VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

アドアーズ、日本初登場の4機種を備えた「VR PARK TOKYO」池袋店が12月7日にOPEN

VR

「VR PARK TOKYO」池袋店ロゴ

首都圏を中心に総合エンターテインメント事業を展開するアドアーズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 石井学)は、VRエンターテインメント施設の第2号店舗となる「VR PARK TOKYO」池袋店を、2017年12月7日(木)、10:00のオープンを発表し、あわせて同店の詳細情報について公開した。

VRエンターテインメント施設第2号店舗「VR PARK TOKYO』池袋店

「VR PARK TOKYO」池袋店は、アドアーズ社の旗艦店舗であるアドアーズサンシャイン店の3Fに10機種13台のVRアトラクションを設置する、アドアーズのVRエンターテインメント施設の第2号店舗となる。

渋谷店が営業面積337㎡(102坪)に10機種の稼働、同時体験可能人数が20名であったことに対し、池袋店では443㎡(133坪)と、1.3倍の営業面積に対して10機種を設置、同時体験可能人数は渋谷店の倍以上となる43名とするなど、渋谷店がカップル向けの店舗作り・マシン選定を意識した一方、新しい池袋店では大人数で一度に遊べるグループ向けの店舗として設計され、差別化が図られている。

さらに、新店舗に設置されるアトラクションの内5機種は日本初登場の最新機種となっている。

特に目玉となるのは、本物さながらの重さの銃に加え、特殊な衝撃再現ベストを着用することで、敵から撃たれるたびにベストに衝撃を感じ、切られると斬撃が走る、次世代の体感システムを搭載した「BLACK BADGE」や、仲間との連携プレイで迫りくるゾンビを撃退してゲームクリアを目指す「VR+」シリーズなど、従来の「体験だけ」のアトラクションと比べてゲーム性や難易度といった要素が付加された最新のアトラクションとなっている。

アドアーズ社は、一度VRを経験したユーザーでも“もっとやり込みたい”と思って、楽しむことができる施設を目指しているということだ。

また、今回のオープンに合わせて、アドアーズ社オリジナルのVRコンテンツ「おそ松さんVR」がリリースされる。(※)

人気IPを活用することでTVアニメファンなどに向けたVRの間口を広げ、多くの人にVRの楽しさを提供するということだ。

※オリジナルVRコンテンツ「おそ松さんVR」は、アドアーズサンシャイン店2F、ゲームコーナーの一角を特設コーナーとし、VR PARK TOKYO 池袋店とは別の運営形態となることから、VR PARK TOKYOの入場料金ではプレイすることはできない。

新店概要

フロアマップ

施設名

VR PARK TOKYO IKEBUKURO

オープン日

2017年12月7日(木) 10:00~

所在地

東京都豊島区東池袋1-14-4 シネマサンシャイン3F

営業時間

10:00~23:20 (土曜日10:00~23:30)

営業面積

約443㎡ / 約133坪

設置マシン

10機種、13台

アクセス

JR池袋駅、東口下車、サンシャイン60通りを通って徒歩約5分

料金体系

・事前予約 = 平日3,300円/1名、休日3,500円/1名

・当日入場 = 平日3,500円/1名、 休日3,700円/1名

※1.平日/休日ともに90分遊び放題プラン

※2.料金は全て税込価格

■ 関連サイト
【VR PARK TOKYO ポータルサイト】http://www.adores.jp/vrpark/

■ 設置VRアトラクション(予定)

タイトル/台数/同時体験可能人数/アトラクションの概要

① VR+ /
DEATH ROOM 1台 8名 (新製品・海外製)

ホラー系協力型VRアトラクション。

密室で8名が円卓を囲んで体験。死霊が見える人/見えない人がいるなか、見える人の指示に従い、他の者が勇気を出して死霊と正対しなければゲームクリアとならない、恐怖体験アトラクション。

②VR+ /
DEAD PRISON 2台 5名 (新製品・海外製 )

ホラー系戦略VRシューティングアトラクション。

5名での同時プレイを前提に、それぞれ近接戦にはショットガン、中距離ではハンドガン、後方からの牽制射撃にはマシンガンなど、立ち位置や役割で異なる武器を駆使して、ゾンビで溢れかえる牢獄で脱出まで戦い抜く。

③ VR+ /
Get Out of My House 1台 5名(新製品・海外製)

マルチプレイVRシューティングアトラクション。

撃つたびに手元に衝撃が走るブローバック機構付きの銃を持ち、様々な武器を駆使して、ポップな世界感の中で迫りくるカワイイゾンビや巨大ロボットを撃ちまくる。

④BLACK BADGE 1台 4名(新製品・海外製 )

SF系VRシューティング、フリーロームアトラクション。

一定の空間内を自由に動き回りながら、宇宙船内で反逆したロボット・機械化部隊と戦い、脱出を目指す。

本物さながらの自重がある銃に加え、特殊な衝撃再現ベストを着用、敵から撃たれるたびにベストに衝撃が走り、切りかかられると斬撃を感じる、次世代体感システムを搭載した最新アトラクション。

※①~④は日本初登場

⑤DIVE HARD 2 VR 2台 1名(新製品)

高所体験VRアトラクション。

VRPT渋谷で人気だった高所体験アトラクションがオリジナルストーリーで再登場。

前回は高所からヘリでの脱出ミッションだったところ、今回は時限爆弾の解除がミッションとして与えられる。高所で立ち続ける恐怖に打ち勝ち、制限時間内で解除ミッションを遂行できるかが生死を分ける。

⑥ようこそパニックマンションへVR 1台 2名

シューティングVRアトラクション。

2名同時プレイが可能なゴースト退治VRアトラクション。

洋館に巣食うゴーストを2人協力プレイで一掃、はたして元凶のボスまでたどり着けるか。

プレイヤーは自身の顔画像をアトラクション内のアバターに投影してプレイすることが可能。

⑦サークルオブセイバーズ(2人用) 1台 2名(新製品)

人気の剣撃VRアトラクション。

クロマキー合成技術とVRを融合させた人気アトラクションがバージョンアップ。

今度は2名で協力プレイが可能となり、一人はVR用のHMDを着用して剣撃を担当し、もう一人がモニター付きボウガンで後方からの援護射撃を担当。衝撃ベスト着用でモンスターとの戦闘の臨場感もアップ。

⑧T3R 2台 1名

超本格レーシングカーシミュレーター。

現役NASCARドライバーであり、株式会社アイロックの代表でもある古賀琢麻(こがたくま)氏が、開発・監修したことから、パーツひとつひとつの作りがプロ仕様の強度を誇るVRレーシングカーシミュレーター。

路面のギャップをとらえたときやギアチェンジの際に生じる振動をシート全体で再現、360°映像との組み合わせでリアルな走行感を再現する。

⑨GOLD RUSH VR 1台 4名

アドベンチャー型VRアトラクション。

プレイヤー一人ひとりが特殊なバックパックPCを背負い、ガイドと共にトロッコに乗り込み遺跡の内部へ突入。

途中トロッコから降りてお宝を集める探索ミッションをこなすなど、VR機器を付けたまま「ライド」と「アクティビティ」を両立した新感覚アトラクション。

⑩トリップトラップトラベラーズ 1台 4名 (新製品)

脱出系VRアトラクション。

4名が同時プレイし、様々な巨大トラップを掻い潜り脱出を目指すリアル脱出ゲーム。

一定の場所から動かず、コントローラー操作のみで謎解きを実践。

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

アドアーズから2017年冬『おそ松さん VR』が登場 | VR Inside

アドアーズ株式会社は、2017年11月(予定)より、人気TVアニメ作品「おそ松さん」初のVRコンテンツ「おそ松さん VR」の提供を開始することを発表した。

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む