そんな気になるライブの様子を360°動画で楽しめます。

1ch


フラッシュ黄金期にゲームや映像に魅せられ、趣味でバンドのミュージックビデオや映像を作成しながら音楽も作っていたりしています。 芸術、文化、社会的な側面からVRという新媒体を見守り、新しい情報やゲームを紹介していきます。

最新ニュースを読む