VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

AMG GAMESが東京ゲームショウ2017に『Airtone』などVRゲーム3作品を出展決定!

2017/09/01 11:15

VR

東京ゲームショウ2017に『Airtone』などVRゲーム3作品を出展決定

株式会社 アミューズメントメディア総合学院は、東京ゲームショウ2017に『Airtone』などVRゲーム3作品を出展すると発表した。

東京ゲームショウ2017にVRゲーム3作品を展示

AMG GAMESは今年も製品として世界のゲームユーザーや各企業にプレゼンをするため、スクールコーナーではなく、一般ブースのVR/AR コーナーに出展するということだ。

PS4『ドラゴンクエストXI』などにも採用されたUnreal Engine4を使用して作成した、世界クオリティのゲームをぜひプレイしてみてほしいとのことだ。

出展製品

Airtone

イメージ

日本発本格VR 音楽ゲーム。HTC Vive/Oculus Riftに対応、Unreal Engine 4 を採用した新感覚の「エアーリズムアクション」。

開発会社はアミューズメントメディア総合学院の卒業生が代表を務める( 株) ヒストリア他、キャラクターデザイン、ヒロインの声優など、多数の卒業生が開発に参加している。

Oculus Store&Steam で好評発売中!

Oculus:https://www.oculus.com/experiences/rift/1405726876106579/

Steam :http://store.steampowered.com/app/631900/Airtone/

Airtone Intro Trailer

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=9W792iaIyFA

Unreal チャレンジby Student

Alice Mystery Garden

主人公・アリスを動かし、小さな世界を見渡すプレイヤー視点と世界を中から見るアリス視点の2つを切り替えながら、鏡の欠片を探し、集めるVRパズルアクション。鏡の欠片を手に入れる為にプレイヤーの手で世界を動かし道を作る。

そして、集めた欠片で鏡を直し不思議なミステリーガーデンからアリスを助けだそう。

イメージ

Sacred Four

モンスターが支配する世界に身を投じて戦うVR アクションゲーム。

武器はプレイヤーの手と鎖で繋がれている。

武器を投げて意のままに「軌道を操る」そして、「捕らえて振り回す」この新感覚のアクションを駆使して戦う。

次々に現れるモンスターとの死闘を戦い抜き、その先に待ち受ける強敵に勝利しよう!

イメージ

UNREAL チャレンジとは…

産学共同のゲーム開発プロジェクト。

1 年次のカリキュラム、共同制作でつくったゲーム作品を、自身の手で商品化を目指すというもの。

商品化にあたってはEpic Games により開発され、カプコン、コロプラ、スクウェア・エニックス、セガ、バンダイ・ナムコなど日本の大手メーカーが採用しているゲームエンジン、Unreal Engine4 を使用。

作品をリメイクし、よりグレードアップした作品となってAMG GAMES から発売されるということだ。

イメージ

また教育機関向け DEV GRANTで日本で初の受賞をしている。

>受賞時のニュース

http://www.amgakuin.co.jp/contents/?p=25199

またUNREALチャレンジ2016作品”RainbowStep"は、第10回福岡ゲームコンテストの大賞を受賞しているということだ。

>受賞時のニュース

http://www.amgakuin.co.jp/contents/?p=27111

© AMG GAMES All rights Reserved.

参照元:ニュースリリース

AMG GAMES(AMGゲームス)とは?

アミューズメントメディア総合学院の、商用ゲーム作品を開発する機関である。

アミューズメントメディア総合学院とは?

アミューズメントメディア総合学院は、クリエイターの専門教育を業としている会社である。

東京都の恵比寿 (渋谷区)と、大阪府の西中島 (大阪市)に拠点を構えている。

エンタテインメント業界で活躍するクリエイター・アーティストの育成を目的とする専門の学校で、ゲーム、CG、アニメ、漫画、小説・ノベルズ、声優など、エンタテインメントに特化した幅広い分野を学ぶことができる総合学校として1993年に設立された。

「産学共同・現場実践教育」を理念とし、学校グループ内に自社コンテンツ制作機能を保有し、プロの最前線の制作現場を教育の場として活用することで、優秀なクリエイターを業界に多数輩出している。

なお、学院内の学科には、ゲームプログラマー学科、ゲームプランナー学科、アニメ・ゲーム3DCG学科、アニメーション学科、キャラクターデザイン学科、マンガ学科、ノベルス創作学科、声優学科がある。

通称は「AMG」。

学院名称:アミューズメントメディア総合学院

所在地;

【本館】 〒150-0011 東京都渋谷区東 2-29-8

【新館】 〒150-0011 東京都渋谷区東 2-27-9

【2号館】 〒150-0011 東京都渋谷区東 2-14-14

【3号館】 〒150-0011 東京都渋谷区東 3-22-13

理事長:吉田 尙剛

学院長:永森 裕二

事業目的 :

●コンピューターソフトウェア、アニメーション、マンガ等の制作者の教育・育成

●芸能家、音楽家、俳優、演芸家等芸能タレントの教育、育成及びそれらのマネージメント

●各種カルチャー講座、レッスン教室等の運営及び各種教養講座の開催

●教養、教育などの講座及び催事の運営

●出版物、ゲームソフト及び映像ソフトの制作・販売

●上記各号に付帯する一切の業務

公式サイト:http://www.amgakuin.co.jp/

(アミューズメントメディア総合学院公式サイトより:http://www.amgakuin.co.jp/contents/company/concept.html

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む