VIVE、Oculus Rift向けVRパズルゲーム「Fantastic Contraption」にレベルエディターが実装。自作ステージが制作可能に! | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VIVE、Oculus Rift向けVRパズルゲーム「Fantastic Contraption」にレベルエディターが実装。自作ステージが制作可能に!

VIVEとOculus Touch対応VRゲーム「Fantastic Contraption」にレベルエディターが実装される。自作ステージが制作できるようになり、Minecraftのようなユーザーコミュニティーが生まれるかも。

海外メディアUploadVRは、2016年12月20日の記事において、VIVEおよびOculus Touch対応VRゲーム「Fantastic Contraption」にレベルエディターが実装されることを報じた。

20161221_fantastic_1

「Fantastic Contraption」は、VR空間内でピンク色のボールをゴールエリアまで運ぶことがクリア条件となっているパズルゲーム。

ボールをゴールエリアまで運ぶためには、VR空間内に広がるステージのなかにある様々なオブジェクトを組み合わせて、ちょうど「ピタゴラスイッチ」に登場する装置のようなモノを作る必要がある。このオブジェクトを組み合わせる作業が、同ゲームの肝となる。

同ゲームは、今までは用意された50ステージをプレイするだけだったが、レベルエディターが実装されることによって、プレイヤーが自らの創意工夫を凝らしてユニークなステージを制作できるようになるのだ。

レベルエディターの操作方法は直観的に実行できるように設計されており、例えばオブジェクトの複製はオブジェクトをつかんだ状態で、VIVEコントローラーから「複製」ボタンを押せば実行できる。そのほかの操作として、オブジェクトの大きさを変えたりすることができる。

近年、Minecraftやスーパーマリオメーカーといったユーザーがゲームステージを自作できるゲームが人気となり、自作ステージをシェアすることによってクリエイティブなゲームカルチャーが生まれることもある。

同ゲームは、2017年の春にはPS VRにも対応することが発表されており、主要ハイエンドVRヘッドセットユーザーが潜在的プレイヤーとなる。そうした潜在的プレイヤーが実際に自作ステージをシェアすることで、同ゲームのクリエイティブなコミュニティーが生まれる可能性がある。

なお、上記レベルエディターの実装は2017年1月に予定されており、PS VR対応版にはデフォルト機能として実装されているだろう。

「Fantastic Contraption」にレベルエディターが実装されることを報じたUploadVRの記事
http://uploadvr.com/fantastic-contraption-level-editor/

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む