VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR映像の解像度は8Kが理想!Adobeが実装予定のVR編集ツールをご紹介

2020年までにモバイルデータ通信における映像の割合は80%を越え、インターネット全体でも75%を占めるようになると言われている。Facebookを見てもすでに1日の再生回数が80億回、視聴時間が1億時間を越えており、映像需要の高まりを感じることができる。

映像需要が高まる中、今後求められるのはコンテンツ。より製作者が高画質な映像を簡単に編集できるツールが求められてくるのは明白だ。

そんな中、2009年に4K対応を実現したりと、どこよりも早く新しい技術に積極的に取り組んでいるのが動画編集ツール「Adobe Premiere Pro CC」でお馴染みのアドビだ。

アドビは、昨今注目の360°映像を利用したVRコンテンツの編集対応にいち早く取り組み、2016年初夏にリリースすると発表した。

本記事では、実装予定の新機能に関してアドビ システムズ 株式会社 マーケティングマネージャーの古田 正剛氏にお話を伺ってきた。

マーケティングマネージャー 古田 正剛氏

マーケティングマネージャー 古田 正剛氏

 

----VR技術と360度ビデオカメラに対応した編集機能の実装をいち早く決断されましたね。

古田氏:元々、弊社の社風としてチャレンジして失敗することは評価に影響しない、むしろガンガンチャレンジした後の次のアクションスピードをいかに早くできるか、という点が重要視されます。

だからこそ、最新技術への感度も高く4K対応やハイダイナミックレンジ、VRなどの対応もスピーディーに行えたのだと思います。

 

VR編集ツール 概要説明

----ありがとうございます。続いてVR対応機能についてお教えください。

古田氏:新たに実装予定の編集対応機能では、Equirectangular(エクイレクタングラー)形式のムービーを読み込み、VRのフィールドモニターに実際スコープで見た時にどのような視野角で見えるのかGPUのコア処理機能を使って、リアルタイムにプレビューする機能が入っています。

書き出し部分では、多くのクリエイターはYouTubeにVRコンテンツをアップロードする機会が多いと思いますが、YouTube側でVRコンテンツとして認識させるために、メタデータが必要となります。今回の実装でそのメタデータもこのPremiere Proから直接追加して、書き出せるようになりました。これは一つのポイントだと思います。

adobe_interview_sozai (1)
簡単に編集の流れを説明すると、Equirectangular(エクイレクタングラー)形式の素材をタイムラインに並べていただき、設定にあるVRモードにすると設定された視野角で表示されます。

スライダーを使ったり、映像を掴んで回転させながら確認する事ができ、仕上がりをイメージしながらVRコンテンツを制作する事ができます。

また平面視だけでなく、ステレオの立体視にも対応しています。例えば上下分割・左右分割で用意された立体視素材は、立体視の設定から左目の映像もしくは右目の映像どちらかを表示する、もしくはアナグリフなどの設定も可能です。あと、モニタービューですが片目で見る際は90°、スマホで見る場合は120°など細かな調整も可能です。

adobe_interview_sozai (3)

adobe_interview_sozai (5)

さらに、全球カメラではなく半球で撮影された場合の映像にも対応可能で、設定から水平方向120°を指定するだけで対応することができます。

あとはいつも通り編集してもらえばVR視聴に対応した動画コンテンツを簡単に制作する事ができるようになっています。

ただ、弊社が用意するツールはあくまでVRコンテンツ向けの基本ツールですので、より高度な編集を行いたい場合はMettle社が提供するプラグイン「360/VR + 3D Plug-ins for Adobe Software」などを利用される事をお勧めします。

書き出しする際のフォーマットはH.264限定なのですが、VR映像というチェックボックスが用意されており、ここでパラメータを選択(平面視、立体視など)していただくだけで書き出せるだけでなく、パブリッシュの中からYouTubeを選択すれば直接アップロードすることもできます。

 

----動画素材として解像度はどの程度が望ましいですか?

古田氏:VRコンテンツにはかなりの高解像度が求められると考えています。現在では、手軽に360°動画の撮影ができる機器がでていますが、解像度が低いため、この画角で見てしまうと横幅が600pxぐらいになってしまいますね。そうするとスクリーンで見た時、若干ぼやけて見えてしまいます。

実際にRetina相当の解像感をVRで出そうとすると、マスターデータの方が横幅17,000px、17Kぐらいの解像度が必要になります。最低でも4K程度の解像度がないと、VR HMD特有の没入感は得られません。

現段階だと、標準でも4K、理想的には8KがVR映像としては必要な解像度になると思います。

adobe_interview (2)

 

----実装の目途はいつ頃になりそうでしょうか?

古田氏:2016年初夏と告知しています。正確な日程は今後の発表をお待ちください。また、OSはWindows、Macどちらにも対応し、同時期に実装予定になっています。

 

----最後にクリエイターの皆さまに一言お願いします。

古田氏:既存の360°VRコンテンツはクオリティにバラつきがあると感じています。まだまだノウハウが共有されていない今だからこそ、まずはこの機能を使ってもらいながら経験値を貯めていただく事でVRコンテンツのクオリティ向上に繋がれば嬉しいと思っています。

VRは紙・ウェブ・ビデオと並列する新たなメディアとして、成長する可能性が高いと感じていますので、ぜひ今からVRコンテンツの制作に着手して欲しいですね。

古田さん、ご対応ありがとうございました!

古田さん、ご対応ありがとうございました!

 

VR市場が拡大するためには、クオリティの高いコンテンツが増える必要があるが、そのためには制作ツールの向上はマストだ。ぜひ、今後様々なフィードバックを踏まえ、VR編集ツールを向上させ、よりクリエイターが簡単にコンテンツを制作できるような環境を整えてほしいと思う。

 

ここから上記記事の英訳文です

 

The ideal of resolution of VR screen is 8K! Adobe introduced new VR editing tool

It is said that video footage will hold over 80 percent in mobile data communications and about 75 percent of a whole internet communications until 2020. Facebook's already recorded 8 billion visitors and being viewed over 100 million hours in a day. It apparently makes us feel increasing demand of video footage.

Tool that let editers edit video more easily will be clearly more essential in term of the demand for video footage showed a sharp increase because people will be eager for high quality of video contents.

In this situation, Adobe that is famous for "Adobe Premier Pro CC" has made great effort for developing cutting-edge technology as faster as possible more than other competitors. For example, Adobe enabled to put 4K into practice in 2009.

Adobe quickly worked on editing VR contents that take advantage of 360-deree video: It's recently talked about in public and finally announced to release it in early summer.

We recorded below a story regarding new functionality scheduled to be mounted from Seigo Furuta, marketing manager at Adobe Systems Inc.

 

Outline of Adobe's editing VR tool.

--Thank you for your answer. And I'd like you to talk about function of correspondence to VR.

Furuta: At first, you load video format called Equirectangular with new editing function. And you can edit the video, seeing Edit Screen that shows screen same as you see 360-degree video with VRHMD in real time. GPU Core processing enables that.

Nowadays, many creators upload VR video footage to Youtube. So far, they've needed to write metadata to make Youtube recognize the video as VR video footage, however, our new package take that process away. Creators only need to write metadata to Premiere Pro instead. This is one of the biggest features.

Let me explain flow of editing briefly. First of all, line up materials format Equirectangular in Time Line. After that, switch to VR mode. Then Screen shows view with an angle you set.

You can use Slider and put spin on a computer screen to check around. In concluded, you can edit VR contents, imagining finish.

Also, the new editing tool allows you to see not only a plane surface, but also, three-dimensional surface. For instance, upper/lower divided and right/left divided 3D materials display a picture of left eye or right eye after you set 3D Set. Furthermore, you can set anaglyph. And concerning Monitor View, you can adjust slightly like 90-degree when you see with your an eye, 120-degree when you see with your smartphone.

Moreover, the new editing tool can correspond not only a whole ball, but also hemisphere. All you need is just setting Horizontal Direction 120-degree on Settings.

After this, you can edit VR video footage easily with your usual work.

But, remember that our company's tool is basic tool for VR contents after all, so if you want to use more higher level of editing tool, we recommend you to use "360/VR + 3D Plug-ins for Adobe Software" that is offered by Mettle Co.

When you start to work formatting, format is limited to H.264, but if you check a mark to Parameter(e.x.plane or 3D surface) in check box named VR Pictures, you can format it and if you check a mark of Youtube from Publish, you can directly upload VR video footage into Youtube.

--How much resolution is desirable as video material?

Furuta: I think very high quality of resolution is needed for VR contents. Currently, devices that easily film 360-degree video is in a market, but those devices are low quality of resolution, so when we watch it in this angle of view, breadth will be approximately 600px. Picture will be blurred in that case.

If we try to make good resolution same as Retina in practice, breadth would be 17,000px in master data and it means we need about 17K of resolution or 4K of resolution at least. Otherwise, users cannot experience immersion peculiar to VR HMD.

At the present stage, when it comes to VR video footage, it seems that we need 4K of resolution in standard, 8K in ideal.

--Is there any prospect of the day to introduce it?

Furuta: I'm planning to announce it at early summer in 2016. Please wait for coming announcement about precise day. Only I can say at this time is we're going to introduce for both of OS, Windows and Mac at same season.

--In conclusion, could you give a few words to all of creators on this occasion?

Furuta: I feel the quality of conventional 360-degree VR contents are uneven. In VR industry, know-how has not been shared yet up to now, so, I'd like you to get experiences to make VR contents through using our tools and if that results in improving the quality of VR contents, that's going to be my pleasure.

 

I feel there is a high possibility that VR will grow up tremendous media like paper, web and video. I'd like you to initiate developing VR contents by all means.

In order to expand VR market, it is necessary to increase high quality contents. In other words, improving editing tool is also imperative. With various feedback in mind, I hope editing tools will be improve and organize good infrastructure to make VR contents easily for creators.


VR Inside総編集長。 メディアを通してVRの普及・発展に貢献していきます。

最新ニュースを読む