PSVR、体感合体『アクエリオン・EVOL』や『デレマスVR』追加楽曲など、ゲームレビュー6選! | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

PSVR、体感合体『アクエリオン・EVOL』や『デレマスVR』追加楽曲など、ゲームレビュー6選!

PSVR、体感合体『アクエリオン・EVOL』や『デレマスVR』追加楽曲など、全6VRゲームレビューをまとめてお届けします。

今週は、通常レビューでPSVR2本のレビューもしております。

第二回目のVRInsideイベントのチケットも完売になり、定員20名追加を行いました、併せてブースの発表も行い目玉は、「T3R VRドライビングシミュレーター」になりますチケットは残り僅かですのでご検討くださいませ。
”体験ブース決定!” 「T3R VRドライビングシミュレーター」が、VRI Meetup Tokyo #2に登場!定員も増枠

それでは、今週のゲームレビュー4選と通常レビュー2タイトルをお届けします!

今週の「VRゲームレビュー 」一気読み!

通常レビュー

jp1610cusa06827_000000000000000000_s05-1

PlayStationVR(以下、PSVR)専用タイトルの 体感合体『アクエリオン・EVOL』 が公開された、本タイトルはPS Plusユーザー限定だが価格は無料となる。早速レビューしてみた。

「体感合体 『アクエリオン・EVOL』」は、東京ゲームショウ2015にて公開したデモmovie。

2012年に公開されたSFロボットアニメ『アクエリオンEVOL』の合体シーンを、PlayStationVRを通して体験することができる。

出撃から、実際の合体、その後の戦闘訓練まで、同世界を存分に堪能することができる。

AKINO氏が歌う超名曲主題歌「創聖のアクエリオン」が流れ、ボルテージはマックスだ。

特に、女性パイロットとの「合体」のシーンは必見だという。

合体で超気持ちいいいい!PS Plus向け無料コンテンツ、体感合体 『アクエリオン・EVOL』プレイレビュー!

20170323163714-650x366

PSVR対応ソフト「デレマスVR」追加楽曲「Orange Sapphire」のプレイレビューです。ゲームのダウンロードから裏ワザ!?まで幅広くご紹介します。

今回は追加ダウンロードコンテンツ第4弾「Orange Sapphire」を早速プレイレビューしていくぜ!価格は1200円。

シンデレラたちのライブを臨場感抜群のVR空間で体験できるバーチャル・ライブ閲覧シミュレーション。

ライブ会場の盛り上がりをVRならではの映像と迫力のサウンドで体感でき、コンサートライトを手に取り、シンデレラガールズが登場するきらめきのライブに参加することができるアイドルライブ体感コンテンツ。

裏ワザあり!? "デレマスVR"追加楽曲「Orange Sapphire」プレイレビュー

ゲームレビュー4選

robo-recall-1

Robo Recall 総合評価:A

殺人ロボット達を倒しまくる、一人称視点のシューティングアクション。

SF映画の主人公になったかのような体験は素晴らしい。
敵は数が多く、いつの間にか近づいてきて包囲してくるので、臨場感とスリルのある戦闘が楽しめる。

独自性に優れており、クオリティが高いゲームだ。

素早いアクションが求められるシステムが面白く、敵ロボット達の登場もとてもかっこいい。
ロボットを掴んで投げたり、分解してしまうことも可能。

コントローラーの振動、サウンドの遠近感などから、没入が高まって体感も良い。
トラッキングの処理や操作に遅延が見られないため、ストレスなくゲームに入り込むことができるのである。

【Oculus】Robo Recall~トップレベルのかっこよさ!素早いアクションが高評価のFPS

21

ホロボール 総合評価:C

まばゆいネオンで彩られた、SFの世界に入り込みAIの敵とボールと打ち合い戦うピンポンの三次元版のようなゲーム。

PSMOVEのコントローラーを利用して、実際に自分の手で、ボールを打つ動作をして、ゲームを楽しむことが出来る。

体感性がやや不満が残る出来栄えで、トラッキングの不安定な点が見受けられるが、PSmoveやPSVRの限界点でもあるので、ハード的な解決策、たとえばルームトラッキングを出来る様にするとか、ソフト的な妥協次第では遊べるゲームになりえると感じた。

【PSVR】ハード面でのトラッキング改善で体感性を高め、没入感を高めてくれるだろうスポーツゲーム~ホロボール

Pavlov

Pavlov VR 総合評価:B

「コールオブデューティー」シリーズを彷彿とさせる、本格的なオンライン対戦メインのFPS。

「本格的なクオリティ」「酔いづらい視点移動」この2つをきちんと抑えたことによりSteamでの圧倒的高評価を獲得したと思われる。

【HTC VIVE】Pavlov VR~ハンドコントローラーを使った多彩なアクション性が魅力な初心者への配慮も感じるFPS

31

Overload 総合評価:D

SF的なステージ内で敵ロボットを駆逐する、移動の自由度の高い1人称視点のシューティングゲームの早期アクセス版。

プレイヤーは種類が豊富な武器とアイテムを駆使し、敵機を撃破し、ステージを進めていく。

【HTC VIVE】Overload~旋回や被弾時の視点移動による酔い軽減さえ解消されればグッとゲーム体験が向上するFPS

先週のゲームレビューまとめ

今週はPSVRも!ゲームレビュー5選!おすすめは、恐怖に震える「ヒア・ゼイ・ライ –眠りし者たち-」

     

     

VRInside編集長 村山章


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら