VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ダズル、マーケティング領域で『AccessiVR(アクセシブル)』を活用した事業提携を発表

2016/12/19 15:41

プロダクト分析サービス『AccessiVR』を提供するダズルは、 VR領域専門のマーケティング支援会社として設立された、株式会社カレイドグラファーとVR事業における業務提携を締結したと発表した。 VR開発協力や、 VRプロダクトの分析サービス『AccessiVR』の導入・運用サポートを実施っすると発表している。

main

今回の業務提携について

ダズルは2015年よりVR事業に注力し、 VRゲームやVRの動画などのVRのコンテンツ開発・運用や、 VRミドルウェアの開発を行っている。
VRコンテンツ開発としては、 「OneOpeVurgeR(ワンオペバーガー)」や「面倒だがトリあえず脱出」などのGearVR向けのタイトルをOculusStoreに配信しており、 「ONEMAN VURGER(ワンマンバーガー)」はHTCViveに対応しSteamにて配信している。

VRプロダクト向け分析・運用サポートサービス『AccessiVR(アクセシブル)』はVRゲームやVRの動画をはじめとするVRプロダクトの運用計画・実行、 データ分析、 改善のPDCAサイクルをサポートするミドルウェアで、 2017年初旬にクローズドβ版のローンチを予定しており、 視点データなどVRプロダクト特有のデータを取得できることが特徴のサービスとなる。
●VRプロダクト分析・運営サポートサービス「AccessiVR(アクセシブル)」
https://accessivr.io/

今回の業務提携では、 ダズルはカレイドグラファーに対し、 これまでのVR開発経験を活かしたVR開発における協力や、 データ分析のためのアクセシブル導入・運用のサポートを行っていく。
これにより、 従来Legolissが持つデータ活用ノウハウと、 ダズルの保有するVR開発技術やVRの体験を可視化する『アクセシブル』を連携させることで、 VRを活用する企業に向けて従来にはないマーケティング支援を行うことができると考えている。

■VRを利用したマーケティングについて
一般消費者はVRを体験することで、 従来の技術では得ることのできなかった圧倒的な「体験」を得ることができ、企業はVRを通じた体験をマーケティング活用することで、 より深いレベルで一般消費者とのエンゲージメントを実現できる。 また、 VRから得られたデータを活用していくことで、 ユーザー体験に基づくマーケティング活動をより高いレベルで実現することが可能となる。

会  社   名:株式会社ダズル( http://dzl.co.jp/
本       社:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-17-14 MSD20ビル2F
代  表   者:代表取締役CEO 山田 泰央
創       立:2011年
資 本  金:2億1198万円(資本準備金含む)
事 業 概 要:VR(仮想現実)サービスの提供/スマートフォンゲームの企画・開発・運用事業/受託開発・研究開発事業
VRの企画・開発のご相談: https://dzl.co.jp/virtual_reality
スマートフォンゲーム企画・開発のご相談: info@dzl.co.jp

 

■カレイドグラファー会社概要
社名 :株式会社カレイドグラファー(KaleidoGrapher Inc.)
事業内容 :VR関連事業
所在地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷4−7−5 千駄ヶ谷パークコート302
代表取締役 :重原洋祐
取締役 :酒井克明
取締役 :淵上優
URL: http://kaleidographer.co.jp/

参照元:ニュースリリース


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む