VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Google、Daydream対応アプリの配信ルールを改定。サードパーティ参入が完全解禁へ

2017/01/30 14:01

    Googleは、2017年1月24日、Daydream対応アプリ開発のサードパーティ参入を完全解禁する配信ルールの改定を発表した。

    20170130_daydream_1

    サードパーティもDaydreamアプリが開発・配信可能に

    以前に本メディアでも報じたようにGoogleは、昨年10月に立ち上げたDaydream対応アプリストア「Daydream Home」に関して、アプリの品質を担保する目的から、Daydream対応アプリを開発したいデベロッパーに事前にアプリ開発申告を行うことを義務づけていた

    事前申告の段階で、品質に問題があるかも知れないアプリ、および粗悪なアプリを乱開発するかも知れないデベロッパーを、問題が起こる前に未然に排除していたのだ。このDaydreamアプリ開発の事前申告制は、2017年初頭まで実施するとされていた。

    2017年になって、GoogleはDaydreamアプリ配信ルールを改定して、事前申告制から開発済みのアプリを同社に提出して配信可否を判断する許可申請性に改めた

    許可申請性になったことで、Daydreamアプリの開発自体は全くの自由となるので、Daydreamアプリ市場が拡大することが予想される。

    Daydream App Quality Requirementsとは何か

    Daydreamアプリを自由に開発できるとしても、Googleの審査をパスしなければDaydream HomeおよびGoogle Playに配信できない。

    GoogleのVRアプリ審査基準は、Daydream App Quality Requirementsという名称のルールで定められている。

    同ルールは、以下のような4つの観点から構成されている(詳しくは本記事下部のリンク先を参照)。

    • デザイン要件
    • 機能性要件
    • パフォーマンスおよび安定性要件
    • 配信要件

    以上のルールがどの程度厳密に適用されるかは不明であるが、すでにDaydream Homeに並んでいるアプリからデザイン性および機能性が著しく逸脱していなければ、配信できると考えるのが自然である。

    Daydream ReadyスマホおよびDaydream Viewの日本本格参入はまだ果たされていないが、今回の配信ルールの改定によって、日本にDaydreamが上陸した暁には一挙にDaydream市場が拡大する下地ができたと言えるだろう。

    Daydreamアプリ配信ルールページ(英語)
    https://developers.google.com/vr/distribute/daydream/

    Daydream App Quality Requirementsページ(英語)
    https://developers.google.com/vr/distribute/daydream/app-quality


    千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

    最新ニュースを読む