VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR readyなオススメのゲーミングノートPCを各社まとめてみました

ゲーミングPC
VRコンテンツの再生するためにはPCのパフォーマンスがかなり求められ、性能に劣るものは処理が遅延し、体感性や没入感が失われます。

ゲームを行う上でのPC性能で重要となるのがCPUとグラフィクカード、メモリの容量で、それらを満たすスペックを有するモデルがゲーミングPCと呼ばれています。

今回は、利用の多そうな15インチ前後のディスプレイサイズのVR ReadyのゲーミングノートPCを紹介します。



VR ReadyのゲーミングPCに必要なこと

実際にOculusやVIVEの推奨環境を見てみると、以下のようになっています。

Oculus HTC VIVE
CPU Intel i5-4590 以上 Intel i5-4590 / AMD FX 8350 以上
グラフィックス NVIDIA GTX 970 / AMD Radeon R9 290 以上 NVIDIA GTX 1060 / AMD Radeon RX 480 以上
メモリ 8GB 以上 4GB 以上

CPU

推奨はIntel Core i5以上となっていますが、より処理速度の速いi7のものを採用したほうがより快適にVRゲームで遊ぶことが可能です。

グラフィックス

VRコンテンツを快適にプレイするのにもっとも重要なのがグラフィックスカードです。

グラフィックスはHTC VIVEの推奨するNVIDIAのGeForce 1060以上のものを採用すると良いでしょう。

メモリ

メモリは8GB以上が推奨となっていますが、CPUやグラフィックスカードに比べて価格が高くないので、16GBまで上げてしまっても良いでしょう。

Dell(デル)

ALIENWARE シリーズ

デル株式会社の出す「NEW ALIENWARE 15 プラチナモデル」。

通称「ALIENWARE シリーズ」と呼ばれるこれらのラインナップはゲーミングPCにとしての知名度と品質は国内トップクラスです。

先に述べたクアッド-コアとNVIDIA® GeForce® GTX 1070採用でキーボードにも工夫がなされています。

nキーロールオーバー(パソコンなどのキーボードで複数のキーが同時に押された場合、その押された順序に従ってすべて認識すること)に対応しており、1分間での最大アクション数が108キーコマンドを超えることができます。

以下のスペックで価格帯は20万強。性能を重視するぶんゲーミングPCは20万を超えてくるモデルが多いです。

スペック情報

価格:237,680円

CPU インテル® Core™ i7-6700HQ (クワッド -コア, 6MB キャッシュ, 最大 3.5GHz まで可能ターボ ブースト付き)
搭載OS Windows 10 Home
ディスプレイ 15.6 インチ UHD (3840 x 2160) IGZO IPS アンチ-グレア 300-nits ディスプレイ
グラフィック NVIDIA® GeForce® GTX 1070 8GB GDDR5 付き
メモリー 16GB DDR4 2400MHz (2x8GB)
ストレージ 512GB PCIe SSD (ブート) + 1TB 7200RPM SATA 6Gb/s (ストレージ)

製品情報はこちら
New ALIENWARE 15ゲーミングノート

株式会社サードウェーブデジノス(ドスパラ)

ガレリア シリーズ

ガレリア

株式会社サードウェーブデジノスの手がけるゲーミングPC 「ガレリア」。
ミドルユーザー向けゲームノートパソコンとしてシリーズで一番人気の「ガレリア GKF1060GF」。

クアッド-コア8スレッドの圧倒的CPUパワー、第7世代 インテル Core i7プロセッサーでGeForce GTX、高速DDR4メモリ搭載と良スペック。

また、ハイスペックPCが抱える課題でもある「発熱」を抑える「クーラーブースト」機能も取り入れ、熱による劣化の可能性も極力防いでいます。

スペック情報

価格:169,980円

CPU インテル Core i7-7700HQモバイル・プロセッサー
搭載OS Windows 10 Home
ディスプレイ 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ(1920 x 1080)
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB + インテル HD グラフィックス630
メモリー 8GB PC4-19200(DDR4 SO-DIMM, 4GB x2, デュアルチャネル, 最大 32GB)
ストレージ 250GB SSD+1TB, 5400rpm, 2.5インチ, SATA 6Gb/s 接続 (SATA3)

製品情報はこちら
GALLERIA GKF1060GF(ガレリア GKF1060GF)MIDDLE|ドスパラ通販【公式】

マウスコンピューター

G-Tune

Gtune

マウスコンピューターのゲーミングPC・ゲームパソコンブランドである「G-Tune」シリーズもオススメの一つです。

特に、インテル® Core™ i7-6700HQ プロセッサー搭載でクアッド-コア、GeForce® GTX 1060搭載のNEXTGEAR-NOTE i5530SA1はシリーズでも人気の一作。

速度重視のM.2 SSD規格(従来の規格よりもデータ転送速度が速い)と大容量HDDを搭載したツインドライブが魅力です。

高速処理に最適化されたモデルで、メモリ・ストレージの容量も十分。
この基本セットで20万をきっており、比較的リーズナブルではないでしょうか。

スペック情報

価格:164,800円

CPU インテル® Core™ i7-6700HQ プロセッサー(4コア/2.60GHz/TB時最大3.50GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)
搭載OS Windows 10 Home 64ビット
ディスプレイ 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ IPS/ LEDバックライト)
グラフィック GeForce® GTX 1060 (6GB)
メモリー 16GB PC4-17000 (8GB×2/デュアルチャネル)
ストレージ 1TB SerialATAII 5400rpm

G-Tuneシリーズをチェックしたい場合はソフマップ秋葉原本館4階に「G-Tune Booth(ジーチューン ブース)」があるので都内の方は行ってみると良いと思います。

製品情報はこちら
NEXTGEAR-NOTE i5530 シリーズ(GTX1060) |G-Tune

Lenovo

Legion Y720シリーズ

lenovo

LenovoのLenovo Legion Y720は、同社のゲーミング専用ブランド「Lenovo Legion」の新製品として今年1月に発表されたモデル。

現在のところ日本での発表・発売は未定となっていますが、非常に気になるモデルです。

スペック情報

CPU インテル Core i7-7700HQ/Core i5-7300HQ
ディスプレイ 15.6" 1920x1080 or 3840×2160
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1060
メモリー 16GB
ストレージ 128GB SSD/256GB SSD/512GB SSD/500GB HDD/1TB HDD/2TB HDD

個人的にはレノボ製のキーボードはタイミングもし易く好きです。

製品情報はこちら
Legion Y720 | 15.6 型ゲーミング・ノート PC| レノボジャパン

msi

GP62MVR 7RF Leopard Pro (GP62MVR 7RF-239JP)

マウスコンピューター

新しいNVIDIA® GeForce® GTX 10シリーズは、なんとノートPCにもデスクトップと同じスケールのグラフィックスチップを搭載!

デスクトップ版と同じフルスペックのグラフィックス搭載なので、重たいゲームも難なく動きそうです。

msiゲーミングノートのラインナップの中でコストパフォーマンス重視でもVR Readyを実現したモデルで、光学ドライブなど不要な要素をカットすることで、できるだけ薄型も実現しています(重さは3.9キロなのでそこまで軽くはないです。)

グラフィックボード、プロセッサーともに最高クラスの上位モデルだと思います。

スペック情報

価格:189,800円

CPU インテル® Core™ i7-7700HQ
搭載OS Windows 10 Home
ディスプレイ 15.6インチ 1920x1080 (ノングレア)
グラフィック NVIDIA® GeForce® GTX™1060 3GB GDDR5
メモリー 16GB - DDR4-2400 SO-DIMM
ストレージ 【NVMe】 256GB - 初期搭載SSD(PCIEx Gen3 x4)+HDD 1TB(7200rpm)

製品情報はこちら
GP62MVR 7RF-239JP : アークオンラインストア

まとめ

以上、15インチ前後でオススメのVR READYなゲーミングノートPCをご紹介しました。

価格はそれぞれオプション要素などにより変動するのと、時期によっても変更になる場合があるのでご注意を。

CPUやグラフィックカード、メモリなど比較をしながら製品を選ぶとよいでしょう。





何十年も前からあるVRがようやく一般で広まりつつあるなか、課題は「ハード」と「体験」の2軸と思っています。これからリリースされる新しいVR機器を余すことなく紹介すること、そして体験したVRの良さを少しでも伝えることでVR市場の成長に貢献します。

最新ニュースを読む